「キレイになりたい」を叶えるメディア

クレヴェイルは痛い?麻酔はいる?打つ部位や量別で痛みについて解説

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

顔のたるみが目立ちフェイスラインがすっきりしない、鼻が低いからEラインが整わない、おでこやこめかみにしわが増えた…ふと鏡を見た時に、顔のコンプレックスに気づいてがっかりすること、ありますよね!
そんな方にとって、気軽にトライできるプチ整形、ヒアルロン酸・クレヴェイルはとても人気です。
しかし、顔に注射と考えると痛いのではないか?自分は痛みに弱い!と心配な方も多いでしょう。

結論から言うと、顔にクレヴィエルを打つ時に痛みはあります。
何かを顔に注入するわけですから、痛みが全くない治療というわけにはいきません。
しかし、針の選択や麻酔の使用によって、耐えられる程度の痛みに抑えることができたという方がほとんどなんです。
普段注射をしたことがないという涙袋、ほうれい線、ゴルゴ線など顔周辺への注射に不安が残るという方は、医師と相談しながらほぼ無痛で治療を済ませることも可能です。
痛みへの不安なく治療に踏み切ることができれば、顔の気になるコンプレックスを手軽に解消し自分に自信が持てるようになるため、毎日の生活がグッと明るくなりますよ!
プチ整形に力を入れて顔のラインを整えただけで男性から声をかけられる機会も増えて幸せになれた元・非モテ女子の私が保証します。

今回この記事では、クレヴィエルを注射するときの具体的な痛みのレベルや他のヒアルロン酸製剤との比較、麻酔のオプションや手術後の痛み、痛みに関するクレヴェイルの口コミなど、「クレヴィエルと痛み」をテーマに幅広くご説明していきます。
フィラー治療を考えているけれど痛みに弱くなんとなく気が進まないという方、効果に魅力が感じているけれど、痛いかどうか心配だという方は、ぜひ参考にしてみてください。
この記事が、一歩前に進みたいという女性のお役に立てれば嬉しく思います。

クレヴェイルを注射するときの痛み

繰り返しになりますが、顔にクレヴェイル注射をする時の痛みは、ゼロではありません。
実際にクレヴィエル注射を試した方の中で、激痛だったという方は少ないのですが、全くの無痛だったという方も少ないため、ある程度痛みが伴う治療だと考えておいて良いでしょう。
クレヴィエルをはじめとするヒアルロン酸注射を使った治療には、主に施術中の痛みと施術後の痛みの2つがあります。

手や足への注射より痛みを感じやすい

ではまず、施術中の痛みについて考えてみましょう。
施術中の痛みには大きな個人差がありますが、手や足に注射をするよりも痛みを感じやすいという特徴があります。
やはり普段注射をしたことがない場所なので、恐怖心が強くなるという傾向もあるようです。
慣れていない場所に注射を刺されるだけで絶対に痛いという反応になり、これを我慢できないと感じる方は、恐怖心からクレヴィエル治療を断念してしまうこともあります。

慣れていない箇所への注射は痛みを感じやすい

クレヴィエルなどのヒアルロン酸注射は、顔に注射針を刺すことが必須なので痛みがあります。
特に血管注射ではないため、ある程度の痛いと感じることは避けられません。
普段、血管注射でほとんど痛みを感じないという場合でも、クレヴェイルなどのヒアルロン酸注射では痛みを感じてしまうという方がほとんどです。
痛いという感覚ではなくてもクレヴィエルの製剤が顔に注入される時に、違和感や圧迫感を感じる方が多いでしょう。
しかし、施術の際に適切な処置を取ることによって、痛みはある程度コントロールできます。
クレヴィエル注射を試してみたいけれど、痛みがどうしても気になる、心配だという方は、治療を始める前にカウンセリング時にその旨を医師にしっかりと伝えましょう。
美容クリニックや皮膚科によって異なる対策があるため、安心して施術が受けられるよう準備することがベストです。
その点については、後ほど詳しくご説明しますね。

クレヴェイルと他のヒアルロン酸比較

では、クレヴェイルと他のヒアルロン酸には、具体的にどのような違いがあるのか考えてみましょう。

クレヴェイル効果の特徴

クレヴェイルは、韓国の化粧品会社によって開発された高濃度高密度のヒアルロン酸製剤です。
クレヴェイル製品には、ヒアルロン酸の濃度が1mlあたり50mgのクレヴィエルコントアと1mlあたり33mgのクレヴェイルプライムの2種類があります。
それで、他のヒアルロン酸と比べると形が崩れにくく、効果が長持ちするという特徴を持っています。
他のヒアルロン酸をこれまで試してみたけれど効果がイマイチだった、形が横に広がったような感じがするという方にこそ、クレヴィエルは向いているんです。

特に、顎や鼻といったパーツに向いており、顔の印象をシャープにすることができるのがクレヴェイルです。
顔にメスを入れずに手軽に鼻を高くしたいという方、痛みが少ないフェイスライン治療を考えているという方に、クレヴェイルはぴったりです。

施術時の痛みに違いはある?

クレヴィエルには他のヒアルロン酸よりも密度や濃度が高いという特徴がありますが、注入時の痛みに何か違いはあるのでしょうか?

結論からすると違いはほとんどない

結論から言ってしまうと、クレヴィエル注射と他のヒアルロン酸注射の痛みにはほとんど違いはありません。
ヒアルロン酸注射やヒアルロニダーゼによって治療を行っていく場合、針を刺す箇所に痛いと感じたり赤くなるということがあります。
これはクレヴェイルでも、他の種類のヒアルロン酸でも変わらないと言えるでしょう。
クレヴェイルにしても他のヒアルロン酸注射にしても、針を刺した箇所が赤くなる程度で、ほとんどのケースで当日中には症状が気にならなくなります。
治療してすぐに針を刺した場所以外にはメイクをすることもできるので、クレヴィエルを含め、ヒアルロン酸注射の体への負担は非常に少ないと言えるでしょう。
むくみや腫れを感じることがありますが、濃度が高いクレヴェイルだからといって、特別に痛み・内出血などの症状が重くなるということはありません。

ツッパリをやや強く感じることも…

クレヴェイルと他のヒアルロン酸製剤を比較した場合、痛みに大きな違いはありませんが、肌のツッパリをやや強く感じるという方もいるようです。
そもそも、ヒアルロン酸には保水力に優れているという特徴があります。
ヒアルロン酸製剤を注入した後、体の中の水分を吸収して膨らむことで、顔の気になるパーツを適度にボリュームアップしていくことができるという仕組みになっているんです。
つまり、密度が高く濃度も高いヒアルロン酸を注入すれば、より多くの体の中の水分が特定のパーツに集められることになりますよね。
注入時の痛みにほとんど違いはなくても、クレヴィエルを注射した後により多くの水分がヒアルロン酸に集められていくことで、肌がつっぱったり腫れているような感じが、強くなることがあると言えるでしょう。
しかし、密度の高い架け橋構造のクレヴィエルは、周囲に流れてしまうという副作用を防ぐことができるため、弾力性があるヒアルロン酸が必要な鼻への注射にもぴったりですよ!

クレヴェイルと他の美容整形を比較

クレヴィエル

ヒアルロン酸製剤であるクレヴィエルを顔に注入すれば、気軽にコンプレックスとなっている部分にボリュームを出したり、形を整えることができます。
特に、鼻などの顔の中心によるパーツにクレヴィエルを使った治療を行えば、顔に立体感が出るため、顔全体評定全体がすっきりするのが特徴です。
鼻筋を通したい!顔のフェイスラインを整えたい!という方にはクレヴィエル治療がぴったりですが、他の美容整形方法とはどのような点が異なるのでしょうか?

鷲鼻や曲がっている鼻をまっすぐに整えたいという場合には、クレヴィエルなどのヒアルロン酸製剤では思っているほどの効果が出ない場合があります。
しかし、軽度な鼻の曲がりの場合は、鼻筋をクレヴェイルである程度整えることで、真っ直ぐに見せることが可能です。

身体と心への負担が少ない

根本的に治す切開などの手術をしなければならず、体への負担はどうしても大きくなるでしょう。
本格的な美容整形は痛みが強そう!顔を切開するのは痛いのではないか?という不安によって一歩を踏み出せないという女性にとってクレヴェイルは、美容整形に伴うリスクや痛みを少なくしつつ、高い安全性が保障されている治療としておすすめです。特に鼻など目立ちやすい顔のパーツを切開する本格的な美容整形手術を受ける場合、痛みが不安になるだけではなく顔のパーツを変えることによって、周囲の反応が気になったり、親に後ろめたさを感じてしまうという方も実は少なくありません。
その点、もともと体の中に存在する成分であるヒアルロン酸を補うというクレヴィエル治療は、美容整形に伴う後ろめたさやストレスを軽減することができるんです。

お財布にも優しい

また、手術に比べても費用を抑えることができ、合併症のリスクやダウンタイムが短いということもクレヴィエル治療の特徴と言えます。
痛いのが不安だという方にはもちろんのこと、その他精神面や経済面でストレスを感じている方にとって、クレヴィエル注射はぴったりと言えるのです。

クレヴェイルを打てる場所

ウルセラ 看護師

クレヴェイルを打つことができる場所は、顔全体というわけではありません。
密度や濃度が高い特別なヒアルロン酸だからこそ、効果がきちんと出るだけではなく、安全に使える箇所に注入する必要があります。
クレヴィエルは、額・こめかみ・頬骨・ほうれい線・涙袋などに使うことができるほか、鼻やあごの形成に特に向いているヒアルロン酸です。

打つ場所によって痛みは違う?

結論から言うと、クレヴェイルを注入する箇所によって痛みの程度は異なることがあります。
注入する部位によって痛いと感じる強さが異なるほか、個人差があるため一概には言えませんが、一般的に英語を話す時目元の注射では痛みを訴える方が少ないとされています。
クレヴィエル注射は主に顎・鼻筋・目元周辺に適用される注射なので、痛いと感じる方が少ないのです。
反対に眉間・額・口元周辺のヒアルロン酸注射は、目元・鼻筋・顎への処置と比較すると、痛いと感じる方が少なくないようです。
どちらにしても、麻酔クリームやはりの選択によって痛みを軽減することができますので、深刻に心配する必要はありません。
クレヴィエルに限らずヒアルロン酸製剤を顔に注入する時には、圧迫痛という痛みがありますが、我慢できる程度だと感じる方がほとんどです。

クレヴェイルコントアとクレヴェイルプライムを比較

クレヴィエルには、クレヴィエルコントアとクレヴィエルプライムの2種類があります。
これら2つの違いと適用箇所や痛みについて、ここではお話ししていきます。

ヒアルロン酸濃度が違う

クレヴィエルコントアとクレヴィエルプライムでは、配合されているヒアルロン酸の濃度が異なります。
クレヴィエルコントアは、弾性と密度が非常に高く、すっきりとしたフェイスラインの仕上がりが期待できるヒアルロン酸製剤です。
記事の冒頭でも少し触れましたが、クレヴィエルコントアのヒアルロン酸濃度は、1mlあたり50mgで他の種類のヒアルロン酸と比較しても、圧倒的に密度と濃度の高い種類です。
そして、クレヴェイルプライムは、1mlあたり33mgのヒアルロン酸を配合しており、リフティング力や引き上げる力が非常に強いヒアルロン酸です。

コントアとプライムの適応箇所

ヒアルロン酸の濃度が異なるため、クレヴィエルコントアとクレヴィエルプライムの適用箇所は異なります。
クレヴィエルコントアは密度と弾性の高さが特徴なので、鼻と顎にのみ使うことのできる【鼻顎専用】ヒアルロン酸です。
また、深くくっきり刻まれたほうれい線にも適用することができます。
濃度が高いということは硬いヒアルロン酸なので、顔の中でも硬いパーツにのみ使用することができます。
そして、濃度がやや低いクレヴィエルプライムは、柔らかい顔のパーツであり、頬・涙袋・こめかみなどに使用することができます。

コントアとプライムで痛みに違いは?

クレヴィエルコントアとプライムどちらも試した方の口コミを見てみると痛みに違いを感じたっていう方はほとんどいませんクレヴィエルコントアとクレヴィエルプライムを使用した場合どちらか一つが圧倒的に痛いと感じることはないようです。
また、クレヴィエルコントアとプライムの施術の流れも基本的には同じです。
一般的にはどの美容クリニックや美容外科でもカウンセリングからスタートします。
希望する顔の形や高さなどを医師に伝え、その希望に合わせてヒアルロン酸の種類や注入量を決めていきます。
必要であれば、注入前に麻酔クリームなどを塗って注入時の痛みを軽減してからデザインし、注入となります。
注入する量による痛みの違いは、ほとんどありません。

クレヴェイル注入時に使える麻酔方法

クレヴィエル治療をする際、美しく仕上げることも大切ですが、施術中の痛みや注入後の症状を軽減することも大切です。
では、クレヴィエル治療をする時に使える麻酔のオプションには何があるのでしょうか?
もちろん、美容クリニックや医師によって使われる麻酔方法は異なります。

麻酔薬が入ったクレヴェイル

基本的にクレヴィエル治療をする際に麻酔は必要不可欠とは言えませんが、多くの美容クリニックで麻酔薬が既に入ったクレヴィエルが使用されています。
リドカインという麻酔成分が含まれているのでリラックスした状態で治療が受けられるだけでなく、痛いと感じることが少なくなります。
麻酔薬がなくても耐えられる程度の痛いと感じる方が多いクレヴィエル治療では、局所麻酔や静脈麻酔、全身麻酔といった体に負担の大きな麻酔ではなくクリームやテープといった方法を取るのが一般的です。

麻酔クリーム

手術前にクレヴィエルを注射する箇所に麻酔クリームを塗ることで、痛みの感覚を鈍くする効果のある麻酔クリームも有効です。
麻酔自体に痛みがないため、手軽に行える簡単な方法としてヒアルロン酸の注射以外にも糸リフトやボトックス注入時などに使われています。
クレヴェイルは麻酔なしでも行える治療ですが、痛いのが苦手な方や注射に恐怖心があるという場合には、希望することでこの麻酔クリームを使ってくれる美容クリニックがほとんどです。
使用している麻酔クリームの種類はクリニックによって異なりますが、他の麻酔と大きく異なるのは、体への負担が非常に少ないということです。

手軽な麻酔方法として人気

痛みへの効果が高い局所麻酔と比べても針を刺す必要がないため、術後の副作用などのリスクも減らすことができます。
皮膚の表面にクリームを塗り、ゆっくりと浸透させることで感覚を鈍くさせる麻酔クリームでは、麻酔を行う際に痛みがなく針を使った麻酔ではないため手軽に行える方法です。
注意点として、痛みを軽減する効果のある麻酔クリームに使われている成分は、歯科医院などでも使用されているということです。
歯医者さんで麻酔を使った時にアレルギー反応を起こしたことがある、体調を崩した経験がある方は、事前に医師伝えておきましょう。
麻酔クリームを塗った後、30分から1時間程度で痛いという感覚がかなり鈍くなるため、短時間で済ませたいクレヴィエル注射にもぴったりです。

痛み0ではなくともかなりの苦痛軽減に

施術する箇所によっては、麻酔クリームを使ったとしても少し痛みを感じてしまうこともありますが、激痛になることを避け痛みを和らげることができます。
他の種類の麻酔と比べると費用が安いため、オプションとして使用する方がほとんどです。

テープ麻酔

クレヴェイル治療で痛いのが心配だという方は、リドカインテープなどのテープ麻酔を使用することができます。
患部に直接貼ることで、針を刺す際に痛みをぐんと和らげてくれます。
施術の15分くらい前に使うことで、最大の効果を発揮するのが特徴です。
局所麻酔の成分が含まれているテープは、クリームタイプの麻酔薬が使えないまぶたや口の周辺の麻酔として、ぴったりのオプションです。

クレヴェイル施術時に痛みを軽減する方法

アレルギーで麻酔薬が使えない、麻酔薬を使ったとしてもまだ痛いのが心配だという方がクレヴィエル治療時の痛み対策として取り入れられる方法がいくつかあります。

痛いのが心配ならカニューレの使用がおすすめ

通常の針よりも細く、先端が尖っていない特殊な針をカニューレといいます。
クレヴェイルを注入する際にこのカニューレを使用することで、内出血や血管の中にヒアルロン酸を注入してしまうリスクを軽減できるんです。
また、針の先端以外にも穴が付いているため、1回針を刺せば広範囲にヒアルロン酸製剤を注入することが可能になります。

静脈可視化装置の活用

いくつかの美容クリニックでは、静脈可視化装置が導入されています。
静脈の走行を確認することができるこの装置を使い静脈の位置を確認しながらクレヴィエルを注入していくことで、血管に針が当たってしまい、痛みが強くなったり後で内出血してしまうリスクを軽減することができます。

施術後が痛い!症状が続くことはある?

クレヴェイルをはじめとしたヒアルロン酸を注入した後に、痛みが続くことはあります。
痛みだけではなく、違和感や内出血、むくみといった症状を起こす可能性もあるんです。

施術後の症状は「ダウンタイム」

施術をした後注入した場所が痛い、違和感がある、むくみや腫れを感じる期間のことは一般的に「ダウンタイム」と言われています。
注入してすぐ後に違和感や軽い痛みを感じる場合がありますが、時間が経過するとともに気にならなくなります。
圧迫されているような感じも、数日で治ることがほとんどです。
皮膚が薄い場所や毛細血管が多い場所にクレヴィエルを注入すると、針が当たるなどの刺激によって、内出血やむくみ・腫れが起きることがあるでしょう。
触りすぎたり強く押したりしないよう気をつけていれば、長くても一週間程度で症状は改善されます。
痛みが続くことは少なく、翌日からは注射した場所にも直接メイクを載せることができるため、コンシーラーやファンデーションを使って隠すことも可能です。

クレヴェイルの痛みに関係した口コミまとめ

痛いという感じ方には個人差があるものですが、口コミでの評判や評価・体験談は、ある程度参考になります。

20代女性・鼻クレヴェイル


初めてのプチ整形…クレヴェイルが上手い!と評判の名医がいるクリニックに行ってみました(・∀・)
治療した後は、少しズキズキとした痛みがありましたが、ロキソニンを飲んでなんとか乗り切りました!
薬が効いている間は耐えられるほどの痛みだったので、日常生活にほとんど支障なし!
すっきりした鼻がこんなに簡単に手に入って、大満足です(*´ω`*)

40代女性・顎クレヴェイル


痛みや腫れもなく内出血もほとんどなし!痛いと聞いていたので拍子抜け…
こんなに手軽にコンプレックスが解消されるのかと、とにかく驚きです。
近くから見ても分からないほどの赤みで済んだので、ダウンタイムはほとんど感じませんでした。

クレヴェイルに痛みはあるが試す価値あり!

高濃度のヒアルロン酸フィラーであるクレヴィエルを注入する時に痛みは伴いますが、麻酔が必要不可欠であるとは言えません。
麻酔がなくても耐えられる程度の痛みだという方が多いものの、打つ場所や麻酔のオプションによって感じ方は異なります。
鼻や顎では痛いと感じる方が少ないのに対し、目の周辺や口元には強い痛みを感じる方が多いようです。
クレヴェイルを使用する量やコントアとプライムでの痛みには、ほとんど差がありません。
いずれにしても、針の選択や麻酔の使用によって痛みをコントロールすることが十分に可能です。
症例数の多い名医がいる美容クリニックであれば、解剖学を理解した医師によるデザインが受けられるので、痛みを軽減できる可能性が高いでしょう。

いずれにしても、クレヴェイルは手軽に顔の気になるコンプレックスを解消できるおすすめのプチ整形として鼻やフェイスラインが気になる方にぴったりです!

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.