「キレイになりたい」を叶えるメディア

クレヴェイルとラインフィール、それぞれの特徴やメリット・デメリット

MIYUKI
WRITER
 
クレヴィエル
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

フィラー、つまり注射を使ったプチ整形にもさまざまな異なる種類があり、何を使えば良いのかわからない!自分の悩みには何が向いているの?それぞれどう違うの?と、ついつい混乱してしまいますよね。
中でも、効果が非常に高いと言われており人気を集めているのがヒアルロン酸注射ですが、特にクレヴィエルとラインフィールの違いが、いまいち分かっていない!何がどう違うの!?と感じているのは、あなただけではありません。

顎のラインをすっきりさせたい!鼻を高くしたい!横から見た時のEラインを整えたい!おでこのシワが気になる!など、顔に関する細かな悩みを抱えている方は多いと思います。
顔を大きく改造する本格的な整形には興味がないけれど、気になるところを少し改善できるプチ整形には興味がある!という女性は多いようです。
美容外科や皮膚科、美容クリニックなどで受けるプチ整形の体験談を聞いた、コンプレックスとしている顔のパーツがあるという方にとって、どんな種類の治療を受けるのかというのは、大きな課題です。

結論から言うと、クレヴィエルとラインフィールは、同じヒアルロン酸注射ですが、濃度の高め方や成分の構造が異なります。
必然的に、効果や持っている特徴、効果の持続期間なども、異なってくるわけです。
具体的な違いを知ることで、どのケースでどちらを使えば良いのかがわかってくるためより、効果の高いプチ整形の効果が期待できるでしょう。

もともと自分に自信が持てず、完全に非モテ女子だった私ですが、プチ整形に力を入れることで、男性からもモテるようになり、人生に前向きになれました。
そこには、正しい知識を取り入れた上でのプチ整形が、大きく関係していると感じています。

顔の気になるパーツがあるという方、プチ整形に興味もあるけれど、よく分からないから一歩踏み出せないという方も、この記事を読んで、まずは人気のヒアルロン酸注射、クレヴェイルとラインフィールの違いについて、是非知識を深めてみてください。
少しでも綺麗になりたい!そのための努力をしたい!と思っている方は、その一歩で人生が変わること間違いなしですよ!

クレヴェイルとラインフィールは別物だけど共通点も

先ほども少し触れましたが、クレヴィエルとラインフィールは、全く異なる薬剤注射です。
しかし、おさえておきたい共通点もあります。

どちらもヒアルロン酸注射

クレヴェイルとラインフィールの違い

まず、忘れてはいけないのがクレヴェイルとラインフィールは、どちらもヒアルロン酸注射であるということです。
どのヒアルロン酸注射を使うかは、シワの状態や肌質、理想の形などに合わせて使い分けていきますが、あくまでもヒアルロン酸注入という同じプチ整形の分類になります。

ヒアルロン酸注射は、ほうれい線やゴルゴ線、こめかみや目尻のシワなどの線を目立たなくしたり、こけた頬やあご、額にボリュームを与えるなど、顔全体のバランスを整えるのに向いています。
ヒアルロン酸は、粘調性のある物質なので、気になる部分に沿って注射することによって、しわを目立ちにくくしたり、必要な部分にハリを取り戻すことができます。

ヒアルロン酸なので、体の中にもともと存在している成分だということも、クレヴェイルとラインフィールの両方が持つ、大きな特徴です。
体に馴染みやすく、アレルギーなどの心配が少ないのがメリットです。
しかし、体の中にいずれは吸収されてしまうため、効果の持続期間が半永久的ではないということが、デメリットとして挙げられます。

手軽さがどちらも人気の秘密

クレヴェイルとラインフィールの違い

また、クレヴェイルとラインフィールで共通しているのは、どちらも手軽なプチ整形であるということです。
10分程度の短い治療時間で済み、治療した後からメイクが可能です。
保水性がとても高いヒアルロン酸を注入することで、顔の印象を変えることができますが、人体への害が少なく短い時間で治療を済ませることができるため、忙しくて時間がないという女性にもピッタリな治療です。

どらちも従来のヒアルロン酸よりも高濃度・高密度

そして、クレヴィエルとラインフィールを従来のヒアルロン酸から区別するのが、その濃度と密度の高さです。
従来のヒアルロン酸は、1mlあたり20mg程度のヒアルロン酸が含まれているのに対し、クレヴィエルとラインフィールは、その2倍から3倍の濃度と密度の高さを実現しました。

クレヴェイルとラインフィールはここが違う!

高濃度で高密度のヒアルロン酸であるという点と、手軽な注射治療でプチ整形に取り入れられているため人気を集めているという点が大きな共通点であるクレヴィエルとラインフィールですが、異なる薬剤なので違う部分も、もちろん多くあります。
では、具体的に違う点を項目別に比較ながら見ていきましょう。

効果や特徴の違いをおさらい!

クレヴェイル

クレヴェイルとラインフィールの違い

クレヴェイルは、韓国の美容会社によって開発された製品です。
アジア人の美容ニーズである鼻を高くすること、顎の形を整えることには不向きだった従来の欧米で開発されたヒアルロン酸とは、異なるコンセプトを持っています。
クレフィールのコンセプトは、どちらかというとボリュームのアップやシワの修正ではなく、鼻や顎の造形と言えるでしょう。
あごや鼻の形成に特に向いている、横に広がりにくく、形を維持しやすいという特徴を持つヒアルロン酸注入材がクレヴィエルということです。

また、クレヴェイルには、2つの異なる種類があります。
クレヴィエルコントアと、クレヴィエルプライムと呼ばれる2種類です。
どちらもヒアルロン酸の濃度は従来のヒアルロン酸よりは高いのですが、コントアは、1mlあたり50mg,プライムは1mlあたり33mgという異なる濃度になっています。
クレヴェイルは、密度の高いヒアルロン酸なので、簡単に変形せず、治療効果が長持ちするんです。

また、ヒアルロン酸の粒子が均一であることも、クレヴェイルの特徴です。
繊細な治療に適していて、涙袋や小さなシワの治療にも使うことができます。
クレヴェイルは、弾性・粘性・凝集性・密度に長けているため、外部からの衝撃に強く形をキープすることができます。
デザイン力がとても高いので、顔のありとあらゆるコンプレックスの解消に向いている薬剤と言えるでしょう。

ラインフィール

クレヴェイルとラインフィールの違い

ラインフィールは、持続力と経済力を限界まで高めた最先端のヒアルロン酸薬剤として知られています。

まず、特殊な技術を使って、3段階のカプセル化を行うことに成功しました。
従来のヒアルロン酸は、シンプルな網目状の構造になっているため、体の中ですぐに吸収されてしまうという特徴がありました。
これを改善するために、ラインフィールでは、3段階の特別なカプセル化工程を取り入れています。
架け橋をつけていないヒアルロン酸を使って、まずは一度カプセル化します。
ここまでは、従来のヒアルロン酸と同じです。

クレヴィエル

しかし、ラインフィールでは、通常通り架け橋を作ったあと、複数をまとめてカプセル化します。
そして、その複数のカプセルを同時にまとめてカプセル化するという作業を、2回繰り返します。
つまり、体の中に吸収されにくい構造のヒアルロン酸になっているんです。

 

クレヴェイルとラインフィールの違い

ラインフィールは、移動抵抗と高い粘度が特徴で、従来のヒアルロン酸と比べると、よりシャープな形成が可能になっています。
高い粘度は、高い凝集性から来ています。
そして移動抵抗、つまり形が崩れてしまうのを防いでくれる成長阻止という特徴があるのも、ラインフィールのポイントです。

濃度を高めるだけではなく、粒子のサイズを下げることで、理想の形を長期間キープできるようになりました。
親水性に優れている安定した粒子構造であることも、ポイントです。
体の中に残留物として残ってしまう化学変化が少なく、形成によるリスクを下げることができました。

注入する量は何cc?

クレヴェイルとラインフィールの違い

クレフィールとラインフィールを比較すると、1回に注入する量に、ほとんど違いは出ません。
どちらも濃度と密度が高く、少量でも効果が感じやすいヒアルロン酸注射なので、顔全体のバランスや理想の形などを計算に入れながら、顔全体をデザインしていく必要があります。

量を比較すると、どちらもおでこや額のしわでは0.5~1cc程度、目の下の涙袋では0.5cc~1cc程度、ほうれい線では程度に合わせて0.5cc~2cc、鼻を高くする治療では、1cc程度からスタートしていくのが一般的です。

結論として、クレヴィエルとラインフィールを使う際に注入する量に関しては、大きな違いがないことがわかります。

効果の持続期間

クレヴェイルとラインフィールの違い

クレヴェイルとラインフィールを比較した時に見える最も大きな違いの一つといえるのが、この効果の持続期間でしょう。

ラインフィールの方が効果の持続期間が長い

シンプルに結論から言ってしまうとクレヴィエルとラインフィールの効果持続期間を比較すると、ラインフィールの方が圧倒的に長持ちします。
クレヴィエルの効果の持続期間は、一年程度だとされていますが、体感では半年程度持ちだったと言う方もいます。
これでも従来のヒアルロン酸と比較するとかなり飛躍的な伸びではありますが、なんとラインフィールの効果持続期間は、最長で3年程度と言われているんです。
いつまでも効果が続くわけではないものの、従来のヒアルロン酸からは考えられなかったほど長い期間、効果が持続します。

注射するときの痛みや注入できる部分

クレヴェイルとラインフィールの違い

注射する時にいたいと感じる度合いや注入できる部分についてクレヴィエルとラインフィールを比較した時に、ほとんど違いはありません。
あくまでも同じヒアルロン酸注射なので、注入できる部分は同じですが、得意な分野が異なるため、使い分けすると良いでしょう。

痛みがどうしても心配な方は、麻酔を使用することもできます。

ダウンタイムはどう違う?

どちらもダウンタイムはとても短く、内出血や顔の張り、違和感といった副作用がとても少ないことで、知られています。
クレヴィエルとラインフィールを比較的した時に、ダウンタイムの違いはそれほどありません。

費用面ではどれだけ差がある?

クレヴェイルとラインフィールの違い

クレヴェイルとラインフィールを比較したとき、費用面ではやや差が出ます。

例えば、顎に注入することを考えた場合、ラインフィールでは10万円程度が相場です。
それに対しクレヴィエルであれば、美容クリニックにもよりますが、6万円から8万円料金相場となっています。
1ccあたりの薬剤の値段が異なるため、治療にかかる金額も変わってきます。

リスクや注意点、失敗症例

どんなに安全性が高いと言われている治療でも、リスクが全くゼロというわけにはいきません。
ヒアルロン酸注射を行うときに注意が必要なのは、神経を傷つけないことですが、解剖学をきちんと理解している医師であれば、日本国内での治療で心配する必要はほぼないと言っても良いでしょう。

クレヴィエルとラインフィールのリスクを比較しても、それほど差はありません。

クレヴェイルとラインフィールの使い分け

クレヴェイルが向いているのはこんなケース

クレヴェイルとラインフィールの違い

クレヴィエルは、従来のヒアルロン酸やラインフィールと比較しても、とても固い種類のヒアルロン酸です。

顎や鼻など、しっかりとした形をキープしたいというケースでは、クレヴィエルが向いているでしょう。

また、初期費用を抑えたいという場合や仕上がりが気に入るかどうかわからないから、効果はそれほど長くなくても良い!という場合に向いています。

なお、クレヴィエルを鼻に入れた場合の効果についてはこちらで詳しくご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
クレヴィエルを鼻根に入れる効果とは?おすすめの量は何cc?
クレヴィエルを鼻筋に入れる効果やおすすめの量|鼻筋が太くなる?

ラインフィールが向いているのはこんなケース

ラインフィールは、最新のカプセル化によって作られた従来のヒアルロン酸やクレヴィエルと比較すると、格段に持続期間の長いヒアルロン酸注射です。
自然な形をキープしたい!できるだけ長持ちするヒアルロン注射が良い!という方に向いています。

また、初期費用が多少かかってもいいから、長持ちしてコスパが良い治療を受けたい!という方にも、おすすめできます。

取り扱いのあるクリニック数は?

クレヴェイルとラインフィールの違い

取り扱いのあるクリニック数で言うと、現時点では、クレヴェイルの方が多いと言えます。
しかし、クレヴィエルを取り扱っている美容クリニックの多くでラインフィールを取り扱い始めているところが多いため、どちらを使った方が良いのか?向いているものとは?など、医師と相談しながら決めていくと良いでしょう。

特徴を掴んで正しく使い分けを

クレヴェイルとラインフィールの違い

クレヴィエルは、分子の架け橋剤をできるだけなくし、密度と濃度を高めたヒアルロン酸、ラインフィールは、繰り返しカプセル化を行うことで、体に吸収されるスピードをできるだけ抑えたヒアルロン酸です。

使える箇所や一回に使用する量は、ほとんど同じですが、効果の持続期間はラインフィールの方が長いという特徴があります。
他にも、初期費用はクレヴィエルの方が安く済むなど、項目別に比較すると異なる特徴を持つことがわかります。

それぞれのメリットデメリットを見極めて、あなたに合ったヒアルロン酸注射を試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.