「キレイになりたい」を叶えるメディア

クレヴィエルの持続期間はいつまで?持ちについて詳しく解説します

MIYUKI
WRITER
 
クレヴィエル
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

丸くて腫れぼったい鼻、日本人特有の低い鼻が気になる、横から見た時のEラインのバランスが悪いなど、鼻に関するコンプレックスを抱えている女性は多いですよね。
私も、大きな小鼻やひょろっとした鼻柱など、鼻に関するコンプレックスを抱えている女性の一人でした。
手軽に鼻先の丸みを改善し、鼻根をしっかりさせることで、鼻を高く見せることができる!と話題なのがプチ整形の鼻尖術として効果の高いフィラー・クレヴィエルです。

効果が高いと聞くと、持続期間も気になるところですが、結論から言うとクレヴィエルはヒアルロン酸の一種ですので、永久に効果が出るというわけにはいきません。
持続期間は、メーカーや美容クリニックによると、一般的に約1年とされています。
しかし、体感では、半年程度の効果持続を感じる方が多いようです。
では、クレヴィエルの持続期間にはどのような特徴があるのでしょうか?
鼻にクレヴィエルを打ちたいと考えている場合、持続期間を延ばすために、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか?
手軽に、そして効果的にプチ整形で鼻のコンプレックスを無くすことができれば、横から見ても正面から見てもバランスの整った美しい女性になれ、男性からもモテてしまうこと間違いなしです。
鼻の形や高さで、長年悩んでいたこの私が、徹底解説していきます!

プチ隆鼻術として話題のクレヴィエルは半永久的に効く?

冒頭でも述べたように、鼻のプチ整形として美容クリニックなどでもおすすめされることが多いフィラーの一種クレヴィエルは、ヒアルロン酸の一種です。
それで、半永久的に効果が続くというわけにはいきません。

時間とともに体内に吸収される

手軽なプチ整形として、クレヴィエルを鼻に適用するのは、とても人気の方法です。
注射によって施術できるため、5分から10分程度で施術も終わり、腫れや内出血、痛みなどの副作用が少ないことでも、知られています。
では、クレフィールの効果はなぜ半永久的に続かないのでしょうか?

結論から言うと、クレヴィエルヒアルロン酸の一種だからです。
ヒアルロン酸の中でも、クレヴィエルは濃度や密度がとても高く、ヒアルロン酸が横向きに流れにくいため、理想の形をキープするのに向いています。
しかし、あくまでもクレヴィエルはヒアルロン酸の一種です。
ヒアルロン酸は体の中にもともと存在している成分なので、時間とともに体の中に吸収されていく素材と言えるでしょう。

密度や濃度が高いため、従来のヒアルロン酸成分と比べると、クレヴィエルが体内に吸収されるスピードは緩やかです。
つまり、効果の持続期間をのばし、持ちを改善することに成功しています。

もともと体の中にある成分だからこそ、アレルギーや副作用の心配なく、安心してプチ整形を受けることができます。
注射を使って鼻を高くするのは、体の中に何吸収されるヒアルロン酸のような素材だからこそ許されており、半永久的に効果が続く!とうたっているものでは、やはり安全性に不安が残ると言えるでしょう。

メーカーによると効果の持続期間は12から15ヶ月

ウルセラ 看護師

クレヴィエルは、韓国の化粧品会社によって誕生したヒアルロン酸の一種です。
この製品は、ヒアルロン酸濃度が1mlあたり50mgも配合されている高濃度で高密度のヒアルロン酸となっているため、他のヒアルロン酸と比べると、かなり効果持続期間が長く、持ちが良いのが特徴です。
それで、従来のヒアルロン酸のように数ヶ月ごとに注射をし直さなければならないということはないんです。

また、形が崩れにくいという特徴もあるため、鼻が横に広がったような印象になる心配も無用です。

クレヴィエルを開発したメーカーによると、持続期間が期待できるのは12ヶ月から15ヶ月程度、つまり1年以上とされています。
しかし、これはあくまでも効果が残る持続期間であり、最初に注射をした時と同じクオリティが、1年以上続くとは言い切れないのが現状です。

実際に、鼻にクレヴィエルを適用したことがある方に聞くと、体感では半年ぐらい、一番理想的な効果が期待でき、残りの半年はクレヴィエルなしよりはマシだけれど、理想の形からは、少しずつ離れてしまったと感じた、というのがリアルな声です。
クレヴィエルは、ヒアルロン酸の一種なので、徐々に体の中に吸収されていき、最終的に効果が全く見えなくなるという特徴を持っていることからすると、これは納得ですよね。

体感では、メーカーが言っているほどの長い効果持続期間は期待できないものの、ヒアルロン酸でありながら、半年近くも理想の状態がキープできるのであれば、手軽で、かなりお得だと個人的には感じます。
私のように、手術は考えていないけれど、できるだけ長持ちする治療を希望している!数ヶ月に一度通うほどの時間がない!という女性には、もってこいの治療だと思います。

クレヴィエルの持続期間の特徴とは?

クレヴィエルを鼻に適用した時の効果持続期間は、ピークの体感で半年程度ですが、それ以外にも、効果の持ちにどのような特徴があるのでしょうか?

種類によっても効果の持ちは変わる

ヒアルロン酸製剤には、さまざまな異なる種類があり、特にクレヴィエルの効果持続期間が長いように、種類によって効果の持ちは、異なります。
しかし、クレヴィエルの中にも、二つの種類があり、どちらを使うかによって効果が変わるでしょう。

クレヴィエルには、コントアとプライムの2種類があります。
コントアは、濃度が高い1mlあたり50mgのヒアルロン酸、プライムにはやや低めの1mlあたり33mgが含まれています。


コントアのほうが濃度が高いため、当然のことながら、効果の持ちが良くなるでしょう。
顎や鼻専用のクレヴィエル、プライムは、こめかみやほうれい線に適用されるものなので、クレヴィエルを正しく使い分けている医師であれば、問題なくクレヴィエル・コントアを採用するはずですので、患者である私達が心配することではなさそうです。

繰り返し施術を受けることで効果期間がのびる?

また、鼻にクレヴィエルなどのヒアルロン酸を適用する際、繰り返し手術を受けることで、その度に持ちが良くなったと感じている方は少なくありません。
特に、初めてヒアルロン酸の手術を受けるという人は、持続期間が長いとされているクレヴィエルであっても、ヒアルロン酸の体内への吸収が比較的早いという傾向があります。
効果が半年続くと言われている製剤であっても、半分ほどの効果しか感じられなかったという人もいるほどです。

しかし、繰り返しクレヴィエルを鼻に適用しているうちに、ヒアルロン酸が体の中に全て吸収されず、その場に少しずつ残るようになります。
結果として、効果の持続期間、つまり持ちが良くなるというわけです。
これは、ヒアルロン酸の周りにコラーゲンの膜ができ、それがヒアルロン酸の吸収を邪魔するようになるためだと考えられます。

クレヴィエルの量を増やせば持ちが良くなるのか?

では、鼻に打つクレヴィエルの量を増やせば、効果の持続期間は自然と上がるものなのでしょうか?
鼻に、クレヴィエルも注射するときの目安量は、一回あたり0.2mlから0.5mlとされています。

しかし、一箇所にまとめてヒアルロン酸を注射することで、ヒアルロン酸と体の組織が接触する面積が減るため、長持ちするとされています。
少し多めに注射すれば、当然のことながら体の中に完全に吸収されるまでの時間が長くなるため、効果を感じる時間はさらに持続するでしょう。
多く注入したことで、数年間効果を体感できたというケースもあるほどなんです。
特に、皮膚が薄い部分は、ヒアルロン酸の吸収が遅いため、クレヴィエルの効果が長持ちすると言われています。

しかし、プチ整形では、単純に効果が持続すればするほど良いというわけではありません。
クレヴィエルを使った鼻のプチ整形の場合、量を増やして形が崩れてしまっては、元も子もありませんよね。
名医と言われている医師に相談したとしても、効果の持続期間をのばすというだけの目的で、ただ単に量を増やすことはおすすめされないはずです。
どのような形の鼻にしたいか、治療プランをカウンセラーとよく相談することで、どの量があなたの鼻に適用するのにぴったりかどうか?的確に見極めることが最も大切です。

しかし、あくまでも単純な考え方として、多めにクレヴィエルを注入すれば、長持ちするというのは事実です。

鼻へのクレヴィエル 持続期間を延ばすためにできること

一般のヒアルロン酸注射と比べると、効果の持続期間が長く、持ちが良いと評判のクレヴィエルですが、持続期間を延ばすために、できることはあるのでしょうか?

高い技術を持った医師を探そう

ウルセラ 麻酔

ヒアルロン酸注射として、とても人気の高いクレヴィエルを取り入れている美容クリニックは、非常に数多くあります。
しかし、クレヴィエルを取り扱っているからといって、必ずしもそこの意思に高い技術力があるとは限らないのが事実です。

クレヴィエルに限らず、プチ整形でヒアルロン酸を注入する場合、注入の仕方や量が正しくなければ、効果の持続期間や仕上がりにかなりの差が生じます。
痛みや内出血、腫れなどの副作用につながる可能性も、医師の技術と多少なりとも関係があると言っても、問題ありません。

効果の持続期間をできるだけのばしたいなら、あなたの顔全体のバランスや理想の鼻の形などを、カウンセラーを通してじっくりと聞いてくれる美容クリニックがおすすめです。
高い技術力を持った医師に依頼することで、クレヴィエルの本来の効果を十分に発揮でき、長持ちさせることができます。

日常生活で注意したい習慣と鼻クレヴィエルの持続期間

ウルセラ 麻酔

高い技術力を持った医師や美容クリニックで施術を受けることは、クレヴィエルの効果持続期間を伸ばす上で、とても大切ですが、日常生活で私たちにも注意できることはあるのでしょうか?
持ちをよくさせるために、どのようなことに普段から気を付けると良いのでしょうか?

マッサージは絶対にNG

特に、痛みや腫れ、違和感があると、クレヴィエルを注入した部分にマッサージをしたくなってしまいがちです。
しかし、強い摩擦やマッサージは、鼻の形が不自然になってしまう原因と言えるでしょう。

クレヴィエルは、濃度が高いヒアルロン酸なので、外部から圧力を受けても、型崩れがしにくい、つまり高弾性という特徴を持っています。
しかし、あくまでもヒアルロン酸であることに変わりはないので、理想の形を保ち、効果を長持ちさせるために、マッサージは絶対にNGなんです。

RF美顔器を使用しないで

女性に大人気のRF美顔器ですが、クレヴィエルを鼻に適用した後の使用は、絶対に避けるのが無難です。
RF美顔器は、高周波のラジオ波を肌に直接当てることで、肌細胞に熱が生まれら新陳代謝が促進されるという画期的な美顔器です。私も、長年愛用していました。

しかし、クレヴィエルはヒアルロン酸の一種なので、そこにラジオ波が当たってしまうと、新陳代謝がよくなり、ヒアルロン酸が体の中に吸収されるスピードを早めてしまうんです。
クレヴィエルの効果を長持ちさせたいという方は、RF美顔器の使用は、徹底的に避ける、最低でもクレヴィエルを注入した鼻への使用は、避けるのがおすすめです。

クレヴィエルの持ちの良さは多少の工夫で変えられる

クレヴィエルは、ヒアルロン酸の一種として鼻のプチ整形にぴったりの薬剤です。
高濃度・高密度なヒアルロン酸なので、従来のヒアルロン酸と比べると、効果の持続期間が長く、メーカーによれば1年以上効果が感じられるとされています。
しかし、ヒアルロン酸の特徴として、少しずつ体の中に吸収されていくため、ピークの効果が実際に感じられるのは、半年程度と考えてよいでしょう。

クレヴィエルは、体の中にもともと存在しているヒアルロン酸なので、半永久的に効果を持続させることはできません。
しかし、確かな技術を持った医師に施術を依頼することや、マッサージ、RF美顔器を避けるなど、少しの工夫をすれば持ちの良さを変えることもできます。

クレヴィエルの注入を繰り返すことでも、徐々に体の中に吸収されるスピードが緩やかになっていくという特徴もあります。

鼻にコンプレックスがあるという方は、これらのポイントを押さえて、手軽で長く効果が持続するクレヴィエル注射を、賢く活用してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、クレヴィエルの顎への持続期間についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ 顎クレヴィエルの持ちは半年?一年?持続期間について徹底解説します

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.