「キレイになりたい」を叶えるメディア

サーマクールで日焼け・火傷・水ぶくれの危険?リスクについて

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

サーマクール・サーマクールアイは日帰りでできてダウンタイムのない毛穴引き締め・シワ改善の効果が高いと評判の美容医療です。
美意識の高い女性なら誰もが聞いたことがあるでしょうし、ハリのある肌を保っている女性の秘密はサーマクールかもしれません。

こちらの記事では、サーマクールの副作用について、日焼けややけど、水ぶくれが酷くなるなどのリスクについて徹底的に解説します。
結論を先に述べると、サーマクールで日焼けをすることはありません。やけど・水ぶくれを起こしたなどの事例は確認できましたが、現在の日本ではほぼありえないので安心してください。

サーマクールは病院・医師・機材選びさえ間違えなければリスクなしで若返りができます。
サーマクールを数年繰り返し、そのたび満足している私が言うので間違いなしです。

この記事を読めば、次のことが分かります。

・サーマクールで日焼けが起こると言われているのはなぜ
・サーマクールでやけどが起こる可能性はあるのか、水ぶくれになるほどのリスクは考えられるのか
・サーマクールで起こりうるダメージの正常な範囲
・サーマクールで日焼け、やけど、水ぶくれのリスクを負わないためにできること
・日焼、やけど、水ぶくれなどサーマクールで失敗した人の口コミや体験談

リスクについて知識をつけておき、安心・安全のサーマクール施術を受けてください。
まずはサーマクールと日焼けの関係について説明します。

サーマクールで日焼けする?!そんなことはありません。

サーマクールとは、肌の内側にある真皮と皮下脂肪組織にRFと呼ばれている高周波を照射することで熱ダメージを与える美容医療です。肌の表面にある小じわや毛穴の開き・たるみを解消してハリのある素肌へと導きます。
サーマクールは日焼けをするかも知れないんでしょ?という疑問をたまに見かけますが、その知識は間違いです。
日焼はそもそも紫外線ダメージによって肌が焼けてしまう現象で、日焼けによって火傷のような状態になった肌の内側がメラニンを作ります。そのメラニンは通常新陳代謝によって外側に出て消えていくのですが、年齢と共に新陳代謝にムラができて、シミ・そばかすといった色素沈着から、更に・シワ・たるみの原因ともなりえます。

サーマクールで与える熱エネルギーは高周波(RF)であって紫外線ではありませんので、サーマクールが原因で日焼けのような状態になってしまうことは考えられないでしょう。
サーマクールで日焼けが起こると言われる声が見られるのは、紫外線によるダメージと、高周波(RF)による熱ダメージを混同して考えてしまっているからだと思われます。

サーマクールと日焼けの関係

サーマクール

サーマクールの施術を受けたからと言って日焼けすることはない、とは分かったと思いますが、それでも「サーマクールで日焼け」という口コミを見るのはなぜでしょうか。
その答えは、施術前後の注意点にありました。

サーマクール・サーマクールアイの施術前に肌に炎症があったり日焼けをしていると施術ができません。痛いくらいの日焼けはもちろん、日焼け後すぐの赤い状態もNGです。
サーマクールは肌の表面にはダメージを与えないのになぜ?と思われるかもしれませんが、日焼けや炎症は肌の表面だけでなく、真皮やその下の層までダメージを負っている可能性があります。
そこに更にサーマクールの刺激を与えることは危険です。日焼けを隠して施術を受けようとしたり、炎症があっても良いのでと食い下がって無理やり施術を受けることは絶対にやめてください。

サーマクール施術前はなるべく日に焼けないよういつも通り、もしくはいつも以上に紫外線対策を行ってください。どうしても外出や外での予定がある場合には日焼け止めを塗るのはもちろん、なるべく日に当たらないようつばの広い帽子をかぶる・日傘を使うなどで対策すると良いです。

「日焼けをしていても施術して良いですよ」と案内してくる医師や看護師のいる病院は都合の良い・融通の利くクリニックではありません。危険行為であることを覚えておき、その医師には不信感を覚えて病院を変えるなどの判断が必要です。
サーマクール前は絶対に日焼けをしないよう注意してください。

サーマクールの施術後にも日焼けのリスクはあります。
サーマクールを受けた後は肌が敏感になり乾燥しやすく、また日焼けをしやすい状態になります。施術前もですが、サーマクール施術後も日焼け止め・紫外線対策が必要です。
幸いサーマクールは肌の表面にダメージのない施術で、施術後はメイクも可能です。クリニックを出る前には最低限日焼け止めを塗って帰りましょう。

日焼をしてしまうことで直接サーマクールの効果がなくなる、ということはありませんが、日焼けした肌は水分を保ちにくく、乾燥した肌はトラブルを生みます。
せっかくサーマクールで毛穴を引き締めてたるみを改善しても、日焼けによって別の小じわが増えてしまったり毛穴の開き、シワ・シミなどの原因になります。

美しい表情と美肌をキープしたいのであれば日焼けは大敵です。
サーマクールの施術前・施術後はどちらも日焼け対策が必要です。

サーマクール日焼けに関する口コミ・体験談

40代女性


サーマクール受けてから「日焼けしないようにね」と案内をされた記憶が。
スッピンで帰ろうと思ってたから日焼け止めも持ってなくてすごく焦ったのを覚えています。
帽子をかぶってすぐ近くのドラッグストアまで日焼け止めとマスクを買いに走って、日焼け止めはすぐ塗って帰りました。
サーマの後日焼けしちゃだめって常識なの?と思うくらい当然のように言われたからこっちが常識ないのかと思って動揺しちゃいました。

50代女性


意を決してサーマクールしたのに大失敗です。
ひょんなことから日に焼けてしまって・・・。リフトアップは満足だったんですが、その後シミが目立つようになりました。コラーゲンができるらしいから肌がきれいな分余計シミが気になるような感じもあって。更にシミが取れるレーザーを受けるか検討中ですよ。
美容ってゴールがないですね。

30代女性


サーマ受けようとしたら断られた(つд⊂)エーン
カウンセリング当日でもOKだったから行ったのに。日焼けしてるからって(ノД`)・゜・。
前日まで普通に過ごしてたのになぜ・・。私って肌よわよわなのか?

50代女性


必要以上に日焼けについて指摘されて怖かったです(汗)
よくよく調べてみたら私が通ったところが美白に力を入れている美容外科だったみたいで納得しました(笑)
日焼についてだけすごく脅かされたけど全く問題なかったです。痛みもあまりないし赤みも出なかったので満足しました。もちろん日焼け対策は万全でしたけど^^;
正直言って「日焼けしやすい」じゃどの程度かわからなかったから強めに説明してくれてよかったです。話を聞くうちに他の治療もおすすめされたけれどまずはサーマクールの効果を見てからかなと思います。
信用できる先生に出会えてよかったです(笑)

サーマクールと日焼けについて理解できましたか?続いてはサーマクールとやけど・水ぶくれについて徹底解説します。

サーマクールの火傷の危険性は?水ぶくれになった人がいるって本当?

サーマクールの施術を受けた人の中で、火傷を負ったり水ぶくれ・ケロイドになるほどの後遺症を負ったというケースは数件報告されています。
ただ、それには必ず理由があり、「アンラッキーな人は火傷したりすることもあるらしいよ」なんてレベルの確率ではありません。
日本だけでも数万・数十万件の症例数があり、世界で数えたら何倍晩十倍もの症例数がある中で、実際に「サーマクールで火傷をした」という例は数える程度しかないのです。
こういった危険を伴うケースはサーマクールを取り扱っている正規の病院で、経験を積んだ医師の施術を受けて、機材を正しく使用していれば起こりません。

つまり何が言いたいかというと、「サーマクールで火傷をする、水ぶくれ・ケロイドになるほどの後遺症が残るというのは、可能性としてあり得ないことではない。でも病院選び・医師選びに間違いなければ火傷することなくサーマクールを受けることができる。」ということです。

サーマクールでやけどをしてしまう、サーマクールで水膨れが起こってしまうというのはどういう状態なのかについて説明します。
サーマクールはRFという好周波を肌に照射することで、肌の表面にダメージを負わせることなく真皮と皮下脂肪組織に熱ダメージを与えて、その刺激で肌を引き締めるリフトアップ施術です。
この熱ダメージが何らかの原因で正しく作用しない場合に火傷となってしまうケースがあります。その原因については以下のことが考えられます。

サーマクールで火傷を負ってしまう原因①照射のパワーが強すぎる

サーマクールは部位ごとに最適な照射のパワーがあります。
誤った知識を持った医師や、経験不足の医師によるサーマクールで照射の出力を高めすぎて、熱ダメージが強すぎてしまうことがあります。
それにより火傷を負ったというケースが見受けられました。水ぶくれになるほどの失敗例はあまりありませんが、起こりうる原因の一つです。
サーマクール初代機器のサーマクールTC3などは特に照射の出力が高く設定できたようです。冷却パワーも現在の最新機器よりはやや劣っています。

サーマクールで火傷を負ってしまう原因②照射の時間が長すぎる

照射の出力が合っていても、照射している時間が長すぎるとやけどに繋がることがあります。
そこまで高くない温度でもじっくり火傷してしまう低温火傷に近い症状で、ダメージが強いです。

サーマクールで火傷を負ってしまう原因③チップの使いまわし

サーマクールの先端には使い捨てのチップが使われています。
高価なもので、使い捨てるにはもったいないようにも感じますが、使いまわしは大変危険です。チップから正確に照射のパワーが伝わらず、火傷の原因にもなりますし、酷い場合はシワが増えてしまったり、肌が凸凹になる、頬がこけて老け顔になってしまうこともあります。
あまりに安いクリニックなどは理由が明確でない限り、チップの使いまわしなどの方法で原価を抑えているケースもあります。
病院選びは慎重に行いましょう。

サーマクールで火傷を負ってしまう原因④金属プレート・金の糸

サーマクールは熱を加える施術です。以前の美容医療・手術などで金属プレートや金の糸を入れている場合にはその患部の周辺に熱が加わりすぎて火傷となってしまいます。
日焼をしている人・妊婦・などの並びで「金属プレートや金の糸を入れている人」などはサーマクールを受けられないとどの病院でも記載しています。
医師に対して虚偽の申告を行うのは大変危険なのでやめましょう。

サーマクールで火傷を負った場合には

サーマクールで火傷をした場合、また赤みや腫れが出た場合にはすぐに冷却することが必要となります。
早い回復と、水ぶくれを防ぐなどの効果があります。

あまりにひどい火傷の場合には施術後すぐにわかると思いますのですぐに医師に相談してください。帰宅してからじわじわと痛みが増す、赤みが増す、腫れが強まるという場合には通常の副反応である可能性もありますが、不安な場合は施術を受けたクリニックに相談しましょう。

初代サーマクールのサーマクールTC3から、第二世代のサーマクールNXT(サーマクールネクスト)、第三世代のサーマクールCPT(サーマクールアイ)には冷却装置がついていて、基本的には冷却をしながらなるべく痛みと負担の少ない施術を行っています。
それでも痛い場合や照射の出力が強すぎると思った場合など、不安に思ったらすぐに医師に申し出ることで火傷・水ぶくれを防止できます。(もちろんあまりに出力が弱いとサーマクールの本来の効果が出ないので基本は医師にお任せするべきですが。)

サーマクール火傷水ぶくれに関する口コミ

60代女性


サーマクールは2000年代の前半くらいにお友達が火傷したと怒っていました。
若いお医者さんだったと聞いています。
それ以来ちょっと美容外科は怖いところと思っていたのですが、また別のお友達からサーマクールで大成功したと聞いて興味を持ちました。
そのときはカウンセリングが丁寧で、頬にどのくらい、エラのところにどれくらい、と細かく説明してくれたのでやってみることに。結果は成功。続けています。

30代女性


以前、海外の事例でサーマクールで火傷を負って水ぶくれになっている人の写真を見ました。目も当てられない肌で、恐怖を覚えたのでサーマクールは絶対にやりたくありません。

30代女性


小じわが目立つからサーマで何とかしたいけど火傷が怖いと先生に言ったら爆笑されました( ;∀;)サーマで火傷なんて大昔の話か、日本の話じゃないって。
いよいよやってみようかと思っています。

実際にサーマクールでやけどをしたという人の口コミは見つけられませんでしたが、評価の高い、信頼できる医師にお任せすれば問題なさそうです。

この記事をまとめると以下の通りです。

・サーマクールで日焼けをするというのはうそ
・サーマクール前は日焼NG
・サーマクール後は日焼けしやすくなるので対策が必要
・サーマクールで水ぶくれになるほど火傷をすることはほぼない
・失敗しないサーマクールを受けたい場合には、経験豊富な医師の所属するクリニックを選ぶ
・安いクリニックがいいクリニックとは限らない

参考にして、リスクのないサーマクールを受けられると良いですね!

尚、サーマクールのリスクについてご興味あられる方はこちらをご覧ください。
サーマクールで頬がこける?老ける?リスクについて詳しく解説します

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.