「キレイになりたい」を叶えるメディア

ジュビダームビスタボリューマXCの持続期間|効果の持ちはいつまで?

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

顔の中で年齢の出やすい部位のフィラー施術に適していて、持続期間の長さで有名なのがジュビダームビスタボリューマXC(通称ジュビダームボリューマ)です。
ジュビダームボリューマはその名の通りボリューマーとしての役割を持ったヒアルロン酸になります。
持続力と形成力に優れているため稀に涙袋や鼻に用いられることもありますが、ジュビダームボリューマは主に加齢にともなってくぼみやシワが目立つようになる部位を長期間リフトアップし改善したり、ボリュームアップしてEラインを作ったりすることを目的に使用されます。
形成力のみならず持ちの良さでも人気を集めているジュビダームボリューマですが、打ってからどのくらいの期間効果が持続するのか疑問に思いますよね。

結論を先に言ってしまえば、ジュビダームボリューマは1回注射で入れると最長で2年優れた美容効果が持続します。

他のヒアルロン酸が平均で半年から長くても1年の持続期間になっていることを考えると、ジュビダームボリューマの持ちがいかに良いかが分かりますね。
より長く持続させたい場合は症例数が多く口コミで評判の良い美容外科や皮膚科などを利用したり、何回も定期的に打つと良いとされています。
持続期間の長いジュビダームボリューマを入れると、周りの人よりも老けずに綺麗な顔を維持することが出来てモテるようになりますよ。

私も美容外科で気になり始めていたゴルゴ線と額にジュビダームボリューマを入れたところ2年近くも効果が続き、綺麗だと声を掛けられることが増えたので間違いありません。

今回の記事では、

〇ジュビダームボリューマの持続期間はいつまで?他のヒアルロン酸との違いは?
〇ジュビダームボリューマの持続期間は打つ量や部位によって違いはある?
〇ジュビダームボリューマの持続期間を長くするにはどうした良いの?

こちらの3点について詳しく解説していきたいと思います。

ジュビダームボリューマを入れるといつまで効果が持続するの?と気になっている方は最後までぜひご覧ください。

ジュビダームビスタボリューマXCの効果の持続期間について

ジュビダームボリューマの効果の持続期間、他のヒアルロン酸との違いとは?

涙袋や鼻、顎など顔の様々な部位を注射で整えられるフィラー施術は現在ではとても身近な存在となっていて、使用可能なヒアルロン酸の種類も豊富に展開されています。
多数存在しているヒアルロン酸の中でも効果の持続期間がとくに長いのがジュビダームビスタボリューマXCです。
従来までのヒアルロン酸が半年~1年程の持ちなのに対し、ジュビダームボリューマの持続期間はなんと2年です!

効果の持ちの良さに驚きますよね。

長期間にわたって効果が持続するのは、VYCROSS技術が関係しているためです。
注射で入れられたヒアルロン酸はヒアルロニダーゼという酵素によって小さく分解されて体内へと吸収されていきます。
ですがジュビダームボリューマは独自技術で大きさの異なる分子が組み合わされて隙間なく密接に結合されているため、すぐには分解酵素の影響を受けず長く効果を持続させることが可能なのです。

他のヒアルロン酸より3~4倍も効果が持続するというのは大きな魅力ですよね!

1回打つだけで2年も持続するのはジュビダームボリューマだけです。
美容外科や皮膚科でジュビダームボリューマを入れた人の口コミでも持続期間に満足しているという感想が多くなっています。
こめかみや額、ゴルゴ線・ほうれい線、顎などにフィラー施術で入れると、2年もの間ボリューマーの働きによって長期間ハリ感が出たり、Eラインが整い美人顔になれたりする効果を実感できますよ。
ジュビダームボリューマは長期間理想の顔をキープ可能でコスパも良くおすすめです。

ジュビダームボリューマの持続期間は打つ量や部位によって違いはある?

優れたボリューマーの働きがあり1回注射で入れると2年も長持ちするジュビダームボリューマですが、持続期間は部位や何cc入れるかによってもわずかな違いが生じることがあります。
傾向としては打つ量が多い方が効果が持続しやすくなり、顔の中でもあまり動かさない部位の方が比較的ジュビダームボリューマの持ちが良いです。
どちらも持続期間にも関係する大切な情報のため、効果をより長持ちさせるために予め理解しておきたいですね。

それではもう少し詳しく解説していきたいと思います。

打つ量による効果の持続期間の違い

何ccも多く入れれば良いというものでもありませんが、多く量を注入した方がジュビダームボリューマの効果は長く持続しますよ。
ジュビダームボリューマはその構造上吸収されにくくなっていますが、他のヒアルロン酸と同様に1回の注射で永久的に効果を感じられるわけではなく少しずつ分解されていくため長い目で見ると量を多く入れた方が持続しやすいのです。

何cc入れると良いかは希望する仕上がりによって違いがありますが、多めに入れると効果の持続期間が長くなる可能性があるという点を覚えておくと良いでしょう。

打つ部位による効果の持続期間の違い

ジュビダームボリューマは涙袋や鼻以外のシワやくぼみが生じやすい部位(こめかみ・おでこ・ゴルゴ線、ほうれい線、顎)への注射に向いています。
この中で注入した後の持ちがとくに良いのは、こめかみやおでこです。

顔の部位で表情の変化に合わせてよく動くのはゴルゴ線やほうれい線、顎ですよね。
その3点はシワが多く発生しボリュームも減少しやすいためフィラー施術を行うと抜群の効果を実感することが可能ですが、同時にジュビダームボリューマが持続期間が短くなりやすい部位でもあります。
笑ったり話したりすることでその部分の新陳代謝が促されて分解・吸収が進んでしまうためです。
こめかみや額はほうれい線やあごなどと比較してそれほど動かすことはないため、分解されづらく長持ちするというわけです。

基本的にはどの部位に入れても約2年持つジュビダームボリューマですが、より効果の持続期間が長いのはこめかみやおでこになります。

こちらの記事でほうれい線への効果について詳しく書いていますのでぜひチェックしてくださいね。
⇒ ジュビダームビスタボリューマXCでほうれい線が消える?効果を解説

ジュビダームボリューマの効果の持続期間を長くするには?

持ちが良いことで知られているジュビダームボリューマですが、ヒアルロン酸の一種のため徐々に体内へと吸収されていき時間の経過とともに効果を感じづらくなっていくのも事実です。
通常は2年程となっているジュビダームボリューマの持続期間を出来るだけ長く出来たら良いと思いませんか?より長持ちさせるために有効なポイントがあったら事前に把握してから施術を受けたいものです。

ジュビダームボリューマの効果の持続期間を長くするポイントは大きくわけて3つあります。

・口コミで評価の高い美容クリニックや皮膚科を利用する
・施術後安定するまで強い力で触らないようにする
・定期的にジュビダームボリューマのフィラー施術を受ける

これらのポイントを押さえて、一般的な目安よりさらに効果が持続したら嬉しいですよね。
持続期間が伸びると美しく理想的な顔を維持出来るだけでなく、継続して施術を行う際の痛みや手間、コストも最小限で済むようにもなりますよ。

それではジュビダームボリューマの効果の持続期間を長くするために効果的なポイントを1つずつご紹介していきたいと思います。

口コミで評価の高い美容クリニックや皮膚科を利用する

ヒアルロン酸の中でもとくに持続期間に優れているのがジュビダームボリューマですが、長持ちさせたい人には症例数が多く口コミ評価の高い美容クリニックや皮膚科で入れることをおすすめします。
なぜならば、効果の持続期間は施術時の技術によっても差が出るためです。

こめかみやおでこ、顎、ゴルゴ線・ほうれい線などに注入するとボリュームがアップしてシワを手軽に解消出来ることから、現在ジュビダームボリューマは多数の美容クリニックや皮膚科で取り扱われていますよね。
ですが、どこで施術を受けてもジュビダームボリューマの持ちが同じになるというわけではなく、腕の良い医師に入れてもらうことで最大限その効果が持続するようになるのです。
口コミ評価の良い美容クリニックや皮膚科には腕の良い医師が在籍しているケースが多く、豊富な知識と技術や多数の症例をもとに最適な注射の打ち方や量を見極めて入れてもらえるため効果が持続しやすくなります。
ジュビダームボリューマのフィラーを受ける前には、SNSで実際の口コミや体験談をしっかりと確認して評価・評判の良い美容クリニックや皮膚科を選びましょう。

施術後安定するまで強い力で触らないようにする

ゴルゴ線やほうれい線、あごなどにジュビダームボリューマを入れた後は、可能な限り注入箇所に強い力や摩擦が生じないようにすることも効果を持続させるためには大切です。
具体的には、施術後1週間程はマッサージや美顔器の使用を控えると良いでしょう。
入れたばかりの頃に強い力でマッサージなどを行うと綺麗に仕上げられたデザインが崩れて持ちが悪くなったり、新陳代謝が促されることによりジュビダームボリューマの体内への吸収が早まり結果として持続期間の短縮を招いてしまう可能性があるためです。
ジュビダームボリューマの持続期間の目安である2年よりも前に効果が薄れてこめかみやおでこ、あごがボリュームダウンしたり、ほうれい線の深いのシワやゴルゴ線が目立ったりするようなことになってはガッカリしてしまいますよね。

ジュビダームボリューマを入れた直後は注射の痛みや違和感などからついつい気になってしまいがちですが、極力触らないようにする方が無難です。
少なくとも安定するまで2~3日は強い力を加えないように意識して過ごしてください。

そのほか、こちらの記事でも鼻先・鼻筋に入れる効果について詳しく書いていますのでぜひチェックしてくださいね。
⇒ ジュビダームビスタボリューマXCを鼻先・鼻筋に入れる効果を徹底解説

定期的にジュビダームボリューマのフィラー施術を受ける

同じ部位に2回以上ジュビダームボリューマを入れると、効果が持続しやすくなることがあります。
それは注入後に被膜形成が行われた場合です。

ジュビダームボリューマを注射で入れると体内に存在しているヒアルロニダーゼの働きによって少しずつ分解されて、2年かけて体内へと吸収されていきます。これが通常のパターンです。
ですが人間の体には、異物を感知すると薄い膜のようなもので覆って隔離し侵入を遅らせるという被膜形成と呼ばれる仕組みがあります。
ジュビダームボリューマは日本の厳しい基準をクリアした安全性の高いヒアルロン酸ですが、顔に打った際に体にとって異物であると捉えられると被膜形成が行われて分解酵素のヒアルロニダーゼの影響を受けにくくなります。
つまり、被膜が形成されると分解に通常よりも時間がかかるようになるため自然と効果も長持ちするようになるのです。

フィラー施術による被膜形成は、何回も同じ部位に入れると比較的起こりやすいと言われています。
そのため持続期間を伸ばしたい人は定期的にジュビダームボリューマを入れることがおすすめです。
1回目の注射で持ちが短いと感じたという人でも、2回、3回と施術を行っていくうちに効果の持続期間が2年よりも長くなったというケースがありますのでジュビダームボリューマを打ち続けていくと良いでしょう。

ジュビダームビスタボリューマXCの効果の持続期間まとめ

ジュビダームボリューマは持ちが良く、効果の期間としては約2年持続します。
大きさの異なる分子が組み合わされた密接な構造になっているため、酵素分解が起こりづらく体内への吸収を遅らせることが可能になっているのが大きな理由です。
他のヒアルロン酸の持続期間が半年から長くても1年だということを踏まえると、ジュビダームボリューマの持ちがどれほど優れているかが分かると思います。
入れる量が多かったり、表情の変化による影響を受けにくい部位に注射したりするとより長持ちしやすいですよ。

さらに長持ちさせたい人は、口コミ体験談などを確認して評判が良く症例数の多い美容外科や皮膚科で施術を受けてください。
腕の良い医師に入れてもらうとジュビダームボリューマの効果が最大限に発揮されて長期間持続するようになりますよ。
また、何回か打つと被膜形成が起こって分解・吸収されにくくなる可能性があるため、効果の持続期間を長くしたい場合は定期的にフィラー施術を行うと良いでしょう。

ボリューマーの役割を持ちリフトアップ効果のあるジュビダームボリューマを入れて早い段階からシワのケアをしたり、Eラインを整えてみてはいかがでしょうか?
2年間効果が持続するジュビダームボリューマを注入すると、いつまでも若々しく美しい顔を維持することができてプライベートも充実するようになりおすすめですよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.