「キレイになりたい」を叶えるメディア

クレヴェイルは打った後に広がる?流れるリスクはあるか詳しく解説

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

低い鼻のせいでいまいち整わないEライン、目立ち始めた額・おでこ・こめかみのシワ、ゴルゴ線、ほうれい線、ふっくらしない涙袋など、顔のコンプレックスはあげるとキリがないという方は、多いですよね!
顔にコンプレックスを抱えているだけで自分に自信が持てず、下を向いて歩いてしまうという方も多いのではないでしょうか?
そんな方に人気が高いのは、ヒアルロン酸注射、クレヴィエルです。
形を維持する力が強く、効果の持続期間も長いと言われているクレヴィエルですが、クレヴィエルを注入した後に広がる・流れることはあるのでしょうか?

結論から言うと、クレヴィエルを注入した後多少なりとも広がってしまうことはあります。
しかし、クレヴェイルは従来のヒアルロン酸や他のフィラーと比較しても、形を維持する力が非常に高いと言えるでしょう。
クレヴィエルが広がる・流れる理由や少しでも広がらないようにする方法、注入する量によっての違いなど、この記事では詳しくご紹介していきます!

ダウンタイムが短く副作用の症例が少ないことからリスクも低いとして知られているクレヴィエルですが、注入後の広がる流れるリスクについて知れば、より不安なく治療に取り組むことができ、注意点もしっかり抑えることができますよ!
もともと自分に自信がなく非モテ女子だった私も、クレヴィエルを活用して自分に自信が持てるようになり、一気に異性から声をかけられることも増えました!
そんな私が、今回クレヴィエルが広がる・流れるというテーマで詳しくお話ししていきます。
クレヴィエルで顔のコンプレックスを解消したいと思っている方、是非参考にしてみてくださいね!

クレヴェイルは入れた後に広がる・流れるのか?

はじめに結論を出しておきますが、クレフィールをはじめとするヒアルロン酸は、注入した後、形を100%同じ状態を保つということはできません。
どんなに濃度や密度が高くても、ヒアルロン酸という成分である以上は体の中に吸収される液体であるために、広がる・流れるといった理由から、形が変化してしまうことはリスクとして覚えておく必要があります。
麻酔の必要がなく、腫れや痛みなどのダウンタイムも短いクレヴィエルは手軽な治療であるにもかかわらず、形状維持の効果が高いヒアルロン酸を注入できるために人気になっています。

鼻や顎のラインを手軽にシャープにしたいという方やメスを入れることに抵抗がある方、短時間でそして低価格で行える治療に興味があるという方にピッタリです。
せっかくヒアルロン酸を注入するなら長持ちするヒアルロン酸を選びたい!これまでのヒアルロン酸に満足できなかったという方にも、人気なんですよ!

高濃度・高密度のヒアルロン酸製剤 クレヴェイル

クレヴェイルは、世界の最新テクノロジーによって開発された高濃度のヒアルロン酸注射です。
アジアを代表する韓国の化粧品会社がアジア人のニーズ、つまり鼻を高くする顎をシャープに造形作用に重点を置き、開発しました。
クレヴェイルがこれまでのヒアルロン酸製剤と徹底的に違うことは、特殊技術を使って分子の間に物理的に架け橋を与えることで、化学物質の使用を抑えることができたという点です。
化学物質の使用を抑えることに成功したために、アレルギー反応や赤み、痛み、内出血といった副作用やダウンタイムを低減することができました。

化学物質の使用を抑えることに成功したからこそ可能になったのが、クレヴェイルの濃度と密度の高さでもあります。
これまでのヒアルロン酸製剤は、1mlあたり20mg程度のヒアルロン酸しか配合されていませんでした。
それに対し、クレヴェイルは1mlあたり50mgものヒアルロン酸が配合されています。
ヒアルロン酸をできるだけ多く配合するということは硬いヒアルロン酸製剤を作ることに成功したということです。

濃度と密度が高いヒアルロン酸だということは、硬いヒアルロン酸製剤だということです。
それで、クレヴィエルは顔の中でも硬いパーツである鼻や顎の造形に特化したヒアルロン酸製剤となっています。

優れた粘性と弾性が流れる・広がるのを防ぐ

クレヴェイルには、クレヴィエルコントア とクレヴィエルプライムの2種類があります。
鼻に注入する際は、クレヴィエルコントアがファーストチョイスとなる美容クリニック・美容外科・皮膚科が多いでしょう。

その理由の一つは、力の強さと安定性です。
力、つまり形状を維持する力が非常に強いため、流れる・広がるといったヒアルロン酸にありがちなリスクを少しでも軽減することができます。
シャープな輪郭を出していく上で、ヒアルロン酸製剤に丸みは必要ないとされています。
丸みを作るためには、解剖学を理解した医師によってデザインされる必要があります。
ヒアルロン酸製剤そのものが丸みを出してしまうと、輪郭形成にとってはデメリットとなるのです。
そこで、丸みや広がり、流れといった特徴が非常に少ないクレヴィエルは、シャープな印象を持たせたいという場合のプチ整形にとても向いています。

まるで「水で濡らして固めた砂」

ヒアルロン酸はこれまで、どんなに粘性・濃度の高いものでも、どうしてもわらび餅のような質感にしかなりませんでした。
わらび餅のような質感というのをイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、高さを出すためにわらび餅を積み重ねても、時間がたつとともに横向きに広がる流れるということは容易に想像できますよね。
これが、ヒアルロン酸注射がこれまで高さを出す治療には向いていないと言われてきた理由です。

顔のシャープな輪郭作りをメインとして注入する場合、クレヴィエルコントアはまさに水で濡らして固めたような砂の質感を持っています。
わらび餅のような質感のヒアルロン酸と水で濡らして固まった砂の質感のヒアルロン酸をイメージすると、当然のことながら水で濡らして固めた砂の方が、形状を維持する力が強いことが分かります。

このように、クレヴェイルはこれまでとはテクスチャーが全く異なるヒアルロン酸成分なので、形状を維持する力が非常に高く広がる・流れるスピードを抑え、理想の形をキープする上でのファーストチョイスとなるでしょう。

クレヴェイルは吸水率が低い

クレヴェイルは、他のヒアルロン酸製剤と比べると吸水率がかなり低くなっています。
ヒアルロン酸は保水力が高い成分ではありますが、クレヴェイルは吸水率を下げることによって、体の中の代謝によって成分に水分が取り込まれて形が崩れてしまうことを防いでくれます。
吸水率を下げることによって、広がる・流れることを防ぎ、シャープな輪郭を出す上で非常に役に立ちます。
さらに注入してから2週間くらい経つと、水で濡らして固めた砂のような質感がより強くなり、固くしっかりとしたシェイプをキープすることができます。

ヒアルロン酸分解酵素「ヒアルロニダーゼ」に強い

クレヴィエルが従来のヒアルロン酸と異なる理由の一つは、ヒアルロン酸分解酵素であるヒアルロニダーゼに非常に強いということです。
ヒアルロン酸注射のメリットの一つは、形や仕上がりが気に入らない場合、ヒアルロン酸の溶かす成分によって治療をなかったことにできるという点です。
失敗しても取り返しがつくというのがメリットですが、クレヴィエルコントアを分解する際には、実はこのヒアルロニダーゼを通常の2倍近く投与しなければならないとされています。
ヒアルロン酸分解酵素通常のヒアルロン酸製剤を使用した時よりも多く使用しなければ元の形に戻せないということは、反対に言うと形が崩れにくく身体の中に吸収されにくいヒアルロン酸であるということです。

このような点からもわかるように、クレヴェイルはあくまでもヒアルロン酸なので、全く形が変わらない・広がらないというわけにはいかないものですが、従来のヒアルロン酸製剤と比較すると、広がる・流れるスピードが非常に遅く、理想の形や仕上がりをキープすることができるというわけです。

ヒアルロン酸が流れてしまう理由

では、クレヴェイルをはじめとしたヒアルロン酸が広がる・流れる原因とは何なのでしょうか?
まずは、ヒアルロン酸という成分の特徴から見る広がる・流れる原因について、考えてみましょう。

注入する部位による流れ方の違い

実は、ヒアルロン酸成分が流れる・広がるというリスクは、注入する部位によっても異なってきます。
形の持続性が注入部位によって異なるため、どれほどの頻度でタッチアップ、つまり再注入をしなければならないかということも異なってくるんです。

表情筋の動きが少ない部分は広がりにくい

では、顔の中でもどのパーツにクレヴェイルを打つと、広がる・流れるスピードが遅いのでしょうか?
クレヴィエルをはじめとしたヒアルロン酸が広がる・流れるスピードと深い関係があるのは、表情筋の動きの大きさです。

表情筋の動きが大きくなればなるほど、形の持続性は下がりやすくなる、つまりヒアルロン酸の成分が広がる・流れるスピードが速くなります。
体の中に何が吸収されていくヒアルロン酸ですが、涙袋や鼻といった表情筋の動きが少ない顔のパーツでは、注入直後に体の中に一気に吸収される事はあるものの、その先は吸収されにくいという特徴があります。
鼻クレヴィエル治療では、途中で追加注射を行うこともありますが、従来のヒアルロン酸と比較すると長い持続性、形の維持力が確認されています。
それで、長持ちするクレヴェイルを使って治療すれば、治療にかかるトータルの費用を減らすことができます。

クレヴィエルコントアとプライムの違い

クレヴィエルには、クレヴェイルコントアとクレヴェイルプライムの2種類があります。
これらは、濃度が異なる2つのクレヴィエルですが、クレヴィエルコントアは鼻と顎専用のヒアルロン酸製剤であり、プライムよりも濃度が高くなっています。
反対に、クレヴィエルプライムは濃度をやや下げたヒアルロン酸注射であり、涙袋やこめかみなどにも適用できるのが特徴です。

ヒアルロン酸注射において大切なのは、顔のパーツにあったヒアルロン酸製剤を使うことです。
クレヴィエルコントアとプライムを比較した場合、濃度が高いコントアの方が、形の維持力が強いという特徴があります。
しかし、これは固いヒアルロン酸製剤なので、あくまでも鼻とあごなど顔の固いパーツにのみ使用できます。

クレヴェイルの注入後、流れないようにするには?

形の維持力が非常に高いクレヴィエルですが、注入した後に出来るだけ成分が流れたり広がったりしないようにしたい!と思うものですよね。
実は、ヒアルロン酸成分が流れるということは、にじんで広がるという現象です。

この現象は、注入後の最初の二週間で起こりやすいと言われています。
それぞれ皮膚の下の開いているスペースに向かってヒアルロン酸分子が広がっていくため、流れているように見え、だんだんと安定してくるんです。
注入したヒアルロン酸を安定させるためには、注入した部位に力を加えないようにすること、そして適切なタイミングで再注入することが大切です。

クレヴィエルが広がるかに関する口コミでの評価

ではここで、体験談や口コミから見るレベルの広がる・流れるといったリスクの評判について見てみましょう。

これまでのヒアルロン酸と全然違う!

クレヴィエルが広がる・流れるといった項目で口コミや体験談を見ていくと、これまでのヒアルロン酸とはかなりの違いを感じている方が多いことがわかります。
特に鼻の形成で高い効果を感じている方が多く、注入直後は成分が少し広がった感じがしたけれど、その後は吸収されにくく、長い持続性に満足しているという方がほとんどです。
「平らな顔を立体的にボリュームアップできたから、印象がガラッと変わり大満足!」という口コミも見受けられます。

また、形を維持する力が高いからこそ、通う回数が少なくて済み、従来のヒアルロン酸よりやや相場が高いクレフィールでも、トータルの治療料金は安く済んだと感じている方もいるようです。

クレヴィエルは手軽で形も崩れにくいおすすめのフィラー

いかがだったでしょうか?
クレヴィエルは、あくまでもヒアルロン酸の一種なので、全く広がらない流れない特別な成分ではありません。
しかし、濃度が高く吸水力が低いため従来のヒアルロン酸と比べると広がる・流れるといったリスクが少なく、理想的な形を維持しやすいヒアルロン酸製剤であるということわかりました。

従来のヒアルロン酸製剤とは異なり、水で濡らして固めた砂のようなしっかりとした質感を持っているので形が崩れにくく、鼻に入れたヒアルロン酸が広がってアバターのような顔になってしまう失敗が非常に少ないと言えるでしょう。
広がりにくく効果の持続期間も長いため、一見高く見える値段でも治療にかかるトータルの金額は安く済んだ!という方も少なくありません。

クレヴェイルは、手軽に試せるプチ整形でありながら、形も崩れにくいおすすめのヒアルロン酸です。
せっかくヒアルロン酸を使うなら長持ちさせたい!これまでのヒアルロン酸成分で満足できなかった!という方も、使用を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.