「キレイになりたい」を叶えるメディア

クレヴィエルの持ちはいつまで?吸収されるまでの持続時間を解説

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

年齢とともに目立つあごのライン、ほうれい線、ゴルゴ線、気になりますよね!
手術後の腫れや赤みなどの副作用が少なく持続時間も長い!と話題のヒアルロン酸クレヴィエルですが、吸収されるまでの持続時間はどれくらいなのでしょうか?結論から言うと、個人差はありますがクレヴェイルの持続期間は通常のヒアルロン酸よりも長い12ヶ月から15ヶ月くらいだと言われています。

ヒアルロン酸である以上いずれは体内に吸収されてしまうので、永久に効果が持続するというものはありませんが、少しでも持続期間が長いクレヴェイルを使えば皮膚科や美容クリニックに通う頻度を減らすことができ、負担が軽減できます。

クレヴェイルの効果の持続期間や他のヒアルロン酸製剤との比較、クレヴェイルの体内への吸収を緩やかにし効果を長持ちさせる方法について知れば、手軽に、そして効率よく顔のコンプレックスが解消できるので、あなたの人生はさらに明るい方向に変化していくでしょう!
プチ整形を取り入れることで、顔のコンプレックスを解消し自分にぐんと自信が持てるようになったこの私が保証するのですから、間違いありません!

クレヴェイルの持ち・持続時間はどれくらい?

品川美容外科のクレヴィエル口コミ体験談

顎のラインがぼんやりしてきた、鼻が低くてEラインが整っていない、おでこやこめかみのシワが気になる、涙袋をふっくらさせたい…そんな自分の顔に関係したコンプレックスを抱えている方は、多いですよね!
自分の顔に自信が持てないと自分自身が嫌いになってしまったり、異性にも積極的になれません。
そんな顔のコンプレックスを気軽に解消できるのがいわゆるプチ整形、中でも、フィラーの一種であるヒアルロン酸クレヴィエルは、持続時間が長いことや副作用が少ないことで知られており、取り入れている美容クリニックや美容外科が増加しています。
繰り返しになりますが、クレヴェイルの効果が持続すると言われている期間は、メーカーによると12ヶ月から15ヶ月程度です。

個人差はありますが、体感でも半年から一年は効果が持続しているという方が多く、1回の治療で効果が長持ちするため、治療の費用も結局安く済んだという嬉しい声もあります。
クレヴェイルは特に、あごや鼻の形成に特化したこれまでとは異なるヒアルロン酸注入材として、人気を集めています。
ここでは、クレヴェイルの成分的な特徴や、体内に吸収される上でどのように他のヒアルロン酸と異なるのか?ということについて、説明していきます。

クレヴェイルは高濃度・高密度ヒアルロン酸

非常に多くのヒアルロン酸製剤がある中でも、クレヴィエルは最も濃度と密度が高いヒアルロン酸です。
濃度が高いということは、弾性が粘性が高いということにつながります。
つまり、注入することによって形を形成するという治療に、非常に向いているヒアルロン酸なんです。
鼻の根元から鼻の背部にかけて鼻筋をすっと通す鼻の形成や、後退してしまったあごの先に注入してキレイに形を整えていく専用のヒアルロン酸製剤として、韓国の化粧品会社が開発しました。

これまで高濃度とされていたヒアルロン酸製剤を鼻や顎などの体の硬い部分に注入すると、時間が経過するとともに体の中に吸収されてしまったり、成分が横に流れてしまうことで逆に鼻が低く見えてしまうといったデメリットがありました。
つまり、形を維持する能力にかなり限界があったというわけです。
その点、クレヴェイルはしっかりと形を維持することができるだけではなく、効果の持続期間そのものが長いことも特徴です。
副作用や腫れを最小限に抑えつつ、持続時間が長いヒアルロン酸が注入できるのが人気の秘密となっているんです。

ヒアルロン酸分解酵素「ヒアルロニダーゼ」に強い!

濃度と密度が非常に高いヒアルロン酸成分クレヴェイルは、なぜ持続期間をそれほど長くすることができるのでしょうか?
その秘密は、ヒアルロン酸分解酵素のヒアルロニダーゼと関係があります。
ヒアルロン酸は本来体の中にある成分なので、どんなに濃度が高く密度の高いヒアルロン酸を体の中に注入したとしても、時間が経つにつれて、徐々に必ず体の中に吸収されていきます。
しかし、これは必ずしもデメリットとは言えません。

体の中に吸収されていくということは、体内が注入成分を異物と判断していないということでもあるからです。
それで、腫れや内出血痛みなどのつらい症状が続くダウンタイムや失敗のリスクが非常に少ない治療とされています。
密度と濃度が高いため、従来のヒアルロン酸成分と比べると体の中に吸収されるスピードが遅くなります。

それに加えてクレヴィエルは、私たちの体の中に含まれているヒアルロン酸分解酵素「ヒアルロニダーゼ」に強いという特徴があるんです。
この特徴によって体の中に吸収されるスピードが落ち、クレヴィエルの持ちが長くなります。
1回の治療で12ヶ月から15ヶ月程度も効果が持続するのは、このためです。

適切な量を注入しやすいから持続期間が長い

クレヴィエルの持続期間が長いとされている他の理由は、適切な量を注入できるということにあります。
ヒアルロン酸クレヴェイルは、得意な技術によって分子の間に物理的な架け橋を与えることで、化学物質の使用を抑えることに成功しました。
それで、注入後の腫れや赤みといった副作用が大幅に軽減されています。

注入時や注入後の腫れを想定して実際に効果が出るほど注入してもらえなかったり、注入しても薬剤が横に広がってしまっていた従来のヒアルロン酸とは異なりクレヴェイル腫れが少ないため、適切な注入量を入れることが可能です。
様々なリスクを軽減しながらも、理想の仕上がりを期待するために十分な量は何ccなのか?を見極めて注入できます。
必要な量が十分に注入されることで、見た目的な効果も長持ちするというわけです。

他のヒアルロン酸注射や施術との比較

ヒアルロン酸製剤を注射すると、施術後すぐに効果が実感できます。
しかし、体の中に徐々に成分が吸収されていたため、効果は少しずつ見えづらくなっていきます。
ヒアルロン酸製剤の種類やメーカー、ヒアルロン酸を注入する場所によっても持続期間は異なるものですが、平均すると半年程度と考えるとよいでしょう。
では、鼻や顎のコンプレックスが気軽に解消できるプチ整形の他のメニューとクレヴェイルでは、持ちや持続期間はどれくらい異なるのでしょうか?

自由自在に形を作れる「糸を使った隆鼻術」

糸を使った隆鼻術も、メスを入れずに鼻の形を整えたい!切らずに鼻を高く見せたい!という方に人気の治療法です。
ダウンタイムが短いことや、切らずにすむといった気軽さがウケ、取り組んでいる方が増えています。
この糸を使った隆鼻術は、専用の特殊な糸を使うことで、鼻の形を自由自在に形成できます。

1箇所の挿入口から専用の糸を挿入し鼻の皮下組織を引っ張ることで、鼻先をぐんと高くすることができます。
1回の施術で8本から12本程度挿入することで、お好みに合わせた高さを出していくことができるんですよ。
この糸は体の中に徐々に溶けていくため、半年で70%ほどに効果が減少します。
持続効果は個人差がありますが、半年から一年と言われています。

この糸を使った隆鼻術、ダウンタイムが短く副作用が少ないことや切らずに鼻の形を変えられるという点で、クレヴィエル注射と非常に似ていますよね!
しかし、この糸を使った隆鼻術の効果は半年から一年程度です。
一年以上の効果をメーカーが保証しているクレヴィエルと比べると、少し効果の持続期間が短いように感じます。

立体的な顔立ちを目指す「プロテーゼを使った隆鼻術」

オーダーメイドで作ったプロテーゼを使った隆鼻術によって自然な仕上がりを目指すという方法も、鼻を形成するプチ整形のひとつです。
プロテーゼは、シリコンでできている人間の軟骨のような感触の物質で、鼻の形に合わせて丁寧にデザインすることでナチュラルな仕上がりが期待できます。
手術の後、数日で骨と骨膜間に固定されるため、一度整えると効果はずっと続きます。
ただ、このプロテーゼを使った治療は手術が必要になり、もちろんダウンタイムもそれに伴います。

腫れは1~2週間程度続くこともあり、麻酔も必要なので、体への負担はクレヴィエルと比較するとかなり大きくなるでしょう。
手術跡が分かりにくいとはいえ、まったく跡が残らないというわけではないため、クレヴィエルと比較するには少し種類の違う治療のように感じます。

注入部位によって持続時間は異なる?

クレヴェイルの持ちや体内に吸収されるスピードは、注入する部位によっても異なるのでしょうか?
結論から言うと、注入する部位によってヒアルロン酸製剤の持続期間は異なります。
そして、ヒアルロン酸注射効果を少しでも長く持続させたいという場合には、注入する部位にあった種類のヒアルロン酸製剤を選ぶことが大切になります。
ヒアルロン酸は、性質や粒子の大きさによって、異なる様々な種類があるからです。

粒子が大きくなれば持続期間は長くなる傾向にありますが、目の下といった皮膚の薄い部分には注入できないといった特徴もあります。
部位によって異なる特徴を見極め、ヒアルロン酸製剤をきちんと使い分けることによって、フィラーの持続期間をより長くすることができます。

クレヴェイルは鼻と顎に向いている

特に、クレヴィエルが適している部位は鼻や顎です。
従来のヒアルロン酸を使うと体の中の水分が吸収され鼻の幅が太くなってしまうというデメリットがありましたが、クレヴェイルを使えば高さだけを出すことが可能になりました。
また、従来のヒアルロン酸より硬いクレヴィエルなら、短い顎やラインがぼんやりとした顎がお悩みの方も、自然にシュッとしたラインの顎を手に入れることができます。
クレヴィエルは濃度が高く硬めのヒアルロン酸製剤なので、鼻や顎のように顔の中でも硬めの部位に入れることで、より自然な仕上がりになるという特徴を持っています。

代謝が良いパーツだと吸収が早い

ヒアルロン酸が体の中に吸収されるスピードと代謝には、大きな関係があります。
代謝が良く血液が多く流れている顔のパーツであれば、必然的に体内に吸収されるスピードが早まります。
例えば、鼻は顔の中でも毛細血管が集中しているパーツなので比較的ヒアルロン酸製剤が吸収されやすく、持続期間が短い傾向にあります。

注入量が多い部位は効果も長持ち

さらに、注入部位により持続期間に違いが出る理由の一つは、比較的注入量を多くできるパーツとそうでないパーツがあるからです。
目の周りなどの皮膚の薄い部分に注入する場合には、クレヴィエルをはじめとしたヒアルロン酸の注入量は、比較的少なくなります。
それで、ほんの少し体の中に吸収されただけで見た目にはかなりの量が減少し、効果が薄れたように感じてしまうことがあるんです。

クレヴィエルコントアとプライムでの違い

クレヴィエルには、クレヴィエルコントアとプライムの2種類があります。
これら2つの薬剤は濃度が異なる種類で、コントアは1mlあたり50mg、プライムは1mlあたり33mgのヒアルロン酸が配合されています。
クレヴェイルコントアは、鼻・アゴ専用のヒアルロン酸製剤であるのに対し、クレヴィエルプライムは、額・こめかみ・ほうれい線など細かいパーツのボリュームアップにも適しているのが特徴です。

コントアとプライムは違うパーツに向いている

濃度と密度がどちらも高いとはいえ、クレヴェイルコントアの方が濃度が高いヒアルロン酸製剤なので、体の中に吸収されるスピードが遅く持続期間が長持ちするのではないか?と思うかもしれません。
結論から言うと、これらの二つの製剤では効果の持続期間にそれほど違いはないでしょう。
というのも、これら2つのヒアルロン酸製剤は、同じパーツに使うわけではないからです。

先ほども少し触れましたが、ヒアルロン酸製剤は注入する部位に合わせてぴったりのヒアルロン酸製剤を選んで注入していくことは、治療成功の秘密です。
鼻や顎に向いているヒアルロン酸もあれば、ほうれい線や額、こめかみ、涙袋などのボリュームアップに向いているヒアルロン酸濃度もあるというわけです。

クレヴェイルコントアは、高濃度かつ高密度にすることで、硬いパーツである鼻や顎に向いています。
注入するパーツに合わせた濃度のヒアルロン酸を注入することが、効果の持続期間を長くすることにもつながるため、クレヴィエルコントアとプライムでは効果の持続期間にほとんど違いは生じないと考えてよいでしょう。
しかし、全く同じパーツにコントアとプライムを注入した場合には、もちろん濃度の高いコントアの方が持ちが良く、持続期間が長くなるでしょう。

繰り返し打つことで長持ちするのか?

クレヴェイルをはじめとしたヒアルロン酸注射を繰り返し打つことで、効果が長持ちするようになった吸収されるスピードが遅くなったという方がいますが、実際のところどうなのでしょうか?

吸収された分だけ足せば効果は長持ち

クレヴェイルは個人差があるとはいえ、1年前後で、効果が少しずつ見えにくくなります。
施術をした後から体の中に少しずつ吸収されていくため、1年以内には追加でクレヴィエルを注射するというケースが多いようです。

2回目以降の施術では、体の中に吸収された分だけを補うように足すことになるため、前回の施術と比べると注入量や料金を抑えることができます。
2回目以降の治療では、1ccあたりの料金を下げている美容クリニックもあるほどです。
体の中に吸収された分だけを補うということになるため、注入量と効果の持続期間という意味で考えると、繰り返し注入することで、クレヴィエルの効果持続期間は長くなると言えるでしょう。

体質によるクレヴィエル持続時間の違い

クレヴィエル

クレヴェイルをはじめとするヒアルロン酸の持続期間には、個人差があります。
これには体質が大きく関係しているとされていますが、具体的にどのような要素が関係しているのでしょうか?

代謝が異なれば吸収スピードも異なる

一つ目の要素は、代謝です。
代謝のスピードは、人によって異なります。
代謝がすごくいう方もいれば、血流が悪く代謝も悪いという方もいますよね!
ヒアルロン酸は代謝によって体の中に吸収されて持ちが悪くなるわけですから、代謝の良い人は体の中にクレヴィエルが吸収されてしまうスピードも早まると言えます。

骨格によっても持続期間が異なる

個人の骨格の違いによっても、クレヴェイルの効果持続期間は異なるものです。
例えば、たるみがない骨格のためのほうれい線にクレヴィエルを使用する場合には、少し時間がたつと効果が見えにくくなる場合があります。
しかし、たるみによってほうれい線が出てしまったという場合には、少量でも十分な効果が得られることが期待できるというわけです。
コンプレックスができている原因や骨格によって、クレヴィエルの持続期間は異なると結論できます。

医師とのカウンセリングで効果の見込みを

同じヒアルロン酸成分を注入したとしても、人によって効果の持続期間は全く異なるため、カウンセリングの段階で医師とよく相談することが大切です。
ヒアルロン酸注入を行うことで、どの程度の効果が期待でき、繰り返し治療することが必要なのかどうか?などをきちんと説明できる医師を選ぶことが長持ちさせるクレヴィエル治療の注意点です。
いつまでも続くという治療法ではないとはいえ、症例数が多く解剖学を理解している美容外科医に相談することで、痛いと感じることを減らせるだけでなく、効果の持続期間見込みなど、おおよその判断が可能です。

クレヴェイルの持続時間を長くする方法

クレヴェイルの効果は、半年以上続きます。
メーカー保証では、一年以上効果が持続するとされていますが、自分にできることがあれば、やはりできるだけ効果を長持ちさせたいと思うものですよね!
クレヴェイルがヒアルロン酸の中で相場価格が非常に高いというわけではなくても、治療にかかる値段を抑えながら綺麗でいたいと思うのは自然なことです。
クレヴィエルの持ちをできるだけ延ばし、体内に吸収されるスピードを抑えるためにできることがいくつかあります。

ヒアルロン酸を押しつぶさないように注意

クレヴィエル注射をした後、押しつぶさないようにすることは鉄則です。
強い力で触らないこと、うつ伏せで寝たりしないことが必要になります。
治療を受けてからある程度期間が経った後でも、サロンなどでフェイシャルのトリートメントなどを受ける時には、ヒアルロン酸を注入していることを伝えましょう。
クレヴィエルを注入した場所をマッサージしすぎる、潰しすぎると効果の持ちが非常に悪くなってしまいます。

適切なタッチアップを行う

クレヴェイル治療を行う上で適切なタッチアップ、つまり再注入を行うことも効果を長持ちさせるポイントとなります。
必要な方には、2週間に1回のタッチアップを行っているというヒアルロン酸製剤もありますが、クレヴィエルの場合は半年に1度ほどメンテナンスを行えばかなりの持ちが期待できるでしょう。
体の中に吸収されてしまった分だけを補う形でタッチアップをすれば、治療にかかる金額を抑えていくことも可能です。

また、ヒアルロン酸粒子の可能性は非常に悪くなっている1回目の注入後にはより効果的な状態で、クレヴィエルの成分を安定させることができます。
1回目の注射をした時に周囲に広がりつつ再生組織を巻き込むようにヒアルロン酸は体内に安定します。
ヒアルロン酸が動きにくくなった状態で再注入をすることで、治療価格を抑えつつ、持続期間を長くすることができるということです。

クレヴィエルの持ちに関する口コミをご紹介

ではここで、口コミの持ちに関係した体験談や口コミでの評価・評判を見ていきましょう!

徐々に効果は落ちていく

以前にも別のヒアルロン酸製剤を試したことがあったというこちらの女性は、急に効果が落ちていくというよりは少しずつ吸収されていくという感覚があったようです。
従来のヒアルロン酸製剤のように、急に目に見えて体の中にヒアルロン酸が吸収されてしまうという感覚がなく、時間とともに徐々に効果が薄れる感覚だそう。
「ある日突然効果が下がってしまうかもといった不安がなくなったことで、気持ち的に楽になりました!仕上がりも大満足です!」と口コミを残しています。

安全で持続時間の長いクレヴィエルはプチ整形にぴったり

いかがだったでしょうか?
クレヴェイルは、副作用やダウンタイムが少なく、リスクの低いプチ整形の一つです。
効果が持続するとされている期間は、メーカーによると12ヶ月から15ヶ月程度ですが、半年から1年に1度のタッチアップ、つまり再注入をすることで効果をより高めることができます。
注入する部位やタッチアップの頻度によっても、クレヴィエルの効果持続期間、持ちは異なってきます。

体の代謝の良さや骨格によってもクレヴィエルの後や吸収されるスピードには個人差があるため、どのくらいの注入量でどれほどの効果が期待できるのか?おおよそで判断できる医師とよく相談しながら治療を進めていくことが、クレヴィエル治療を成功させる秘訣ですよ!
クレヴェイルは、他のヒアルロン酸製剤や糸を使った隆鼻術などと比較してもリスクが低く、効果の持続期間が非常に長い治療と言えるでしょう。
シワや顎、鼻のラインなどで悩んでいる方にぴったりの治療と言えるため、自分に自信を持ちたい!顔のコンプレックスをなくしてモテるようになりたい!という方は、ぜひクレヴェイルの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.