「キレイになりたい」を叶えるメディア

エラボトとは?エラボトで顎スッキリ?効き目・効果やメリットについて

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

すっきりとしない大きな顔、気になりますよね。
顎周辺のラインをすっきりとさせたい!頬のフェイスラインを整えたい!という方に近年人気のプチ整形施術の一つが、エラボトックス、通常エラボトです。

手軽に小顔が手に入る!顔のラインがすっきりする!と聞くと、とにかく試してみたいと思うものですが、大切な顔に関係したプチ整形において、事前に正しい知識を取り入れてることはとても大切です。

この記事を読めば、次のような疑問やお悩みを解決することができます。

・そもそもエラボトとは何なのか?
・具体的にどんな効果が期待できるのか?
・どのようなメカニズムで働くのか?
・顔痩せ以外にもどのようなメリットがあり、なぜ医療の世界でも使われているのか?
・エラボトが効きやすい人とそうでない人
・エラボトックスの種類や量
・医師やクリニックによって異なるエラボトの効果
・エラボトとの効果が出るまでにかかる時間と持続期間

正しい知識をベースに治療を進め、きれいな顎のライン・小顔を手に入れて周りとの差をつけましょう!
少しでも美しくなれば、前向きな人生が手に入ること間違いなしです!
プチ整形に力を入れたことで、人生が180度ガラッと変わった私がお約束しますよ!

エラボトックスとはどのような薬剤?

他の人と比べると顔が大きい…すっきりとしたフェイスラインを手に入れて、小顔になりたい!そんな悩みを抱えている方は、男性・女性ともに少なくありません。

手軽で安全で小顔にも効く!となると、とにかく手を出したいと思ってしまいますが、やみくもにトライする前にまずは正しい知識を取り入れ、効き目が本当にあるのか?自分に合った効果が期待できる治療なのか?ということを考えておきましょう。

どのような成分で、どのようなメカニズムで働くのか?どのような用途で使用されているのか?などという点について正しく知れば、安心して自分に合った治療を受けることができますよ!

エラボトとはボツリヌストキシン注射のこと

エラボト

エラボトとは、ボツリヌストキシン注射のことです。
エラボトを使ったプチ小顔術は、このボツリヌストキシンという成分を注入することでエラの張りを改善し、すっきりとした小顔に導いてくれます。

このボツリヌストキシンとはたんぱく質の一種で、毒性が高い成分として知られているボツリヌス菌が作り出す筋肉の働きを抑える成分を真似て、安全に人間の身体にも使えるよう改良を重ね、作り出されました

このタンパク質は、筋肉の収縮、つまり伸びたり縮んだりする働きを弱めてくれます。
それで、体の中の特定の筋肉の働きを抑えたいという場合に向いています。
大きくなりすぎてしまった筋肉の働きを抑えることで、筋肉のボリュームダウンを狙うというわけです。

エラボトックスが持つ具体的な効き目・効果

エラの咬筋を薄くして顔やせ効果

エラボト

エラボトックス注射は、エラの部分の筋肉が過剰に発達して顔が大きく見えている場合に非常に効果的です。

エラの部分には、咬筋と呼ばれる筋肉があります。
顔が大きい・フェイスラインがすっきりしないと感じている場合、実は原因が骨格やお肉のつきすぎではなくこの筋肉の過剰な発達であるというケースが考えられます。
この咬筋とは食べ物を噛む時に必要な筋肉なのですが、この筋肉を日頃から使いすぎることによって筋肉が過剰に発達し、エラが張っているように見える、結果として顔全体がボリュームアップして見えるというわけです。

顔が大きく見えている原因がこのエラの筋肉の異常な発達によるものであれば、エラボトを注射すれば、筋肉の働きを弱めることができます。
筋肉とは、動かなくなれば自然と筋肉は痩せ細っていくものなので、筋肉の厚みが薄くなって、エラの張りがシュッと改善されます。

咬筋の厚みは真正面から見たときのベースラインの大きさにかなり大きく影響しているため、咬筋の厚みが薄くなると、かなりすっきりとした小顔効果が期待できるというわけです。

効果は、3週間から1ヶ月頃かけて徐々に現れ自然な仕上がりになるため、周囲にあからさまにプチ整形をしたことを知られたくないという方にも、もってこいです。

ベース顔をスッキリしたフェイスラインに

エラボトとは、ベース顔をスッキリさせるためにも向いている治療方法です。
エラの部分の筋肉の過剰発達を緩和させる効果が期待できるため、フェイスラインをすっきりとさせたい方やベース顔で悩んでいるという方にピッタリでしょう。

ベース顔は四角っぽい顔のことですが、このベース顔のせいで男性っぽく見られてしまう、周囲と比べると華奢な印象が弱いと悩んでいる女性は少なくありません。
特定の筋肉を緩ませて厚みを減らすことで顔のバランスが整い、フェイスラインが女性らしく、そして全体のボリュームダウンにもつながる効果があります。

ボツリヌストキシンを使った治療は、一回の注入でも、ある程度の効果を感じることができます。
効果をさらに高めたい!効き目を感じたい!という場合には、数ヶ月ごとに繰り返して注入しましょう。
一回の注入で十分だという方もいるため、個人差に合わせながら自分が納得できるタイミングでストップできますよ。

エラの疲れや顎関節症の症状の改善

なんといっても、今はストレス社会。
歯をぎゅっと食いしばる癖や寝ている時についつい歯ぎしりしてしまうという方は、多いのではないでしょうか?
食いしばり癖や歯ぎしりがひどいと、朝起きた時や1日の終わりに、エラや顎が疲れていると感じます。
ひどい場合には、顎関節症などにかかってしまう場合もあるんです。

そこで、エラボトの効き目を生かして、噛む筋肉の一つである咬筋を弱めることが有効です。
食いしばる力が強制的に抑えられることで、エラや顎の疲れが改善される、顎関節症の症状を楽にする効果が期待できます。

エラボトとは筋肉に直接働きかける薬剤なので、筋肉の動きをしっかりと抑える止めるためにも、十分な量のボトックスを注入することが大切です。

エラボトックスがとにかく人気の理由

エラボトックスとは、効き目や効果が高いおすすめのプチ整形ですが、その他にもどのような人気の理由があるのでしょうか?

効果がないケースはほとんどない

筋肉の量や厚み・幅には、個人差があります。
エラボトとは筋肉に働きかける注射なので、当然ながら骨格や脂肪の量を変えることはできません。
筋肉の量や厚み・幅に個人差があるということは、筋肉の全体量、つまり体積にも個人差があるということです。

ですから、エラボトの効き目や効果の出方には個人差が大きいんです。
しかし、咬筋には誰もが持っているものなので、厚みやボリュームに個人差があるとはいえ、筋肉を薄くすれば多少なりとも小顔効果を出すことができますよ。

エラに筋肉さえあれば確実に筋肉を薄くして小顔効果が期待できるため、効果が全く実感できないというケースはほとんどありません。
この確実な効果の出方、効き目の高さがエラボトックスが人気の理由です。

徐々に小顔になれる自然な効果

どんなに顔の大きさがコンプレックスとはいえ、何かしたと周囲にすぐバレてしまうのは嫌だ!という方は多いでしょう。
エラボトとは、そんなわがままなあなたのリクエストに応えてくれる薬剤です。
1週間や2週間でぐんとボリュームダウンしてしまえば、周囲の人から気づかれてしまう可能性が高まりますよね。

しかし、エラボトックスなら筋肉の動きを止めてから徐々に筋肉を痩せさせて行くため、1ヶ月から1ヶ月半ほどかけて少しずつ痩せていきます。
ダイエットしたのと同じくらいのスピードで顔痩せすることができるため、周囲にバレにくく、自然に小顔を手に入れることができますよ。

ダウンタイムが短い

エラボトックスは、その自然な効き目や効果の高さはもちろんですが、ダウンタイムの短さも口コミや体験談でも評判!
人気の秘密となっています。

エラボトとは、もちろん手術ではなく、あくまでプチ整形・美容注射です。
注射の後にすぐ予定がある場合や仕事に戻らなければならないという場合にも、腫れや内出血がほとんど目立ちません。

注射ですので内出血のリスクはゼロではありませんが、メイクでカバーできる程度。
腫れもほとんど起きないため、ダウンタイムはほとんどないといってもよく、気軽にトライできる治療と言えるでしょう。

まさにエラボトとは、切らずに小顔になりたいという方もってこいの治療なんです。

5分の注射でとにかく手軽な美容注射

すっきりとした小顔を手に入れたいと考えると、骨を削るような本格的な治療が思い浮かぶかもしれません。
しかし、エラボトとは筋肉の盛り上がりにボトックス成分を注射するだけのシンプルな治療なので、処置自体が5分ほどですぐに終わります。

仕事終わりや用事のついでに美容クリニックに立ち寄り、しっかりと顔痩せ効果を手に入れることができる!そんな夢のような手軽さが人気の秘密・メリットとなっています。

エラボトックスが働きかけるメカニズム

先ほども少しお話ししましたが、エラボトックスに使うボトックスは、ボツリヌストキシンという成分です。
実はボトックスというのは成分の名前ではなく、アメリカのアラガン社が販売している商品の名前です。
そして、このボツリヌストキシンの正体は、ボツリヌス菌が作り出している毒素の一種です。

ボツリヌストキシンは毒素!?

ボツリヌストキシンそのものは、確かに強力な毒素の一種です。
しかし、医療用美容に使われているボトックスはあくまでも天然のタンパク質から作られた毒素を抽出、そして分解・無毒化しているものなので、安心して使うことができます。
医師が適切に使用することで安全に使えるだけでなく、高い効き目が期待できるんです。

エラボトックスの役割とは?

元々、ボトックスは毒素の一種ですので、これには筋肉を麻痺させるという働きがあります。

つまりエラボトックスなど、ボトックスを注射した特定の筋肉はその動きが抑制されます。
もちろん人体には害がありませんが、動きが抑えられることで運動量が減った筋肉は、細く痩せ細っていきます。
咬筋という噛む時に働く筋肉の発達が原因のエラ張りは、このエラボトックス治療によって筋肉を細くするによって改善することができるというわけです。

骨格を変えるよりも効果が出る可能性あり!

これまで、エラ張りを改善しようと思うと骨を削って行うというのがメジャーでした。
しかし、最近ではエラボト注射が主流になってますよね!

その理由には、エラ張りの原因のほとんどが筋肉であるということが挙げられます。
さらに、削ることができる骨の体積と比べると痩せ細らせてボリュームを抑えることが出来る筋肉の体積の方が、圧倒的に多いこともあげられます。

より手軽な治療でありながら、効き目が高いと言えるでしょう。
骨を削ったとしても、その上にある筋肉が大きいままでは見た目に大きな変化は望めないということです。

顔痩せ以外にも使えるボトックス

顎のラインをシュッとさせ、エラの張りを抑えることで、小顔効果・顔痩せ効果が十分に期待できるエラボトックスですが、エラボトとは、実は顔痩せ以外にも活用することができる薬剤なんです。

睡眠の質をアップさせる

睡眠中の行動というのは、自分でコントロールできるものではありません。
起きている時の食いしばりは意識的に少し改善することができても、睡眠時の無意識な歯ぎしりを改善するのは、非常に難しいもの。

エラボトックスを使って噛む力を抑えることにより、歯ぎしりも自然と抑えることができます。
歯ぎしりは、睡眠の質をかなり低下させて睡眠不足になったり、睡眠の時間そのものは確保できているのに、いつまでも疲れが取れない原因になります。

また、歯が削れるといったリスクもあるため、エラボトックスを活用して睡眠の質をアップさせつつ、生活のクオリティの向上を狙いましょう!

肩こりをすっきり解消

しつこい肩こりで悩まされている方は、多いものです。

特に、僧帽筋と呼ばれる背中から肩にかけて広い範囲をカバーしている筋肉が緊張すると首も緊張し、首こりにもつながります。
ひどくなると、辛い肩こりからくる頭痛やめまいで悩まされてしまうでしょう。
歯ぎしりや食いしばり癖がある方は、特にこの症状がひどくなります。

エラボトックス注射を活用して、食いしばりや歯ぎしりを改善する効果が出れば、そのような肩の違和感や肩こり、そこからくる辛い症状の改善も期待できるんです。

ダイエット効果も期待できる!?

エラボトとは、噛む時に必要な筋肉の動きを抑えて小顔効果を狙う治療です。
噛む力が弱くなることがあり、食事の時に噛む全体回数が増加します。

噛む回数を増やすことは、ダイエット効果が高い方法として知られていますよね!
満足感を感じさせるレプチンというホルモンがより多く分泌されるので、食べ過ぎが防げ、ダイエットへの効き目も期待できます。

医療にも使われるすごいボトックスとは?

実は、エラボトとは美容医療に使われるというイメージが強いのですが、医療の世界でも使われているすごいお薬です。
脳梗塞の後遺症や手足の筋肉のつっぱりなどを改善し、日常生活の動作をスムーズに行うという効果が期待できるボツリヌス療法というものがあります。

脳卒中の後遺症として多い運動障害の一つ痙縮という症状に非常に効果的です。

それに加えてボツリヌス療法は、肩や首の張りによる異常な姿勢、重度の脇の多汗症、小児脳性麻痺患者の下肢痙縮に伴う尖足という四つの疾患に対して、厚生労働省から認可を受けており保険も適用される治療なんです。

人によってエラボトの効き目は違う?

エラボトとは、誰にでもある程度効果が期待でき、効き目も目に見えやすい治療方法ではありますが、体質によってエラボトの引き面は違います。
では、どのようなケースでエラボトックスが効きやすく、どのようなケースでは効きにくいのでしょうか?

エラボトックスが効きやすい・効きにくいケース

エラ張りの原因が筋肉なら効きやすい

繰り返しになってしまいますが、エラボトとは筋肉に働きかける治療なので、エラ張りの原因が筋肉であれば、効きやすいと言えるでしょう。

さらに、身体全体の筋肉量が多いという場合や筋肉が発達しやすい体質の方には効き目が見えやすい傾向にあります。

さらに、焼肉やガムなど噛む回数がどうしても増えてしまう必要のある食べ物、せんべいなど固いものを頻繁に食べるという方、スポーツをがっつりしているという方はエラの筋肉が発達しやすいため、エラボトックスの治療の効果が見えやすくなりますよ。

脂肪がつきすぎている場合

顔の大きさが気になるという場合でも、脂肪が原因の場合はエラボトックスによる治療よりも、脂肪溶解注射などの方が向いています。

エラの張りの原因は、いつも脂肪だとは限りません。
痩せ型の体型でも、エラが張っている方というのはいますよね。
事前に医師によるカウンセリングを受けることで、自分のエラの張りの原因が何なのか見極めることができます。

エラボトが効きにくい人の特徴などは以下の記事で詳しく説明しています。ご興味ある方はぜひご覧ください。
⇒ エラボトは効かない?打っても効果なし?効果ない人の特徴を詳しく解説

エラボトックスの種類

エラボトックスには異なるいくつかの種類があり、効き目や効果の出方、持っている特徴がやや異なります。
ここでは、多くの美容クリニックが取り入れているものや体験談や口コミでも評判の良いものなどを、いくつかピックアップしてご紹介します。

ボトックスビスタ

アメリカ・アラガン社製のいわゆる元祖ボトックスがこのボトックスビスタです。
日本国内で唯一厚生労働省が承認している安心の品質。
徹底された品質管理と高い有効性が認められ、効果にムラがないことでも知られています。

リジェノックス

美容大国・お隣の韓国から販売されているのがREGENOXです。
価格が安く効果もある程度期待できることから、コストパフォーマンスに優れているボツリヌストキシンと言えます。

ただ、残念ながら他に比べると不純物が多く含まれている可能性があり、効果にムラが出たり、抗体ができてしまうリスクがやや高いのが特徴です。

ニューロノクス

ニューロノクスは、韓国食品医薬品安全庁の承認を受けたボツリヌストキシン製剤。
米国アラガン社のボツリヌス注射と同じように、米国のウィスコンシン大学の技術を活かして、開発されています。
ジェネリック医薬品なので、リーズナブルな価格が特徴ですよ。

コアトックス

コアトックスも、ニューロノクスと同じように韓国のメディトックス社から販売されているボツリヌストキシン製剤です。
通常の製剤と比べると耐性がつきにくいのが特徴で、繰り返し持続的に注入しても効果が落ちにくいと言われています。

不純物が少ないため、薬物反応などを最小限に抑えて、アレルギー副作用も減らすことに成功しました。

ゼオミン

ゼオミンは、ドイツのメルツ社から販売されているボツリヌストキシン製剤。
不純物を、何とアラガン社のボトックスビスタの1/10まで抑えることができています。
繰り返し使用しても抗体ができにくく、純度が高く安定した薬剤であることが特徴です。

ディスポート

こちらのディスポートは、イギリスのイプセン社から販売されています。
他のボトックス製剤と比べると広がりやすいという特徴を持っているため、エラボトックスの際にはあまり使用されていません。

エラボトックスの注入量

エラボトックスの注入量には、個人差があります。
男性や女性、体格に依存しているというよりは、噛む時に必要な筋肉である咬筋の大きさ体積に合わせて注入量を変化させることで、効きすぎによるリスクを下げつつ、効果を十分に実感できるんです。

尚、エラボトの注入量については以下の記事で詳しく説明しています。ご興味ある方はぜひご覧ください。
⇒ エラボトの注入量は何ccがおすすめ?1ccでも効果あり?詳しく解説

医師やクリニックによって違うエラボトの効果

医師やクリニックの技術や方針によっても、エラボトックスの効果の出方は違います。
エラボトとは、筋肉に直接働きかけ筋肉を痩せ細らせることができる製剤ですが、シャープな顎や小顔効果を狙う時に注入する咬筋は、3層に分かれた大きな筋肉です。

一度に十分な量を注入し、3Dイメージを持ちながら全ての層にバランスよく注入することが、効き目を最大に引き出すポイントと言われています。
全体のイメージを持ちながら立体的に注入できる技術を持った医師の治療を受けることが効果を十分に引き出すために必要不可欠なんです。

エラボトの効果が出るまでの期間と持続

エラボトックスの効果はすでにお伝えした通り、緩やかなものです。
2、3日から1週間かけて効果が安定してきますが、小顔効果が実感できるのは1ヶ月から2ヶ月ほど後です。
注射をしてから4ヶ月間は、筋肉が萎縮し続けると言われています。

効果をより実感したいという場合には、2ヶ月から3ヶ月ごとに3回前後、繰り返し注入していきましょう。

効果抜群のエラボトックスで手軽に小顔を手に入れよう

顎のラインをシュッとさせて顔痩せ効果や小顔効果が期待できるエラボトとは、ボツリヌス時から抽出されたタンパク質の一種で、筋肉を麻痺させることによって筋肉の厚みを薄くすることができます。
それで、筋肉の過剰な発達が原因でエラが気になるという場合の小顔治療にぴったりの成分です。

短いダウンタイムや治療時間の短さ、確実に現れる効果が主なメリットで、その働きは医療の世界でも認められているほどです。
歯ぎしりや顎関節症の辛い症状の改善にも、エラボトックスは役立ちます。

使用するエラボトックスの種類や注入量、医師の技術やクリニックの方針などによって効き目の現れ方や効果の大きさは変化するため、自分の顔の大きさの原因が本当にエラの筋肉なのかどうかを見極めつつ、治療を進めていくことが大切です。

顔の大きさがすっきりするだけで、写真が好きになったり、人前に立つ時に自信が持てるようになりますよ!
とにかく顔の大きさが気になる!手軽にダイエットした時のような小顔効果を手に入れたい!という方は、まず美容クリニックでカウンセリングなどを受けてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.