「キレイになりたい」を叶えるメディア

エラボト【アラガン社製】の特徴・効果・違い・持続期間・副作用など

MIYUKI
WRITER
 
エラボト
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

エラボトボトックスを打ちたいけれど、ボトックスには種類がたくさんあってわからない、アラガン社のボトックスはやっぱり効果が高いの?どうしてアラガン社のボトックスは有名なの?など、ボトックスを打ちたいけれど、「どこの製品がいいのかよくわからない」という方も多いのではないでしょうか?

「ボトックス」とは、アラガン社の商品名です。正式には、「ボトックスビスタ」という商品です。
そのため、他社製品はボトックスではなく、ボツリヌス注射という言葉を使用したりしています。

つまり、他社製品はアラガン社の後続製品ということになります。
もちろん、後続製品の質が落ちるというわけではありませんが、ボトックスと言えばアラガン社という人が多いのも事実です。

安心・安全性が保証されていて安心して打てるボツリヌス注射です!

実際に私もアラガン社のエラボトックスを打ったことがあり、クリニックでそれぞれの商品の違いを聞いてきましたので、自信を持ってアラガン社のボトックスについて説明します!

この記事では、

・アラガン社製品の特徴や効果
・他社製品との違い
・持続期間や副作用

などをご紹介していきます。

興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

アラガン社のボトックスビスタ

そもそも「ボトックス」とはアメリカのアラガン社が出した「ボトックスビスタ」から来ている言葉です。

つまり、ボトックスが世の中に出たときは、ボトックスと言えばアラガン社だったのです。

ボトックスビスタの特徴

エラボト

まず、ボトックスビスタは唯一、厚生労働省から認可が出ているボツリヌストキシン注射です。

他にも、米国FDAや保険適応としている国もあるくらいですから安全性は保証されてます。
そして、認可されているということは、安全性の他にも、効果もあるということです。

ボツリヌス注射の中には、効果がないものもあれば、質が悪く、健康に害を及ぼすものもあるので要注意です。

ボトックスビスタは抗体はできる?

エラボト

ボツリヌス注射は抗体ができ、効果が出にくくなることがあります。
もちろん、これはアラガン社の製品にも言えることです。

抗体を作らないようにするためには、前回の注射よりも3ヶ月以上あけること。

さらに、少量を何回も打つよりも、1回で適量の注射を打ったほうが抗体はできにくいと言われています。

ただし、これはクリニックによっても見解が違いますので、エラボトックスの注射を打つ際には、いくつかクリニックや美容皮膚科を回ることをおすすめします。

先生の話を聞いていると、だんだんと信頼できる先生を見分けることができるようになります。

アラガン社製品と他社製品の違いって?

エラボト

アラガン社製品と他社製品の違いですが、まず、質が違います。

例えて言うなら、先発の薬とジェネリックのようなもので、もちろんジェネリック薬品も効果がありますが、先発の薬の方が、安全性が高く、効果が高いことが多いです。

ただし、口コミなどで、いろいろな会社の製品を使ったことがある人の口コミを見ると、そこまで効果は変わらないということも拝見しますので、大きく効果が変わることはないと思って問題ないでしょう。

さらに違うのは、金額です。
上記でジェネリックの例を出しましたが、料金もジェネリックの方が安いですよね。

アラガン社の商品は、韓国製の商品などに較べると、金額は倍以上違うこともあります。

なぜこんなに違うかと言えば、上記でお伝えしたように、国から認められている分、安全性と効果が確保されていることにあるでしょう。

他社の製品はジェネリックといえども、国から認められているわけではありません。(もしかしたら、国によっては認められている商品もあるかもしれません。)

さらに、ボトックスと言えばアラガン社ということで、ある種の「ブランド化」のようなこともあるでしょう。

安全に確実に効果を出したい!という方は、アラガン社のボトックスビスタがおすすめですよ。

また、ボトックスビスタは日本円で取引されているため、為替によって金額が変わることもありません。

ボトックスビスタのジェネリック

エラボト

ボトックスビスタのジェネリックの位置付けにあるのが、韓国製のニューロノックスです。
ニューロノックスはクリニックのキャンペーン商品として使用されていることもあるくらい、ボトックスビスタに比べると、金額が安いです。

ボトックスビスタは1回2万円とすると、ニューロノックスはキャンペーンで1万円前後であることが多いようです。

そのほかにも、韓国製のリジェノックスという製品もあり、REGENOXも安くて人気の製品です。

ボトックスビスタの持続期間は?

ボトックスビスタの継続期間は、およそ半年です。
4ヶ月以降から徐々に元に戻っていくようなイメージです。
これはどのボツリヌス注射も、期間は変わりません。

また、1回打てば一生効果が持ち続けるわけでもありません。

口コミの中には、継続的にずっと打ち続けていたら、注射をしなくてもずっと効果が持続している旨記載していることもあるのですが、これはかなり稀なケースでしょう。

もっと言えば、このケースは医師でも科学的な説明がつかないと思います。

ボトックスは永久に効果が持続する施術ではありません。

アラガン社の製品に副作用はある?

何事もそうですが、薬には100%副作用がない製品はありません。
風邪をひいて、医者に行ってもらう薬にも、必ず副作用について記載があります。

副作用は、その製品によっても違いますし、人によっても違います。

アラガン社の製品にももちろん副作用のリスクはありますが、全員がそうなるわけではありません。
何事にもメリット・デメリットがあります。

ボトックスはもともと副作用が少なく、危険性も低いということで人気になったプチ整形です。注意事項をしっかり守っていれば、大きな副作用を発症することは少ないでしょう。

アラガン社の副作用とは?

エラボト

主な副作用には、頭痛、眼の異常感、眉毛下垂、眼瞼下垂、注射部位の痛み、炎症、赤み、かゆみ、腫れ、出血などがあります。

医師から注意点について話があると思いますから、しっかり守るようにしましょう。

そのほかに多く聞かれることとしては、エラにボトックスを打った際に、物が噛みづらくなる方が多いです。

これはボトックスによって筋肉が鈍くなり、今まで使用していた筋肉ではない筋肉も使うことで起こります。だいたい1週間〜2週間で慣れます。

眉毛下垂、眼瞼下垂は、適量を超えての量を注入しているケースが多くあります。ボトックスの効果は永久ではありませんから、この症状が出ても半月から1ヶ月ほどで元に戻るケースが多いようです。

こういった症状が出たら、次回ボトックスを打つときは、注入量を医師に調整してもらうようにしてくださいね。

ボトックスの失敗例

アラガン社の商品に関わらず、ボトックスは注入量がとても重要で、筋肉の状態によっても、皮膚の状態によっても注入量が変わります。

注入量を見分けるには、医師の経験がとても重要です。これはいくら患者側が注意を払ったとしても、医師の失敗であれば、避けることはできません。
クリニックや皮膚科選びは慎重に行いましょう。

後ほど、クリニックの選び方をご紹介します。

ボトックスの失敗例としてよくあるのは、表情がなくなることです。
ボトックスは筋肉を鈍らせる効果がありますから、例えばエラや口角あたりに注射を打った場合、口角が思ったように上がっていなかったり、左右で口角の上がり方が違う、何てことも失敗例の1つです。

また、上記でご説明した副作用にあるように、眉毛やまぶたが下がってしまうこともあります。

例えば、おでこに適量よりも多い量の注射を打った場合、まぶたにまで影響を与えてしまい、まぶたが下がってしまった例もあります。

ボトックスを打った後は、1週間くらいはマッサージをしたり入浴や運動は避けるようにしましょう。

ボトックスは熱に弱く、体を温めたりすると効果が半減してしまうことが
あります。また、マッサージすることにより、ボトックスが流れ、思ったように効果が出ないこともあります。

エラボトックスに失敗したらどうしたらいいの?

エラボト

エラボトックスは永久に続く施術ではありませんので、数ヶ月経てば元に戻ります。しかし、そうとは言え「今すぐなんとかしたい!」と思う方がほとんどだと思います。

エラボトックスに失敗してしまったら、医師に相談しましょう。クリニックによっては、強いマッサージや暖めて散らす、などの対応をとる医師も多いですが、多くの場合、そういった施術をしても、すぐに元通りになることはありません。

失敗をする前に、医師を選び、信頼できるクリニックを探すようにしましょう。

クリニック選びにできるだけ失敗しない方法

クリニック選びにできるだけ失敗しない方法は、できるだけ多くのクリニックや美容皮膚科をまわることです。

そして、しっかり医師に質問すること。

また、医師の経験値を知るには、口コミや体験談がとても有効です。
口コミサイトはもちろんですが、ホームページなどをチェックして、クリニックのブログがあったらブログをチェックしたりすると、薬剤の管理方法が掲載してあったり、看護師や医師のコメントが掲載してあったりするので、雰囲気もしっかりチェックできます。

ボトックスは管理方法が重要!

ボツリヌス注射は管理方法がとても重要です。

なぜなら、ボツリヌス菌は熱に弱く、適当に放置していると効果が出ません。
とは言え、クリニック側でどんな管理をしているかチェックするのは難しいですよね。

そのため、効果が出た、という口コミがあるクリニックであれば、しっかり管理している証拠ですから、やはり口コミをチェックするのはとても重要です。

実際に口コミをチェックしてみよう!

実際にボトックスを打った人の口コミや体験談をチェックしてみましょう。

・アラガン社のボトックスビスタを打ちました。韓国製と迷ったのですが、初めてだったので信頼できる製品がいいと思い、ボトックスビスタを選びました。エラ張りが気になり、ボトックスを打ってから1ヶ月経ちますが、フェイスラインがシャープになったと思います。

・安い韓国製か、高いアメリカ製か迷いましたが、2回目から変更できるし、と思い、まずはアラガン社のボトックスビスタを打ちました。医師も信頼できる製品とおっしゃっていたので、安心して打つことができました。ただ高いので、2回目は韓国製にしようかと思っています。
・顎にボトックスを打ちました。ボトックスビスタを1ccを2本です。量は製品によって違うみたいですし、クリニックによっては水の量を多くして、多く注入しているように薄めているところもあるみたいなので要注意です。
・顔痩せのために頬に60単位を注入。ボトックスは何単位入っているかが重要のようで、ccだと信用できないことがあるようなので、しっかり単位で医師に施術してもらいました。やっぱりクリニックって重要です。
・おでこにボトックス打ちましたが、まぶたが下がってきてショックです。自分の目は気に入っていたので、もうおでこに注射するのはやめます。いろいろとマッサージをしたりしましたが、全然戻りません。
・注入量を間違うと失敗することが多いようなので、しっかり医師に確認しました。起こりうるリスクを知り、評判のいいクリニックを選ぶことが重要ですね。
・咬筋にエラボトックスを打ちました。筋肉注射のような感じで、美容注射というよりはインフルエンザの注射を打っている感覚でした。特に今のところ副作用はありませんが、注射したところが小さくアザになっています。ファンデーションで隠すことができるレベルです。
・小顔になりたくてエラボトックスを打ったら、物を噛みづらくなりました。1週間くらいで慣れましたが、ダイエットにもなっている気がします。

まとめ

アラガン社のボトックスビスタは、先発の製品で、日本で唯一、厚生労働省に認められている製品です。安全で信頼性も高く、安心して施術することができる製品です。
ただし、最近出ている韓国製の安い製品に比べると、やはり金額は高く、倍以上の金額となります。

また、先発品で信頼できるとはいえ、副作用はつきものです。まぶたが下がったり、頭痛やものが噛みづらくなることもありますが、ボトックスは永久に効果が持続する製品ではありませんから、数週間から数ヶ月で元に戻ることがほとんどです。

金額は高くても、安心してエラボトックスを打ちたい、初心者の方などに、アラガン社のボトックスビスタはおすすめです。

尚、エラボト【リジェノックス】についてご興味あられる方はこちらをご覧ください。
エラボト【リジェノックス】の特徴・効果・違い・持続期間・副作用など

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.