「キレイになりたい」を叶えるメディア

エラボトと年齢について|効果的なのは何歳ごろ?おすすめしない年齢は?

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

何歳だろうと、自分の顔にコンプレックスを抱えているという方は多いもの。
特にフェイスラインを整えたい!小顔になりたい!顎をシュッとさせたい!といったお悩みは、男性・女性を問わず非常に身近ですよね。

多くの美容クリニックや美容外科・皮膚科などで取り入れられており、簡単に顔痩せできる!小顔になれる!と話題のプチ整形の1つはエラボトックスですが、どのような年齢の方に特におすすめの治療なのでしょうか?
結論から言うと、この年齢層の人に最も効果が出るという年齢、実は存在しません。
未成年や子供、高校生、大学生であっても親の許可があれば、エラボトックスを使用すること自体は可能です。
ただ、10代や20代といった若い世代の方がエラボトックスを使用する場合の注意点と30代や40代といったいわゆる中年世代の方がエラボトックスを使用する場合の注意点、50代・60代の方が使用する場合の副作用やリスクは、もちろん異なってきます。

エラボトックスを使用するのは何歳の時が最も効果的という明確な数字はないものの、年齢によって現れる効果や副作用のリスク・ダウンタイムの長さなどが異なるため、美容クリニックなどが公開している実際の症例や失敗例などを参考にしながら、自分にはボツリヌストキシン使用したエラ張り治療が向いているのかどうか?検討することが重要です。

自分に向いている治療を見極めることができれば、顔の大きさやエラ張りなどのコンプレックスを効果的に解消することができ自分に自信が持てるようになるため、より明るく人生を送ることができますよ!
私も元々はエラの張りがひどく、いわゆる非モテ女子でしたが、プチ整形をはじめとする美容に力を入れるようになってからは持てるようになり、今はとっても前向きな人生を送っています。

今回この記事では、年齢ごとの効果の違いや知っておきたい注意点、打つ量やエラボトックスの種類について、【エラボトと年齢】をテーマに、様々な点を詳しくご紹介していきます。
何歳になったらエラボトックスを試せば良いのかわからない、プチ整形の施術にトライしたことはないけれど、ボトックス注射には興味がある!美容注射で気軽に顔痩せしたい!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

エラボトックスがおすすめできるかは年齢よりも悩みの原因

痛みや腫れが少ないこと、治療時間が5分から10分とかなり短くて済むこと、そして何よりメスを入れなくてもよいという手軽さがウケ、若者からアラフォー、さらに上の年齢層の方にも、男性・女性を問わず支持されている治療です。
しかし、エラボトックスがおすすめできるかどうか、効果的かどうかを決めるポイントは、主に何歳かということよりも、お顔の悩み原因がどこにあるかです。
なぜそう言えるのでしょうか?
その秘密はボトックス注射、つまりボツリヌストキシンを使ったプチ整形がどのようにエラ張りに働きかけ、顎や頬の筋肉をスッキリとさせるのか?というところにあります。

エラボトックスは筋肉に働きかけるプチ整形

エラボトックス注射は、5分ほどで治療が完了する簡単なプチ整形です。
顔の大きさが気になるというコンプレックスを抱えている場合、年齢に関係なくエラの張りが原因となっていることがあります。

一般的に顔のエラと言われる部分は顎の角張った部分のことですが、骨とその上にある咬筋と呼ばれる筋肉で作られています。
骨を削る大掛かりな手術をすればもちろん簡単にフェイスラインがシュッとするのですが、その手術はリスクも高く不自然な仕上がりになる危険性もあることから、トライする気になれないという方も多いと思います。
年齢を問わずそんな方にピッタリなのが、ボツリヌストキシンといわれる成分を、物を噛むために必要な筋肉に注射するだけのエラボトックスです。

咬筋の動きを抑えることでこの筋肉が萎縮するため、エラが小さくなり小顔に見えるようになるというわけです。
ホルモンに働きかける治療や肌の保水力を変化させる治療であれば年齢によって効果の出方は大きく異なってくるのですが、筋肉の働きを抑えるというメカニズムの治療であるため、エラボトがおすすめの年齢層を一つに限定することは難しいのです。

エラボトックスの働きを簡単に例えてみましょう。
筋肉モリモリの人が事故や病気で寝たきりになって、数ヶ月筋肉を使わずベッドの上にずっと寝ているとやせ細っていきますよね!
これと同じように、筋肉を無理やり使わせないことで、筋肉が自然とやせ細っていくんです。
咬筋の厚みによってフェイスラインの大きさに影響を与えている場合は、未成年だろうとアラサー・アラフォー・アラフィフだろうと、効果的な美容治療となります。

エラボトの注意点についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ エラボトの注意点|注射・施術後・当日の注意事項やダウンタイムについて

年齢ごとに異なるエラボトで知っておきたいこと

10代・20代

高校生や大学生・未成年を含むこの年齢層は、周囲と自分の見た目を比較することも多く、とにかく小顔になりたいという人も多いと思います。
では、エラボトックス注射を検討する上でどんなことを知っておくと良いのでしょうか?

薬剤の使用に関しては問題なし

ボトックスは、保険診療において2歳以上の子供にも適用される薬剤です。
それで、薬剤の使用そのものについては10代や20代であっても基本的に問題ないでしょう。
ただ未成年の場合、ほとんどのクリニックで親権者の承認が必要になります。

噛み合わせに影響を与える可能性も

基本的に、エラボトックスの治療は二十歳以上あたりから始めることが勧められています。
しかし、特に決まりがあるというわけではないため10代の方に使用しても問題はなく、それぞれの医師の判断に任されているのが現状です。

ただ、エラボトックスは物を噛む筋肉の働きを薬剤によって無理矢理を弱くするという治療です。
筋肉の働きが弱くなることにより、その筋肉と関係のある骨への負担が軽減します。
噛み合わせと関係のある筋肉の働きを弱くするということは、上顎と下顎にも影響が出るということです。

この上顎と下顎は歯の噛み合わせに大きく関係しているため、成長段階における未成年にボトックス注射をすると、噛み合わせに将来的に影響を与える可能性があります。
それで、まだ歯並びが十分に整っていないという場合や体の大きさそのものが成長段階であるという場合には、噛み合わせの問題が生じる可能性があるため注意が必要です。

食いしばりの癖があるなら効果大

エラボトックスは、実は歯ぎしりや食いしばり癖がある方にも効果的な治療です。
朝起きると、エラが疲れているという方は意外と多いもの。
ストレスの多い10代・20代の方は、そんな悩みを抱えている方が少なくありません。
食いしばりの癖がある方なら、効果が大きく目に見えやすいでしょう。

妊娠の可能性に要注意

エラボトックス治療は妊娠中の場合もしくは3ヶ月以内に妊娠の可能性があるという場合には使用できません。
プチ整形の中でも、非常に主流になったエラボトックスは、妊娠中に気付かずにボトックスを打ってしまうという可能性があります。
授乳中の方も処置ができないだけではなく、エラボトックスを使用した後女性の場合は治療後2ヶ月間、男性の場合は治療後3ヶ月間の避妊が必要です。
近いうちに子供が欲しいと思っている方や妊娠の可能性がある場合には、よく注意しましょう。

エラボトの妊娠前・妊娠希望の女性への影響や副作用についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ エラボトは妊娠前・妊娠希望の女性は危険?影響や副作用を詳しく解説

30代・40代

リーズナブルで効果を実感しやすくおすすめ

30代・40代の方はある程度収入が安定してきている世代とはいえ、家庭を持っている方が多く、自分のコンプレックスを解消するためだけに何十万円もお金が出せないという方も少なくないでしょう。
そんな30代・40代の方にも、エラボトックス注射はおすすめです。
1回あたりの治療費用が比較的安く済むだけではなく、繰り返し治療を受けることで効果の期間も延ばすことができますので、経済的ですよ!

日常生活にすぐ戻ることができる

アラサー・アラフォーの方にもエラボトックスがおすすめの理由は、施術後の腫れや内出血などの副作用が少なく、ダウンタイムが非常に短いことです。
翌日でも仕事や家事に支障がなく、メイクでカバーできる範囲の内出血で抑えることができます。

50代・60代

クレヴィエル

ボトックス注射は若返り注射

50代・60代という年齢層に入ると、若い頃には気にしなかったような顔のコンプレックスが気になり始めますよね。
エラボトックス注射をすると、顔のたるみがひどくなる・こけると思っている方も多いのですが、実際には老けて見える原因である表情じわをなくしたり、毛穴を縮めることでお肌にハリを取り戻す若返り作用も期待できる薬なんです。
あくまでもボトックスは老化させる薬ではなく若返り効果が高い薬剤なので、50代・60代の方でも、お悩みの原因とボトックス注射の効果がマッチさえしていれば、問題なく使用できますよ。

ダイエットでたるみやすい方は要注意

インターネットの口コミや体験談の評価などを見て、ボトックスを打つと顔がたるんでしまうのでは?と心配されている方も多いのですが、これはすべてのケースで当てはまるというわけではありません。
エラボトックスで減らす筋肉は物を噛むための筋肉なので、顔を支える筋肉がすべて弱くなって、たるみが悪化するということはありえません。

しかし、顔全体のボリュームを減らす治療になるため、ダイエットしたり少し体重が減ると顔がこけやすい、たるみが気になるという体質の方であれば、ボトックス注射を使った後にたるみを感じやすくなることは十分に考えられます。

特に年齢を重ねるにつれて、少しでも痩せると顔がたるんでしまう!という方は、いらっしゃいます。
そんな場合は、エラボトックスと同時進行でたるみによる治療を並行するのがおすすめです。
皮膚の引き締まりのスピードをアップさせ、エラボトックスによって顔のボリュームダウンしたことが原因のたるみを改善させることができます。

人気のエラボトックス剤とおすすめの年齢

エラボトックス注射と一口で言っても、薬剤にはよく知られているイプセン社のディスポートやボトックスビスタ以外にも、さまざまな異なる種類があります。
持っている特徴も異なるため、ここでは多くの美容クリニックで使用されているエラボト剤とおすすめの年齢層をご紹介していきます。

REGENOX

リジェノックスは、美容大国である韓国製のボツリヌストキシンです。
効果もある程度期待でき価格が非常に安いことから、コストパフォーマンスに優れていることが評判ですが、効果にややムラがあり他の薬剤と比べると不純物が多いため、副作用のリスクがやや高くなります。
それで、コスパ良くできるだけ安く済ませたいという若い年齢層の方には向いていますが、とにかくできるだけ安全な効果を期待したい!という年齢層の方には向いていません。

アラガン社・ボツリヌス注射

アラガンエラボト

米国アラガン社のボツリヌストキシンは、日本の厚生労働省とアメリカ食品医薬局の承認を受けた薬剤です。
アメリカのウィスコンシン大学の技術をもとに開発されています。
安全性が高く最も多い使用実績があるため、ややお値段は張りますが信頼のおけるブランドなので、予算には余裕がある、とにかく安全で評判の良いものが良いという年齢層の方に向いています。

コアトックス

韓国製のボツリヌストキシン製剤です。
耐性がつきにくく、繰り返し注入しても効果が落ちにくいことやアレルギー反応のリスクが少ないことでも知られています。
お値段は、アラガン社ボツリヌストキシンよりも安く安全性も高いため、バランスに優れた薬剤として、全ての年齢層の方におすすめです。

ニューロノクス

アラガン社ボツリヌス注射のジェネリック医薬品として登場したニューロノックスは、安全性が高く信頼のおけるクオリティでありながらリーズナブルな料金で使用できます。
予算を抑えたいという若い年齢層の方から、安全性重視の年齢層の方まで、すべての年齢層におすすめできます。

年齢に関係なく自分の悩みにあったプチ整形を

エラボトはホルモンや体の保水力などに働きかける治療ではなく、筋肉に直接注射をすることで効果が期待できる治療なので、特定の年齢におすすめ!というものではありませんが、たるみやこけてしまう心配は、年齢による筋肉や皮膚の収縮スピードによって異なります。
未成年の方は、噛み合わせに対する影響なども考えながら、治療を進めていく必要があります。

インターネットの体験談や口コミで失敗例を見たからといって、自分にも必ずそれが当てはまるとは限りません。
年齢にかかわらず、お悩みの原因とボトックス注射の働きがマッチしていれば、安全に十分効果が期待できる治療です。

顔のコンプレックスをなくして自分に自身をつけたい方は、まずエラボトックス症例数の多い美容クリニックなどで、一度相談してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.