「キレイになりたい」を叶えるメディア

クレヴィエルを鼻先に入れる効果とは?おすすめの量は何cc?

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

クレヴィエルを鼻先に注入するフィラー施術を受ける人が増えています。
女性と男性ともに日本人は平均的に鼻が低く、鼻先の形も丸いのが特徴です。

鏡で自分の顔を見た時に、鼻の高さや鼻先の形が気になったことはありませんか?
クレヴィエルは鼻のプチ整形に効果的なヒアルロン酸で、注射によって鼻先に入れるだけで手軽に顔の印象を変化させられると話題を呼んでいます。
では、クレヴィエルを鼻先に入れると具体的にどのような効果が得られるのでしょうか?
鼻先のプチ整形をするためにおすすめのクレヴィエルの量などの情報も知っておきたいものです。

結論から言ってしまえば、おすすめの量である0.1~0.2ccのクレヴィエルを入れるとツンとした形になって鼻が高くなったり、鼻先が下に向くことによって小顔効果にも期待が持てます。
クレヴィエルを鼻先に入れると顔が整うだけでなく、悩みが解消されて表情まで明るく美しくなりますよ。
間延びした顔がコンプレックスだった私も、名医のもとで鼻先にクレヴィエルを入れて印象変化させてから自分の顔に自信が持てるようになったのですから間違いありません。

今回は、以下の3点について詳しくご紹介していきたいと思います。

〇クレヴィエルを鼻先に入れる効果とは?
〇クレヴィエルはどのような鼻先の人に向いている?おすすめの量は何cc?
〇クレヴィエルを鼻先に入れる際に気をつける点とは?

クレヴィエルを鼻先に入れるとどうなるの?と気になっている方は、こちらの記事に目を通していただくと参考になると思います。
実際に美容クリニックで鼻先にクレヴィエルを注入する時に役立つ情報や注意点なども合わせて解説していきますので、最後までぜひご覧になってくださいね。

クレヴィエルを鼻先に入れる効果やおすすめの量について

クレヴィエルを鼻先に入れる効果とは?

顔の中心に位置する鼻は顔全体のバランスに大きく関わっていますがとくに重要なのが”鼻先”です。
鼻先の高さや形によって、美人かどうかが決まると言っても過言ではありません。
理想の高さや形に近付けたいと思っても、メイクなどの工夫では限界がありなかなか難しいものです。
鼻専用のヒアルロン酸として誕生したクレヴィエルを入れて、効果的に鼻先を理想のイメージに近付けられたら嬉しいですよね。

鼻先にクレヴィエルを注入すると主に2つの効果が期待出来ます。

・鼻先が細くツンと高くなることによる隆鼻効果
・鼻先が下へ向くことによる小顔効果

クレヴィエルを鼻先に入れると高さがしっかりと出て形も綺麗に整い、憧れの美人顔を手に入れることが可能になるのです。
女性のみならず、男性も凛々しい顔立ちになれるという効果がありますよ。
プロテーゼを入れることに抵抗がある方や、他のヒアルロン酸を注入しても思い通りにならなかった鼻先の方にはクレヴィエルを強くおすすめします。

それではクレヴィエルを鼻先に入れて得られる効果について、一つずつ詳しくご紹介していきたいと思います。

鼻先が細くツンと高くなることによる隆鼻効果

美容の世界では、鼻筋が通った高い鼻のことを隆鼻と呼んでいます。
鼻が低くのっぺりとした顔立ちになってしまうことでお悩みの方は、鼻先にクレヴィエルを少量注射で入れるとシャープな形に整いそれまでになかった高さもしっかりと出てきて隆鼻効果を望めます。

なぜならば、クレヴィエルが高濃度かつ高密度に作られた鼻フィラー専用のヒアルロン酸だからです。
美容成分を注射で注入するフィラー施術は以前から行われていましたが、従来のヒアルロン酸は密度が低くしっかりと形や高さをキープ出来るような硬さがありませんでした。
せっかくヒアルロン酸で整えたとしても時間が経つにつれて注入箇所の周辺に流れてぺちゃんこになってしまい、フィラー施術前に思い描いていたような形や高さを鼻先に出すことが難しかったのです。

ですが他の美容成分と異なり密度や濃度がとても高いクレヴィエルは、注入後に周りに流れたり変形したりせずに一定の箇所に留まるという優れた性質があります。
そのため鼻先に入れても整えやすく、時間が経過しても施術後の仕上がりを維持することが出来るのです。
他のヒアルロン酸を使用しても理想通りの鼻先が作れずがっかりした経験のある方は、高い効果を発揮するクレヴィエルを入れるべきでしょう。
鼻先が細くツンとした形になり、高さもしっかりと出せるようになるとメリハリが生まれてメイクも映えるようになると口コミでも高評価を得ているためおすすめですよ。

さらに、クレヴィエルを鼻先に注入して隆鼻効果が現れると女性なら美人に、男性なら凛々しく見えるようになるといったメリットも存在しています。
鼻先にクレヴィエルを少量入れるだけで一体なぜそのような効果が期待出来るのでしょうか?

一般的に、鼻先から顎先までを結ぶEラインが一直線になっていると美しく見えるとされていますが、鼻先が低い人は唇の方が前に突出してEラインから大きく外れてしまいその結果ぼんやりとした顔立ちになるのです。
クレヴィエルを鼻先に入れると足りない高さが補われるため、唇だけが前に出てしまうようなことが改善されてEラインが自然に揃ってどの角度から見ても綺麗に見えるようになりますよ。
鏡で確認した際に鼻先が低く間延びした印象を受ける方は、注射でクレヴィエルを少量打つと改善が望めますのでおすすめです。

鼻先が下へ向くことによる小顔効果

クレヴィエルを鼻先に入れると小顔効果も得られます。
クレヴィエルを注入すると鼻先が下に向いて、人中が短縮したように感じられるようになるためです。

普段あまり耳馴染みのない人中とはどの部分でしょうか?
人中は鼻の下の長さ、すなわち鼻から上唇までの溝のことを指し、その距離が短いと顔がキュッと引き締まって見えるとされています。
人中は美容整形で短くすることが可能ですがメスを使用するため一定のリスクが伴い、傷跡が目立たなくなるまでにも数ヶ月単位の時間がかかります。
生活にも支障をきたしてしまうのでは気軽に行うことは難しいですよね。

プチ整形の1種であるクレヴィエルのフィラーは適切な箇所に注入すると鼻先が下へ向くため、上唇までの距離が狭まったように見えてメスを使用して行う人中短縮の美容整形と同じような効果を得られるのです。
注射を打つだけで鼻先が高く立体感のある顔立ちになるだけでなく、向きを整えてすっきりとした印象の小顔になれるのは魅力的ですよね。

また、クレヴィエルを鼻先に入れたいと検討中の方の中には、鼻の穴が目立つことが気になるという悩みを抱えているケースもめずらしくありません。
そのような方の多くは鼻先が上向きで本来よりも目立ってしまっているケースが多いため、鼻先の向きを変えるためにクレヴィエルを入れるべきでしょう。

自然に整えられますよ。
鼻先の形から生じるコンプレックスを解消するのと同時に、バランスの良い小顔を手に入れられるのはクレヴィエルの嬉しい効果と言えますね。

クレヴィエルはどのような鼻先の人に向いている?量は何ccがおすすめ?

鼻先の高さや形を整えられる効果があり、手軽に顔の印象を変化させられるのがクレヴィエルを用いたプチ整形です。
理想の高さや形をデザインしやすい性質を備えたクレヴィエルですが、実は鼻先の硬さによっても向き不向きがあるのです。
では、どのような鼻先の人に向いているのでしょうか?実際にどのくらいの量のクレヴィエルを鼻先に注入した方が良いのかも気になりますよね。

結論から先に言うと鼻先が柔らかい人にクレヴィエルのフィラーは向いていて、局所麻酔を併用する可能性も考慮すると注入量は0.1~0.2ccがおすすめです。
鼻先が硬い人がクレヴィエルを使用すると、イメージしていたデザインにならないケースがあるため入れない方がいいでしょう。
せっかく期待を込めてクレヴィエルのフィラーを受けても、鼻先にうまく馴染まず施術後にさらに修正が必要になったり新たな悩みが増えることになったりしてしまっては意味がありませんよね。

それでは、鼻先が柔らかい人の方がクレヴィエルのプチ整形に向いている理由と、おすすめの注入量についてもう少し詳しくご説明していきたいと思います。

クレヴィエルは鼻先が柔らかい人に向いている

クレヴィエルは副作用の少ない安全性にすぐれた美容成分でどのような人でもプチ整形に使用することが可能ですが、口コミなどの情報では柔らかい鼻先に注入する方が完成度が高くなる傾向にあるようです。

硬い鼻先は皮膚の伸びが少なく注入可能なスペースが限られています。
クレヴィエルは流れにくく形を維持しやすい性質を備えていますが硬い鼻先に注射で入れるとその部分がパンパンになり、皮膚に押されて次第に希望していた箇所から広がってしまうことがあるのです。
基本的には満足度が高いクレヴィエルのプチ整形ですが、鼻先が柔らかい人の方がよりイメージしているデザインを実現しやすいということも把握しておくと安心して施術を受けられそうですね。

鼻先へのクレヴィエルの注入量は0.1~0.2ccがおすすめ!

クレヴィエルで鼻先の形や高さを整えるには0.1~0.2cc程を注射で入れると効果的です。
0.1~0.2ccと聞くと少なく感じてしまい”本当に希望の鼻先をちゃんと作れるの?”と疑問を持つかもしれませんが、注入量を増やし過ぎるとかえって見た目が不自然になることがあります。
欲張らずにカウンセラーと相談して適した量を入れることがクレヴィエルのフィラー施術で綺麗な鼻先を手に入れるためのポイントです。

また、クレヴィエルは他のヒアルロン酸よりも硬度があり注射で入れると強い痛みや異物感が生じるためオプションで麻酔を併用することが一般的です。
使用可能な麻酔の種類はクリニックや施術箇所によって異なります。
鼻先の場合はクリームタイプが使われることが多くなっていますが、もし局所麻酔を打つ場合はクレヴィエルを入れる前に少量の薬液が注入されて通常よりもスペースが少なくなるためその点も考慮して0.1ccから始めて様子を見てみると良さそうです。
鼻先へのクレヴィエルの注入量は0.1~0.2ccがおすすめですが個人差がありますので、施術前に行われるカウンセリング時に医師やカウンセラーからアドバイスをもらいながら決めると失敗がないでしょう。

クレヴィエルを鼻先に入れる際に気をつける点とは?

クレヴィエルを鼻先に入れて綺麗な仕上がりを叶えるためには気をつける点もあります。
具体的には名医のもとでしっかりとカウンセリングを受けた上で施術を行うことが大切だとされています。

鼻の中でも鼻先部分は繊細な技術と知識が必要で、経験の少ない医師では理想通りの鼻先に仕上げることが難しいだけでなく壊死といった思いもよらないトラブルのリスクが上がる可能性があるためです。
クレヴィエルを鼻先に入れるためにはクリニックの口コミや評価に目を通してみたり、鼻先に注入可能かどうかを実績を含めて事前に問い合わせておくと安心です。
施術前に医師やカウンセラーが時間をかけてカウンセリングを行ってくれるクリニックは、やや難しい鼻先への施術において信用出来ると言えますね。

そのほか、こちらの記事ではクレヴェエルの危険性について詳しく書いていますのでぜひチェックしてくださいね。
⇒ 鼻クレヴィエルの失敗例や危険性・デメリットについて徹底解説

クレヴィエルを鼻先に入れる効果やおすすめの量まとめ

クレヴィエルを入れると鼻先がツンと高くシャープになってスッキリとした印象をもたらすことが可能です。
少量入れるだけでも鼻が高くなったり、鼻先が下向きになることによって人中短縮効果が得られて顔のサイズをキュッと小さく見せることも望めるのは魅力的ですよね。
高密度かつ高濃度なクレヴィエルは従来のヒアルロン酸で生じた時間の経過に伴う広がりを抑えられることが特徴で、プチ整形で理想の鼻先をデザインした後も長期間キープすることが可能になっています。

鼻先への注入量は0.1~0.2ccが自然な仕上がりとなりおすすめですが、希望する鼻先の形や高さ、皮膚の柔らかさ等によっても適切な量は異なるため医師やカウンセラーに要望を伝えてアドバイスを受けると安心です。

また、クレヴィエルは鼻専用に開発された美容成分ですが鼻先への注射には技術と知識が必要です。
予期せぬトラブルを防いで綺麗な鼻先を叶えるためにも名医のいるクリニックできちんとカウンセリングを受けてから施術を行うようにしましょう。
事前に各クリニックに問い合わせをしたり、口コミを調べたりすると参考になります。

鼻先の形や低さに悩みを抱えている方はクレヴィエルを入れて長年のコンプレックスを解消し、顔立ちと表情の両面から魅力をアップしていきましょう!

こちらの記事ではクレヴェエルの持続期間について詳しく書いていますのでぜひチェックしてくださいね。
⇒ クレヴィエルの持ちはいつまで?吸収されるまでの持続時間を解説

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.