「キレイになりたい」を叶えるメディア

鼻クレヴィエルの失敗例や危険性・デメリットについて徹底解説

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

シュッと高い鼻にきれいな横顔、憧れますよね。
丸い鼻を高くしたい!鼻先を小さくしたい!など、鼻の大きさやシェイプに関する希望を叶えてくれる人気のプチ整形の一つとして、最近注目が集まっているのがクレヴィエルです。
フィラーの一種であるクレヴィエルは、高濃度で、密度の高いヒアルロン酸であることが大きな特徴です。
効果が高いプチ整形となると、やはり気になってくるのがリスクですが、結論から言って鼻にクレヴィエルを注入するという行為は極めて安全です。

しかし、経験のある医師やクリニックに施術してもらって、初めて安全性と効果の高さを発揮する治療であるということも覚えておきましょう。
危険性や失敗例などについて知ることで、安心して治療を進めることができ、より自分に自信を持つことができます。
自信がつけば、表情にもそれが現れ、異性からモテるようになり、幸せになれます。鼻の形にコンプレックスを抱き、長年非モテ女子として生活した経験のある私が、私が徹底解説します!

鼻クレヴィエルに危険性はあるのか?

鼻クレヴィエルの失敗例

では、鼻にクレヴィエルを打つと、危険性はあるのでしょうか?あるとしたら、なぜそう言われているのでしょうか?

クレヴィエルの特徴をまずはおさらい!

鼻にクレヴィエルを打つ時のデメリットやリスクなどについて考えていく上で、大切なのは、クレヴィエルの特徴を知っておくことです。
クレヴィエルは、隆鼻プチ整形として美容クリニックなどで人気を集めていることは、皆さんご存じでしょう。
インターネットの口コミや体験談でも評判となり、男性・女性ともに試してみようか迷っている!カウンセリングを受けてみようか考えている!という方は、少なくないでしょう。
クレヴィエルに関する特徴を知ることで、一般的に言われている危険性やデメリット本当なのか?それとも、ただの噂なのか?を、見極めやすくなりますよ。

クレヴィエルは高濃度・高密度のヒアルロン酸

鼻クレヴィエルの失敗例

クレヴィエルは、韓国の会社で開発された世界最新のテクノロジーを使用した密度と濃度が非常に高い、ヒアルロン酸のことです。
クレヴィエルは、物理的架け橋を作ることで、高密度を実現しました。
この物理的架け橋というのは、分子と分子の間に橋をかけたような状態の結合です。
物理的な架け橋を与え、最小限の架け橋材を使うことで、高密度のヒアルロン酸を作成することに成功しました。

クレヴィエルは弾性・粘性が強い

鼻クレヴィエルの失敗例

また、クレヴィエルの特徴として、高密度と高濃度であるゆえに、粘性と弾性が非常に強い傾向があります。
それで、顎や鼻などこれまでのヒアルロン酸では、形をキープするのが難しい部位にも向いていると話題になっています。
体の中に、もともとある成分であるヒアルロン酸がメインなので、持続期間は長いものの、体の中に安全に吸収されます。
それで、危険性が少ない鼻のプチ整形として、知られています。

クレヴィエルの危険性は極めて低い

鼻クレヴィエルの失敗例

クレヴィエルの特徴を確認してわかるように、クレヴィエルは、極めて安全な成分であると言えます。
ヒアルロン酸は、体の中にもともとある成分なので、安全性に関しては問題ないと考えられます。

これまでのヒアルロン酸は、安全性が高くても、効果が長続きしないというのが難点でした。
しかし、この高密度・高濃度のクレヴィエルであれば、体の中に吸収される成分として安心して使えるにもかかわらず、濃度が高いからこそ、効果の持続期間が長くなったというメリットを持っています。
従来のヒアルロン酸の効果の持続期間が約6ヶ月とされているのに対し、クレヴィエルの持続期間は、約12ヶ月とされています。

異物反応が出にくいのがクレヴィエルの特徴

クレヴィエルは、ヒアルロン酸の一種です。
元々人間の体を構成する成分であるヒアルロン酸は、体の外側から注射によって注入したとしても、異物反応を起こす可能性が限りなく低いと言えるでしょう。
それが理由で、美容外科や美容皮膚科で使用されているんです。

しかし、人間の体にある成分と同じ成分であるがゆえに、体の中に吸収されてしまうことは、どうにもできません。
つまりクレヴィエルは、危険性はとことん低いが、効果が半永久的に長続きするわけではない美容注射と言えるでしょう。
しかし、他のヒアルロン酸と比較すると、効果の持続期間は、非常に長くなっています。

クレヴィエルを鼻に入れる時の副作用

鼻クレヴィエルの失敗例

クレヴィエルという成分そのものを鼻に注入したとしても、危険性や失敗のリスクは少ないということが、ここまでで分かりました。
しかし、どのようなプチ整形にも、ある程度の副作用が伴うものです。
どんなに名医だと言われる医師から治療を受けたとしても、ダウンタイムや多少の不快感は避けられません。
鼻根を高くしたい!小鼻を小さくしたい!など、鼻尖術を考えている方は、クレヴィエルを鼻に注入する時の副作用についても、覚えておきたいものです。

むくみ・腫れ・内出血

クレヴィエルを鼻注入する際、最も安い副作用が、むくみ・腫れ・内出血の3つです。
むくみや腫れ・内出血は、注入した直後から数日間、人によっては一週間程度続くことがあります。

ヒアルロン酸を鼻に注入するときは、ごく細い針を使用しますが、それでも細い血管を傷つけてしまい、内出血・腫れ・むくみなどの原因になることがあるんです。
クレヴィエル・ヒアルロン酸の成分に体が反応しているわけではなく、注射の針を刺した時の刺激に反応している副作用だと考えることができます。
それで、腫れや内出血・むくみが起きたとしても、それほど心配する必要はなく、時間とともに治っていきます。

体の中に既にある成分とはいえ、何かを体の中に注入していくわけですから、多少の負担がかかってしまうことは、避けられません。
基本的には、一週間以内で改善されるため、時間が経っても全く副作用の症状が改善されないという場合には、失敗の危険性もゼロではありません。
早めに、医師にもう一度相談しましょう。

一般的に、クレヴィエルを注入したその日は、少し突っ張った感じがするという方が多いようです。
時間が経つとともに、気にならなくなり数日で消えてしまいます。
治療後、注射したところ以外すぐにメイクが可能など、身体全体に非常に負担が少なくて、失敗の危険性が低いプチ整形です。
万が一、内出血や腫れが起きた場合でも、翌日からは針を刺した場所にもメイクができるため、コンシーラーなどでカバーできるのがメリットと言えるでしょう。

鼻クレヴィエルのデメリットとは?

鼻クレヴィエルの失敗例

顔のEラインをきれいに見せてくれる、高い鼻が簡単に手に入るクレヴィエル注射ですが、鼻にクレフィールを注入するときに、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

安全だけれど効果の持続期間には疑問が

鼻にクレヴィエルを注入すると、顔にメスを入れずに鼻をすっきり見せることができ、自然なボリュームを与えることができます。
ダウンタイムが短く、失敗する危険性もとても低いため、安心して使うことができます。
デメリットが、非常に少ない治療といっても過言ではありません。
唯一考えられるデメリットと言えば、効果の持続期間でしょう。

繰り返しになりますが、クレヴィエルヒアルロン酸の一種なので、体の中に時間の経過とともに吸収されていきます。
時間が経てば体の中に吸収されてしまうということは、注射をした時の状態のまま、効果が長続きするわけではないということです。

濃度や密度を高め、効果の持続期間が延びたクレヴィエルは、1年程度の効果持続期間がメーカーによって保証されています。
ただし、体感では半年程度で少しずつ理想の形からは離れてきてしまった…というユーザーが多いようです。

しかし、反対に言うと、体の中に少しずつ吸収されるということは、体が異物として判断していないということになるので、その安全性の高さや危険性の低さを証明する物になります。

なお、クレヴィエルの鼻への持続期間についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
クレヴィエルの持続期間はいつまで?持ちについて詳しく解説します

鼻クレヴィエルに失敗例はある?

鼻クレヴィエルの失敗例

ここまでで、かなり安全性の高い成分だということが分かってきたクレヴィエルですが、鼻に注入した時に失敗する危険は、本当にゼロなのでしょうか?
鼻にクレヴィエルを注入した時の失敗例は、報告されているのでしょうか?

海外ではいくつかの失敗例も

幸い日本国内では、クレヴィエル鼻に注入したことによる大きな失敗や危険は、報告されていません。
しかし、海外では日本ではありえないような失敗例が報告されているのも、事実です。
ただ、あくまでも、これらは防ぐことのできる失敗だと言えるでしょう。

クレヴィエルを大量に注入しすぎた

アジアのある国では、患者さんの要求に応えて決められた量をはるかに超えて大量注入したことで、皮膚の表面が壊死してしまったという失敗例が報告されています。
もちろん、規定の量を超えて使用すれば、本来は害のないものでも、危険な成分になってしまう事は、素人でも十分にわかりますよね。

大量にヒアルロン酸であるクレヴィエルが鼻に注入されることで、皮膚の表面が押し上げられ、十分な血流が皮膚に流れなくなってしまうため、皮膚が壊死してしまったようです。
皮膚に十分な血流が回らないと、酸素や栄養も届かなくなります。
この失敗を再建するためには、皮膚の移植しか選択肢がないというかなり悲惨な結果となってしまいました。

幸い日本では、もちろん規定の量を守りつつ、カウンセリングを共に進めていってくれる医師が多いため、心配は無用でしょう。

知識不足が起こす失明の危険?

さらに、非常にリスクの高い副作用、失敗例として、クレヴィエルを注入した医師の経験や知識が不足していたことが原因で失明してしまったというケースが報告されています。
鼻や目の周辺にクレヴィエルを注入した際、目の周りに血液を送り込む太い血管に、誤って注入してしまったことが原因と考えられます。

皮膚のすぐ下には大きな血管が存在しているため、解剖学など十分な医学の知識を持たない医師がクレヴィエルを注入したことで、血管が詰まり、血液の流れが止まってしまい、結果として失明まで引き起こしてしまいました。
十分な知識のある医師によるクレヴィエル注入ではありえないような失敗例ですが、素人や経験・知識のない人がむやみに注入する危険性を物語っています。

自己注入は絶対にNG

鼻クレヴィエルの失敗例

素人や知識経験のない人が、クレヴィエルなどヒアルロン酸の自己注射を行うと、非常に危険です。
きちんとした美容クリニックで医師による注入を受けるのは、コストがかかり過ぎる!と個人輸入でヒアルロン酸を取り寄せて、鼻に注入するという行為が巷でひっそりと流行しているとされています。

自己注射による事故は、様々な悲しい失敗例が報告されていて、危険性がとても高い行為です。
結果として、節約のつもりが高くついてしまったというケースも、少なくありません。

ベテランの経験がある医師でさえ、慎重にカウンセリングを繰り返しながら注入していくクレヴィエルを、素人が何も分からずむやみに注入して、危険でないはずがありません。

鼻クレヴィエルの危険性やデメリットを減らすためにできることとは?

信頼できるクリニック・医師による施術を

鼻クレヴィエルの失敗例

プチ整形や美容外科医師として評判の良い医師や信頼できる医師に、施術を受けることは絶対に大切です。
これは、鼻にクレヴィエルを注入した時のクオリティが変わってくるだけではなく、デメリットや危険性を下げることにも繋がります。

失敗例を見ても分かるように、解剖学など医学に関する基本的な知識のない医師や経験の少ない医師が手術をすると、重大な失敗につながってしまう可能性もあるのです。

マイクロカニューレでさらにリスク減

鼻クレヴィエルの失敗例

また、腫れや内出血、痛みなどの副作用を減らしたいという方は、非常に細く先端が丸くなっているマイクロカニューレという針を使用して、注入するのがおすすめです。
細い血管を傷つける心配が少なく、一度の治療で一度針を刺せば、様々な方向にクレヴィエルの成分を広げることができるため効率がよく、安全性を高めたい方にもってこいです。

安全性が極めて高い鼻クレヴィエル

鼻クレヴィエルの失敗例

ある程度、医学の知識や経験がある医師によって注入してもらえば、クレヴィエルという成分そのものは、安全性が極めて高いヒアルロン酸の一種です。
体の中に本来存在している成分なので、異物反応を起こす可能性もありません。

唯一注意しておきたいのが、クレヴィエルの成分そのものではなく、注入する時に使う針によって、神経や血管を傷つけたり、誤った場所に注入してしまうということです。
カウンセリングに力を入れている美容クリニックやこれまでの実績経験の多い医師に相談することで、そのようなリスクを下げることができます。
安全な成分であるゆえに、効果が半永久的に続くわけではありませんが、手軽に効果的に顔の印象を変えたいという方に、クレヴィエルは、もってこいの治療といえそうです。

なお、鼻クレヴィエルのデメリットについてはこちらでもご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
クレヴィエルを鼻に入れると腫れる?腫れた?ダウンタイムを徹底解説

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.