「キレイになりたい」を叶えるメディア

鼻クレヴィエルの経過を徹底解説します|術後直後~2年後まで

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

鼻を高くしたい女性や男性のプチ整形に効果的なヒアルロン酸が”クレヴィエル”です。
隆鼻術や鼻尖形成術、鼻柱延長術にクレヴィエルは使用することが可能で、女性ならEラインが揃った美人顔に、男性なら凛々しい印象の顔立ちを手に入れられる優れた美容成分になります。
リスクが少なく手軽なプチ整形で、理想の鼻になれたり悩みやコンプレックスが解消出来たりするのならば一度試してみたいと思いますよね。

そこで気になるのがクレヴィエルの経過です。
鼻に注射で入れてからどのくらい経つと馴染み、いつまで効果を感じられるのかなど様々な疑問が浮かんできますよね。
鼻にクレヴィエルを入れると、一体どのような経過を辿るのでしょうか?
予め把握しておくと具体的にイメージすることが出来て不安を抱えずに施術に望めそうですね。

結論から言ってしまえば、クレヴィエルは鼻に入れて一ヵ月経つと自然に馴染み、二年程かけて体内へと吸収されて元の鼻の高さや形に戻ります。
鼻クレヴィエルの経過は他のヒアルロン酸と比較しても良好な上に効果も持続しやすいため、一度注射で注入すると一年程はメリハリのある顔立ちになり周囲の人からも注目されるようになりますよ。

施術後一ヵ月経過した頃に理想の鼻が完成し、一年半もの間モテ顔になれプライベートも充実した私が言うのですから間違いありません。

こちらの記事では、クレヴィエルを用いた鼻フィラーを行う際に気になる以下の内容について徹底解説していきます。

〇鼻クレヴィエルの施術後の経過
〇鼻クレヴィエルの経過をスムーズにするポイント

鼻にクレヴィエルを入れて高くしたいものの、詳しい経過が分からず施術に踏み切れないとお困りの女性や男性に役立つ情報を分かりやすくまとめました!
実際の口コミ体験談やレビューなども含めてご紹介していきますので、これから鼻クレヴィエルの施術を受ける予定がある方もプチ整形前に参考に詳しい経過をご覧ください。

鼻クレヴィエルの経過について

鼻クレヴィエルの施術後の経過とは?

クレヴィエルは鼻根を高くして鼻筋を通す隆鼻術の他に、すっきりとした鼻先と小鼻を作る鼻尖形成術や鼻柱延長術にもおすすめのヒアルロン酸です。
注射で入れるだけのお手軽なフィラー施術で理想の鼻の高さや形が叶い、クレヴィエルを入れた後の鼻の経過も良好なため人気になっています。
口コミ体験談やレビューでおすすめされているクレヴィエルを鼻に入れてEラインが整った美しい顔を手に入れてみたいですよね!

そのために予め知識としてインプットしておきたいのが鼻クレヴィエルの施術後の経過です。
経過を把握しておくことは、施術後に鼻が完成するまでの不安を解消して前向きに過ごすことに繋がります。
持続的にクレヴィエルを入れるプチ整形を受けたい場合も、鼻がどのくらいの期間でどのような状態になるのかを知っている方がゆっくりと時間をかけて予定を立てられそうですよね。

結論から言うとクレヴィエルのフィラーは鼻に入れてから1週間前後は腫れや内出血などが起こるものの、1ヵ月を迎える頃には理想の高さや形が完成し半年程はそのまま良い状態が持続することが一般的です。
そこから少しずつクレヴィエルは体内へ吸収されていきますが長ければ1年半は隆鼻効果を体感可能で、2年後には注入した量は全てなくなり元の状態に戻るのが鼻クレヴィエルの大まかな経過になります。

それでは鼻クレヴィエルの経過について具体的な日数なども含めながら分かりやすくご説明していきます。

施術直後の経過から見ていきましょう。

施術直後の経過

クレヴィエルを入れた直後は目立った腫れはほとんど起こりません。
ですが綺麗に完成する1カ月後の仕上がりを見越してクレヴィエルをほんのわずか多めに入れて過矯正をするため、施術後に鏡で確認してみると思っていたよりも鼻根が太く高くなっていたり、鼻先や鼻柱が目立つような印象を受けたりすることが多いです。
不自然さはそれほどなく、普段よりもやや浮腫んでいると感じるレベルのものです。

他には鼻にやや赤みが出るのも施術直後の特徴です。
さらにカウンセリング時のイメージに近付くように医師がバランスを見ながら数箇所に分けて注射をしていくため、鼻のプチ整形でポイントとなる鼻根や鼻先をよく見るとポツポツとした針の跡が生じます。
針の跡は残りますが、数時間程経過すると鼻の赤みは自然と消えて目立たなくなっていきますよ。

翌日~1週間後の経過

翌日からは注射箇所の鼻根や鼻先にかけて腫れや内出血が起こるケースが多いです。
クレヴィエルは安全性が高く従来のヒアルロン酸と比較して副作用が少ないことで有名ですが、体質や医師の技術などによっても差が出るため施術後から2、3日は腫れが生じると考えておくと良いでしょう。
鼻の腫れは1週間で落ち着いて気にならなくなりますよ。

内出血は完全に消失するまでに少し時間がかかる場合がありますが、鼻クレヴィエルはすぐにメイクOKとなっているためコンシーラーで隠すことが可能です。翌日内出血が起きた時からカバーが出来るのは安心ですよね。
施術直後からみられた針の跡は翌日も毛穴のような状態で残っていますが2、3日経過するとほとんど分からなくなりますよ。
鼻クレヴィエルのフィラーを受けた方の口コミやレビューでも、1週間後には鼻の状態が落ち着いたという声が多く見受けられました。

1ヵ月後の経過

1ヵ月経過する頃には過矯正のために多めに入れられていた分のクレヴィエルが体内へと吸収され、施術前にイメージしていた鼻筋が通って小鼻が目立たないシュッとした理想の鼻が完成します。
ナチュラルに鼻が高く見えるため、周囲からは雰囲気が変わって華やかになったという印象を持たれることが多いです。

腫れや浮腫み、内出血などのトラブルも完全に治り馴染んで、とても良い状態に仕上がっているのが一ヵ月後です。

半年から1年後後の経過

施術を受けてから半年経過する頃まではクレヴィエルの効果は変わらず、細かくデザインした鼻の形もしっかりと保てますよ。
そこから徐々にクレヴィエルは体内へと吸収されていくため、1年を経過すると施術直後のような鼻尖形成効果や小鼻のシャープさは徐々になくなっていきます。

ですが、鼻専用ヒアルロン酸として開発されたクレヴィエルは硬さがあるため持ちが良く、1年経っても鼻根や鼻先の部分に残っているため施術前の鼻よりは高く見えるのです。
施術から1ヵ月経過した頃の鼻の仕上がりとは違いますが、横顔を見ると鼻が高くEラインがあることが分かりますよ。

平均して1年3ヵ月~1年半後まで隆鼻効果を実感出来るのは魅力的ですよね。

2年後の経過

2年経過すると注入したクレヴィエルは完全に吸収されて、鼻の高さや形は施術前の状態に戻ります。

通常は2年で体内へ吸収されるクレヴィエルですが、完全にはなくならずに効果が続くケースも稀にあります。

それは被膜形成が行われた場合です。
人の体は異物が侵入すると危険を防ぐために薄い膜のようなものが作られる仕組みになっていますが、クレヴィエルに反応して被膜形成が行われると体内への吸収が阻害されるため2年経過してもそのまま残り効果が持続するのです。
個人差がありますが、何回もクレヴィエルを鼻に入れている人の方が被膜形成が起こる可能性は高くなるとされていますよ。

続けてクレヴィエルを注入して高くしたい場合は、鼻の経過をよく見ながら次の予定を組むことをおすすめします。

鼻クレヴィエルの施術後の経過をスムーズにするには?

施術後に腫れや内出血などが起きた場合にも長引かせずに理想の鼻に仕上げられたら良いですよね。
クレヴィエルの経過をスムーズにするためにはどうしたら良いのでしょうか?
経過を順調にするポイントは以下の2つです。

・名医がいる美容クリニックを利用する
・施術後に鼻に強い力を加えず、優しく冷やす

鼻クレヴィエルが得意なクリニックを選定し、カウンセラーや医師に要望を細かく伝えてイメージを合致させてから施術を行うと経過が良くなりやすいです。
クレヴィエルを入れた直後に鼻に強い力をかけてしまうと予定よりも完成に時間がかかるようになるため気を付けて過ごしましょう。

腫れが気になる場合は鼻を冷やすと良いですよ。

それでは鼻クレヴィエルの経過をスムーズにするためのポイントについて詳しく解説していきたいと思います。

そのほか、こちらの記事ではクレヴェエルの危険性について詳しく書いていますのでぜひチェックしてくださいね。
⇒ 鼻クレヴィエルの失敗例や危険性・デメリットについて徹底解説

名医がいる美容クリニックを利用する

クレヴィエルの鼻フィラーが得意で、経験豊富な名医がいる美容クリニックを選んで施術を受けることが経過をスムーズにするには大切です。
鼻のプチ整形は繊細な技術と知識が求められるパーツのため、クレヴィエルを鼻に入れて整えることに慣れていない医師のもとで行うと腫れが引くまでに平均よりも時間がかかってしまったり内出血などのトラブルが生じる可能性が高くなります。
ホームページやレビューに目を通して優秀な名医がいるかどうかを見極めてから足を運ぶのが良さそうです。

他にも、施術前に必須となっているカウンセリングでは医師やカウンセラーに細かな要望を伝えることが可能ですが、名医がいる美容クリニックでは希望の鼻の高さや形が実現出来るように適切なアドバイスを受けられるというメリットもあります。
豊富な症例をもとにきちんと合う鼻クレヴィエルの打ち方や量を提案してもらえるのは心強いですよね。
結果的に経過も良くなり、納得のいく鼻を手に入れられますよ。

施術後に鼻に強い力を加えず、優しく冷やす

鼻クレヴィエルの経過をスムーズにするには、施術後に力を加えないことも重要です。
とくに過矯正されている注射直後は鼻の高さや形にやや不安を覚えて手で触りがちですが、まだ安定しない段階で強い力を加えたりマッサージをしたりすると炎症が起こりやすくなりますので注意してください。
理想の鼻をいち早く実現するためにも強い力で触らないように意識することをおすすめします。

また、施術当日から鼻を冷やしておくと腫れや浮腫み、内出血などの治りが少しだけ早くなり効果的ですよ。
クレヴィエルを鼻に入れた後のアフターケアとして行ってくれる美容クリニックもありますが、帰宅後にも保冷剤をタオルで包んで軽く鼻にあてて冷やしましょう。注射後の違和感や鈍痛も軽減されてすっきりとした気持ちになれますよ。
すでに鼻に腫れや内出血が見られる場合にも、優しく冷やした方が引きやすくなるためおすすめです。
鼻クレヴィエル後のスムーズな経過を促したい方はぜひ試してみてくださいね。

鼻クレヴィエルの経過まとめ

クレヴィエル

鼻クレヴィエルは翌日から腫れが生じますが従来のヒアルロン酸と比較しても経過は良好で、一週間前後で落ち着き一ヵ月後にはナチュラルな高い鼻が完成します。
万が一施術後に内出血が起きてしまっても、すぐにメイクOKとなっているためコンシーラーなどでカバー出来るのがクレヴィエルの嬉しい点です。
半年程は施術時のデザインのまま過ごすことが可能になっていて、一年前後は隆鼻効果を感じられるのですから魅力的ですよね!

他のヒアルロン酸と同様にクレヴィエルも徐々に体内へと吸収されていくため、二年経つ頃には完全になくなって施術前の鼻の高さや形に戻るのが主な経過です。
ただし、何回も鼻にクレヴィエルを入れている方は体内への吸収を阻止する皮膜形成が起こる可能性があり、二年経過しても完全には無くならず効果が続くことも稀にあります。

経過が良好なクレヴィエルですがよりスムーズにするためには口コミやレビューを参考に鼻クレヴィエルが得意な名医のいる美容クリニックを選び、カウンセリングで医師やカウンセラーに具体的な要望をしっかりと伝えてから施術を受けることが効果的です。
さらに出来る限り短期間で憧れの高い鼻を完成させるには、施術後に冷やして腫れや浮腫み、内出血を素早く引かせると良いでしょう。
その際、鼻に強い力をかけることは厳禁です。

くれぐれも気を付けてください。

鼻の高さや形が気になる女性や男性は実際の口コミ体験談やレビューなどに目を通して細かな経過をきちんと把握しておくことをおすすめします。
そうすることでクレヴィエルの鼻フィラーを受けてから完成するまでの日常生活での困り事を少なく出来たり、次回のプチ整形の計画なども立てやすくなりますよ。

クレヴィエルの経過を理解した上で施術を行い、憧れの高く美しい鼻を手に入れて魅力をアップしてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事ではクレヴェエルの持続期間について詳しく書いていますのでぜひチェックしてくださいね。
⇒ クレヴィエルの持ちはいつまで?吸収されるまでの持続時間を解説

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.