「キレイになりたい」を叶えるメディア

クレヴィエルを鼻根に入れる効果とは?おすすめの量は何cc?

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

低くて丸っこい鼻、すっきりとしない横顔気になりますよね。
憧れのモデルさんや女優さんのように、シュッとした横顔になりたい!低い鼻がとにかくコンプレックス!という方は、少なくないと思います。
そんな方に人気なのが、プチ整形です。
プチ整形のフィラー、つまり美容整形注射の中でも、鼻根にも注入でき、鼻のラインをしっかり、鼻先をすっきりとさせてくれる!と話題なのがクレヴィエルなんです。

結論を先に行ってしまうと、クレヴィエルを鼻根に入れることで、鼻筋がしっかりとし、全体的にお鼻が高く見えるため、横顔美人になることができます。
通常クレヴィエルを鼻根に適用する場合、0.2ccから0.5ccがおすすめの量と言われています。
クレヴィエルを鼻根に注入し、鼻のコンプレックスがなくなると、Eラインがすっきりし、どの角度から見ても美人にうつります。
自分に自信がつくことで、男性からも声をかけられることが、増えますよ。
今回は、クレヴィエルを鼻根に入れる時の効果やおすすめの量は何ccか、麻酔の必要性、メリット・デメリットなどについても、徹底的に紹介していきます。
プチ整形に力を入れたことで、モテるようになり人生が変わった、元非モテ女子の私が徹底解説します。

クレヴィエルを鼻根に入れるとどうなる?

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

クレヴィエルは、プチ整形としてとても人気が高く、効果的だ!と話題のヒアルロン酸注射の一種です。
クレヴィエルをプチ整形として適用する際、どんなに名医と言われている人でも、きちんとカウンセリングをした上で、どの部分にボリュームを出し、どの部分のボリュームを減らすのか?など、顔全体のバランスを考える必要があります。
カウンセラーや医師を通してデザインを決めてから、クレヴィエルを鼻根に入れることになります。

鼻根とは、簡単に言うと鼻の根元のことです。
この鼻根にボリュームが出たり、しっかりとすることで、鼻全体がぐっと持ち上がり、鼻筋のしっかりした印象を持たせることができます。
鼻根にクレヴィエルを適用することで、美しい横顔が手に入るとされていますが、具体的にどうしてなのでしょうか?

Eライン(エステティックライン)が美しくなる

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

鼻根に、クレヴィエルを入れる時の効果として最も注目したいのが、Eライン、つまりエステティックラインが整うということです。では、Eラインとは何のことでしょうか?
Eラインとは、下アゴと鼻先を結ぶ直線のラインのことです。
顔を横から見た時に、鼻先と下アゴの部分を直線で結び、その線上、もしくは内側に唇が収まっている横顔が美しいとされる美の基準です。
1954年にロバートリケッツという医師が提唱した基準ですが、今では女優さんやモデルさん、美容整形界でも常に意識されているラインと言えます。
つまり、横から見て人差し指を鼻先と顎先にまっすぐくっつけ、人差し指に唇がつかない、もしくは少し触れる程度であれば、綺麗な横顔と言えます。

鼻根にボリュームが出るとラインがすっきり

では、なぜクレヴィエルを鼻根に注入することが、Eラインを美しくさせることにつながるのでしょうか?
日本人の多くが、横顔に自信がないと言われています。
唇が人差し指に付いてしまう、もしくはラインを超えてしまうという場合に考えられるのは、鼻が十分に高くないからです。

しかし、鼻根にクレヴィエル、ヒアルロン酸を注入することで、ボリュームが出るため、鼻全体が高くなり、唇から鼻先までの距離ができます。
そうすると、唇はそのラインの中に収まるようになる可能性が高まるんです。
結果として、すっきりとしたエステティックラインが手に入ります。

横顔は意外と見られている

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

最近は、テレビや雑誌などでも、Eラインを美しく見せることに力を入れているメイクブランドを多く見かけます。
また、マッサージやメイク技術などが、テレビでも盛んに取り上げられていますよね。
正面の顔は意識するけれども、横顔まで毎日意識しているという方は、少ないようです。
しかし、ある調査によると本人が意識している以上に、横顔は他人から見られているという結果が出ています。
どの方向から見られても、美しい女性になるためには、横顔が決め手というわけです。

Eラインを整えるためには、様々な方法があります。
結局のところ、唇を動かすのではなく、鼻先の位置を高くするか、アゴの高さを出すか、二つに分かれます。
一般的に、日本人は鼻の高さが足りないと感じている方が多いため、顎の高さを出すプチ整形よりも、鼻根や鼻先の高さを出すことによって、Eラインを整えるのがおすすめです。
クレヴィエルなど、ヒアルロン酸注入や糸による隆鼻術などで、鼻の高さや形を整えて、Eラインをスッキリさせるのが人気の施術なんです。

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

糸による鼻根の治療との違い

Eライン、つまりエステティックラインを整えるためには、鼻筋を整える方法と顎の高さを出す方法の二つがあります。

鼻筋を整える方法として、糸による鼻筋ライン治療もありますが、クレヴィエルなど、注射による治療とはどのように違うのでしょうか?
糸によるEライン治療は、鼻先の高さを出すのに適しています。
ダウンタイムがクレヴィエルよりも長くなる傾向にあるため、他の人にバレずにスッキリとプチ整形をしたい!すばやく効果が出るものが良い!という方には、やはりクレヴィエルが向いているんです。

クレヴィエルを鼻根に入れた方が良いのはこんな人!

では、クレヴィエルを鼻根に入れた方が良いのは、どのような人なのでしょうか?

鼻根の高さが足りないと感じている方

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

鼻根や鼻先の高さが足りないと感じる方は、クレヴィエルを適用することで、鼻の高さを気軽に出すことができます。
特に、顎や口元に対して鼻の高さが足りていないと感じる方は、鼻筋を整えることで E ラインがすっきりとします。

しかし、顎よりも口元全体が前に出ているように見える、もしくは顎の骨格が小さいと感じている方は、鼻ではなく、顎に高さを出すことで、Eラインが整うタイプかもしれません。
顎に高さを出すためにも、クレヴィエルは適用できます。
医師やカウンセラーの方とよく相談しながら、どちらにボリュームを高く出して行けば良いのかを一緒に検討するのが良いでしょう。

せっかくなら効果を長持ちさせたいという方

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

鼻筋や鼻根のラインをシャープにしたいという方に、クレヴィエルはもってこいです。
そして、せっかく治療するなら効果が長持ちするヒアルロン酸を選びたいという方にも、向いています。

クレヴィエルを鼻根に使うことで、その効果は1年以上持続するとされているからです。
1mlあたり50mgものヒアルロン酸が含まれているクレヴィエルは、これまでにない非常に高い濃度のヒアルロン酸です。
また、密度がとても高いジェルであることも特徴でしょう。
優れた弾性や粘性があるため、従来のヒアルロン酸と比べると、高い効果、そして長期間の効果が期待できます。

これまでのヒアルロン酸注射では、数ヶ月に一度注射をしなければ、形が維持できなかったものの、クレヴィエルであれば短くても、1年程度の効果が持続します。
忙しいから、なかなか定期的には通えないという方や、1回の注射の効果は長い方が良いという方に、クレヴィエルが、向いているんです。

なお、クレヴィエルの鼻への持続期間についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
クレヴィエルの持続期間はいつまで?持ちについて詳しく解説します

シャープな形の鼻根を手に入れたい

ヒアルロン酸注射そのものは鼻筋や鼻根のボリュームをアップさせ、横顔を綺麗に整えるために向いています。
しかし、よりシャープなラインを手に入れたいという方に、クレヴィエルは向いています。

鼻根に注入することで、きりっとした高い鼻を手に入れることができますが、このクレヴィエルが持つ高い弾力が、鼻根の治療に向いています。
これまでのヒアルロン酸注入で、注入した後、ヒアルロン酸注入部が横に広がったように感じたという方は少なくありません。

それに対して、クレヴィエルは高い弾力を持っているため、形をキープする能力が非常に高く、注入した時のシャープな形を手に入れることができます。
グンと鼻を高く持ち上げることができ、シャープな印象の高い鼻をキープしたいという方に向いています。

鼻根に注入するクレヴィエルのおすすめ量

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

効果が長持ちし、シャープな形をキープできると話題のクレヴィエルを使った鼻根治療ですが、鼻根に注入するクレヴィエルのおすすめ量とは、どれくらいなのでしょうか?

一般的には0.2mlから0.5ml

結論から言うと、一般的には、0.2mlから0.5mlが、鼻根に適用されるクレヴィエルの量です。
しかし、あくまでもこれの量は目安であり、初めて注入するかどうか?繰り返しの注入かどうか?などによっても、調整が必要です。
高濃度のヒアルロン酸であるがゆえに、高く鼻を持ち上げやすいという特徴があります。
顔全体のバランスを考えながら、どれくらいの量を注入していくか、医師とよく相談しましょう。

しかし、クレヴィエルはヒアルロン酸の一種であり、体の中にもともと存在しています。
それで、もしも入れすぎてしまったボリュームが出過ぎてしまったと感じた場合には、ヒアルロン酸を分解する酵素を注入すれば、元に戻すことが可能です。
クレヴィエルは、いずれ体の中に吸収される成分ではありますが、量が多すぎたという場合に対策が行えるのも、クレヴィエルも嬉しいポイントでしょう。

なお、クレヴィエルを鼻に適用する量についてはこちらで詳しくご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
クレヴィエルは鼻に何cc入れる?おすすめの量を徹底解説します

クレヴィエルを鼻根に注入するときの注意点

クレヴィエルは鼻先には入れられない

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

クレヴィエルが適用できるのは、鼻筋や鼻根のみです。
鼻先には適用できないので、注意が必要でしょう。
しかし、鼻根をしっかりとさせることによって、鼻筋全体が通った印象になるため、クレヴィエルを鼻根に注入した後で、鼻先もプチ整形したいかどうかを検討することができます。

痛みや腫れなどのダウンタイムを減らすには?

鼻根を始めとした顔に注射をするとなるとやはり気になってくるのが、ヒアルロン酸を注入した後の痛みや腫れ、内出血などかもしれません。
クレヴィエルは!従来のヒアルロン酸と比較すると、腫れや内出血の可能性が少ないことで知られています。
そして、年に一度の治療だけで理想的な鼻の形が実現できるため、人気が高い鼻根治療と言えるでしょう。

では、クレヴィエルを注入する時の痛みはどのようなものなのでしょうか?
麻酔は必要なのでしょうか?

痛みの感じ方は、もちろん人それぞれ異なりますが、鼻根に注入した方の多くが、耐えられる程度の痛みだったと感じていることが口コミから分かります。
しかし、美容クリニックなどによっては塗り薬の麻酔を適用してくれるところが多いため、痛みに弱い!とにかく不安だ!という方は相談してみると良いでしょう。

また、痛みだけではなく内出血のリスクを減らすためには、極細のマイクロスコープ針を使用するのも一つの良い選択肢でしょう。
一度針を刺せば、様々な方向に注入できるため、針を何回も刺し直すのは嫌だという方、内出血のリスクをできるだけ減らしたいという方に、もってこいの選択肢です。

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

クレヴィエルで気軽にシャープな鼻根を

クレヴィエルを鼻根に入れる効果

いかがだったでしょうか?
クレヴィエルは、濃度や密度が非常に高く、効果の持続期間も長いと話題のヒアルロン酸注射の一種です。
鼻根に適用することで、鼻全体を高く見せることができます。
鼻根にボリュームが出てシャープな印象になるため、下顎と鼻先を結ぶEラインがすっきりすることでしょう。
このEラインが整えば、横顔美人になることができます。

クレヴィエルを鼻根に注入する際の目安量は、0.2 ccから0.5ccですが、お顔全体のバランスや理想の鼻の形に応じて、医師と量を相談していく必要があります。

せっかく治療するなら、効果の持続期間が長いヒアルロン酸を注入したいという方、顎のラインよりも鼻筋のラインを整えることを望んでいるという方は、クレヴィエルを鼻根に注入するのがおすすめです。

痛みの感じ方は人それぞれですが、塗り薬で麻酔をするか、マイクロスコープなどを使えば、痛みを軽減できるでしょう。

手軽に横顔をスッキリさせ、シャープな鼻根を手に入れたい方に、クレヴィエルはもってこいの治療なんです。
横顔は、あなたが思っているよりも他人から見られているものです。
横顔に自信がつけば、内側からも自信があふれ、より魅力的な女性になれること間違いなしです!

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.