「キレイになりたい」を叶えるメディア

クレヴィエル【ほうれい線】の量・持ち、痛みや失敗例、口コミを解説

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

年齢を重ねるにつれて、また鏡を見るたびに濃くなっているように見えるほうれい線、気になりますよね。
実はほうれい線は、顔の中でも最も老けた印象を与えてしまうものだと言われている程です。
多くの女性がかかえる最も大きな悩みといっても過言ではないでしょう。

近年人気のプチ整形の一種にフィラーがありますが、クレヴィエルというヒアルロン酸は、従来のヒアルロン酸と比べると効果が高い!と口コミでも、特に評判となっています。
結論から言ってしまうと、ヒアルロン酸の一種であるクレヴィエルを使うことで、ほうれい線をかなり改善することができます。

ほうれい線は顔の印象を大きく変えます。
実は、女性のイラストを書く時にほうれい線を描き足すだけで、二十歳近くも老けて見えてしまうというデータがあるほどなのです。
ほうれい線が、クレヴィエルによって改善出来れば、顔の印象を随分若くすることができますよ。

では、クレヴィエルを使うことによって、具体的にどのような効果がほうれい線に期待できるのでしょうか?
メリットやデメリット、クレヴィエルが働きかける原理や麻酔などについても、詳しくご紹介していきます。

クレヴィエルが持つほうれい線への効果、リスクや注意点を知ることで、自分の抱えている悩みに入れるの効果があっているかどうかを見極めやすくなります。

クレヴィエルを使ってほうれい線がなくなれば、若々しい印象になり、男性からもモテるようになります。
私自身、深く濃いほうれい線が原因の老け顔で悩んでいましたが、美容に力を入れはじめてからほうれい線が改善され、男性から声掛けられることも増え、幸せになれました!
そんな私が、今回はほうれい線とクレヴィエルの効果にテーマを絞って、詳しく解説していきます。

クレヴィエルはほうれい線にどんな効果がある?

クレヴィエル ほうれい線への効果

ほうれい線とは、口元と頬の境界線のことです。
厳密には、しわではないようですが、この境界線が濃く深くなってしまうと、老け顔や疲れ顔の原因になってしまいます。
コラーゲン不足や表情筋のたるみ、乾燥などが原因で、ほうれい線は濃く深くなっていきます。
では、クレヴィエルを取り入れることで、ほうれい線に、どのような効果が期待できるのでしょうか?

そもそもクレヴィエルって?

クレヴィエルを取り入れることで、どのような効果がほうれい線に期待できるのか?を考える前に、そもそもクレヴィエルとは何なのかを簡単におさらいしておきましょう。

クレヴィエルは高密度・高濃度のヒアルロン酸

クレヴィエル ほうれい線への効果

クレヴィエルには、コントアとプライムの2種類がありますが、簡単に言うと、どちらも濃度と密度が非常に高いヒアルロン酸のことです。
従来のヒアルロン酸と比較すると、濃度や密度が高いため、高い弾性と凝集性を保ち、理想のラインを実現することができます。
型崩れせず、なおかつ長い期間効果が持続するため、持ちの良いヒアルロン酸として知られています。

ヒアルロン酸は肌の潤いを保つ

クレヴィエル ほうれい線への効果

美容について考えるときに、私たちがよく使うヒアルロン酸という言葉ですが、どのような働きを肌の中で具体的にしているか、ご存知ですか?
コラーゲンとの区別が曖昧になっている方も多いと思いますが、これらの二つは全くの別物です。
肌の真皮層と言われる奥深い部分では、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の三つが非常に重要になります。
コラーゲンとは細胞の間を結びつける土台のような役割、エラスチンとは、コラーゲン同士を結びつけることで、肌の弾力性を維持してくれる成分です。
そして、クレヴィエルも含まれるヒアルロン酸は、保水力が高く、肌の水分を保つために必要不可欠なものです。
これら3つの成分のバランスが崩れることで肌が弾力を失い、ほうれい線やゴルゴ線などのシワ・たるみの原因となるのです。

クレヴィエルをほうれい線に使うことで期待できる効果

肌の潤いがアップ

クレヴィエル ほうれい線への効果

濃度と密度がとても高いヒアルロン酸であるクレヴィエルをほうれい線が気になるポイントに注入することで、肌のうるおいをアップさせるという効果が期待できます。
ヒアルロン酸は、もともと体の中に備わっている成分です。
ヒアルロン酸を注入することで、体内に存在しているヒアルロン酸が行なっているべき役割を補うことができるんです。

ヒアルロン酸には、肌の水分を保つという大きな働きがありますが、年齢とともにこのヒアルロン酸が傷つけられたり、量が減ることがあります。
外部からの刺激や肌の乾燥などが、このヒアルロン酸量の低下につながることもあります。

そこで、気になるほうれい線にクレヴィエルを注入すれば、肌の水分量がグンとアップします。
肌の水分量がアップし、程よく肌の膨らみを感じられるため、ほうれい線も改善されるというわけです。

弾力のある肌が復活してほうれい線が薄く

クレヴィエル ほうれい線への効果

また、肌に水分量が復活すると弾力も復活することになります。
もともと体内にあるヒアルロン酸と新たに注射によって注入されたヒアルロン酸は、融合して肌の弾力が復活するのをサポートしてくれます。
肌に潤いがハリが戻るだけではなく、弾力が復活することで、肌のたるみで悪化してしまいがちなほうれい線も、随分と薄くなる効果が期待できます。

クレヴィエルをほうれい線に使うメリットとデメリット

クレヴィエル ほうれい線への効果

プチ整形には様々な選択肢があります。
ほうれい線への効果を期待して行う治療と一言で言っても、数々の異なる治療方法があるため、何を選べば良いか分からないという方も多いでしょう。
では、クレヴィエルをほうれい線に使うメリットとデメリットとは、何なのでしょうか?

メリットのまとめ

従来のヒアルロン酸よりも高い効果が

クレヴィエル ほうれい線への効果

従来のヒアルロン酸と比べると濃度と密度が高いため、1回の治療で得られる効果も、もちろん高くなります。
また、密度の高いヒアルロン酸は簡単には形を崩すことができません。
狙った通りのデザインが可能になるため細かな施術に適していると言われています。

また、従来のヒアルロン酸を注入したことのある方は、注入直後理想の形だったのに、時間がか経つとともに形が崩れてしまった!という経験があるかもしれません。
クレヴィエルなら、その心配がありません。
強い粘性と密度・弾性を持つクレヴィエルは、外側からの刺激を受けても周辺の組織に簡単に広がらないため、高い効果が期待できます。
日常生活で、どうしても加わってしまう外部からの衝撃・時間の流れとともに体内で形が崩れてしまう可能性のあるヒアルロン酸ですが、そのような衝撃に耐える力が強いのが、クレヴィエルのメリットです。

効果の持続期間が長い

クレヴィエル ほうれい線への効果

ヒアルロン酸は体の中にもともと存在している成分なので、時間の経過とともに体内に吸収されていきます。
つまり、時間とともに効果が薄れてしまうというわけです。

従来のヒアルロン酸注射では、効果が数ヶ月しか持続しなかったものの、クレヴィエルでは、半年から1年以上もの長い効果を期待することが出来ます。
濃度と密度を高めることで、体の中に吸収されるスピードを抑えることに成功しているというわけです。

副作用や失敗のリスクが少ない

時間とともに体の中で吸収されていくということは、副作用や失敗のリスクが少ないということにもなります。
体が異物として判断しないからこそ、体の中に吸収されていくわけです。

インターネットなどで、体験談や評価を見ていると、嘘なのか本当なのかわからない症例情報などを見かけ、痛みや副作用が強いという方もいるかもしれません。
しかし、クレヴィエルはあくまでもヒアルロン酸の一種であるため、体の中に異物を入れる行為ではありません。
信頼できる美容クリニックや美容外科、皮膚科などで治療を受ければ、とても安全に行えるプチ整形です。

ちなみに、こちらではクレヴィエルの鼻への持続期間についてご紹介していますので興味がある方はご覧ください。
クレヴィエルの持続期間はいつまで?持ちについて詳しく解説します

デメリットはあるの?

簡単に行えて効果の持続期間も長い、リスクも少ないとなると、万能な治療にも聞こえてしまいますが、クレヴィエルをほうれい線に使うデメリットは、あるのでしょうか?

効果が永久的には持続しない

クレヴィエル ほうれい線への効果

クレヴィエルをほうれい線に使うことで、比較的長い期間、改善効果を見込むことができますが、永久的に持続する効果ではないということがデメリットでしょう。
そもそも、いつまでも体の中にとどまれるヒアルロン酸は存在しないということです。

それで、あなたの体質や注入する量に合わせた持続期間を計算して、ある程度定期的に、ほうれい線にクレヴィエルを注射し続ける必要があります。
一度で終わる治療ではないため、面倒と感じる方もいるかもしれませんが、これは安全な治療である証拠ともいえます。

注射する箇所やおすすめの量・麻酔について徹底解説

メリットやデメリット、働きかける仕組みが分かったところで、ほうれい線を改善したい場合、クレヴィエルはどこに、どのくらいの量、どのように注入するのかを見ていきましょう。

具体的にどこに注射するの?

クレヴィエル ほうれい線への効果

結論から言うと、クレヴィエルは、気になるほうれい線の上に直接注射していきます。
しかし、お顔全体のバランスや他のお悩みに合わせて、美容クリニックなどでは、詳しくカウンセリングが行われることでしょう。
あなたが抱えている悩みを事前に相談することで、それに合わせたポイントに注射してくれるため、医師とよくコミュニケーションをとることがおすすめです。

おすすめの量は基本的に何cc?

顔全体のバランスやほうれい線の深さなどに合わせて、クレヴィエルの量がどれくらい必要か、医師がデザインし、決めていきます。
参考までに、ほうれい線片側1cc、合わせて2ccを試す方が多く、これは一般的な量と言えるでしょう。

ちなみに、クリニックによって値段表や金額の決め方も異なりますが、注入する量によって、費用が変わってくることが多いと言えます。

麻酔の必要性

クレヴィエル ほうれい線への効果

クレヴィエルをほうれい線に注射することを考えている場合、気になるのが痛みかもしれません。
痛みに弱い!顔に注射なんて考えられない!という方にとっては、これは不安な問題ですよね。
では、クレヴィエルをほうれい線に注射する際、麻酔は必要なのでしょうか?

結論から言うと、クレヴィエルの注入時には痛みはありますが、許容範囲の痛みだという方が多いため、必要不可欠とは言えません。
しかし、痛いのに弱い!とにかくできるだけ痛みを感じたくない!という方に向けて、局所麻酔のクリームや局部麻酔などのサービスを行っているクリニックもあります。
事前に医師に希望を伝えるなどして、対策を練っておきましょう。

また、麻酔だけではなく使う針の種類によっても、痛みは随分変わります。
通常の針ではなく、マイクロカニューレという先端が細く丸くなっている針を使うことで、一回針を刺せば広い範囲にクレヴィエルを注入することもできるため、針を刺す回数を減らすことが出来ます。

クレヴィエル ほうれい線への効果
また、血管を傷つけるリスクが減るため、内出血などの心配も軽減できるので、おすすめです。
麻酔が必要なほどではないけれど、何か対策をしたい!という方に、マイクロカニューレはもってこいでしょう。

ダウンタイムの症状と時間

クレヴィエル ほうれい線への効果

クレヴィエルの注射は、一回の施術が5分から10分程度で終了し、日帰りで注射した場所以外にはメイクもして帰ることができるほど、体に負担の少ない治療です。
それで、クレヴィエルのダウンタイムも、非常に軽く短い期間で終わるのが特徴的と言えます。

クレヴィエルのダウンタイムはどんな感じ?

クレヴィエルのダウンタイムでは、少し突っ張った感じや内出血が起きることがあります。
しかし、そのほとんどは非常に軽度で針を刺した箇所が赤くなる程度です。

万が一、内出血となった場合でも、次の日にはメイクをしても良い治療なので、気になる部分はカバーできますよ。

当日中には気にならなくなる

もちろん個人差はありますが、ほとんどのケースでクレヴィエルをほうれい線に注入した後、その日のうちに症状が気にならなくなります。

参考までに、こちらではクレヴィエルを鼻に入れた際のダウンタイムについて説明していますので興味がある方はご覧ください。
クレヴィエルを鼻に入れると腫れる?腫れた?ダウンタイムを徹底解説

ほうれい線に効果大!メリットが多いクレヴィエル注射

クレヴィエル ほうれい線への効果

クレヴィエルは、濃度と密度が高いヒアルロン酸なので、肌に潤いとハリ・弾力を取り戻し、ほうれい線を改善してくれる効果があります。
従来のヒアルロン酸と比較しても効果の持続時間が長く、副作用も少ないため、メリットが多く、デメリットが少ないプチ整形と言っても過言ではありません。

老け顔や疲れ顔に悩まされているという方、手軽にほうれい線を改善して若々しさを取り戻したいという方は、クレヴィエル注射を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.