「キレイになりたい」を叶えるメディア

美容整形ウルセラとは?人気HIFUの概要・原理を分かりやすく解説

MIYUKI
WRITER
 
ウルセラ
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

今注目を集めている美容整形のひとつが『ウルセラ』。『ウルセラリフト』『ウルセラ3Dハイフ』などとも呼ばれており、顔のたるみを引き上げる効果が期待できる最先端美容治療です。

結論を先に言うと、『ウルセラ』の原理はHIFU(ハイフ)という特殊な超音波を照射して皮膚や筋膜を引き上げるというものになります。
1回の治療で効果を実感できる即効性の高いたるみ治療でありながら、メスを使わず副作用やダウンタイムもほとんど必要ないのが特徴。そのため「美容整形のために時間が取れない」「まわりにバレずにたるみ治療がしたい!」と悩みを抱えている人から多く選ばれているのです。

『ウルセラ』によってフェイスラインやほうれい線などのたるみを解消することで顔を若々しくシャープに見せることができるとされています。また、顔のたるみを解消することは表情の印象をガラリと変えることにもつながると言われています。

丸顔やあごのたるみに長年悩み、さまざまな美容整形やエステについて調べて体験してきた私が最もおすすめしたいのが『ウルセラ』です。
ここでは『ウルセラ』の概要や優れたリフトアップ効果の詳しい原理を解説していきますので、興味のある人はぜひチェックしてみてくださいね。

外科レベルの本格的なたるみ治療ができる画期的な美容整形『ウルセラ』で、すっきり明るい顔印象を手に入れませんか?

人気のたるみ治療『ウルセラ』の概要や歴史

最新HIFU治療『ウルセラ』とは?

ウルセラ

ウルセラとが“切らないフェイスリフト”と言われる人気の美容整形。フェイスラインやあご、首などのたるみは本気で解消しようと思うとメスで切開をする手術が必要でした。しかしそれらの美容整形は手術の傷跡が残るなどのデメリットやリスクが多く、なかなか踏み切れないという人も少なくありません。

そんな中で今非常に注目を集めているたるみ改善の美容整形がウルセラ・ウルセラリフトなのです。ウルセラはHIFU(焦点式高密度超音波)という超音波を当てることで皮膚科の一番深い層のSMAS層(表在性筋膜)に働きかけて強力に引き上げることができる最新美容マシン。

HIFU(焦点式高密度超音波)を照射する美容整形は他にもありますが、中でも最高峰の機器と言われているのがウルセラです。

ウルセラとは2004年にアメリカで開発されたもので、元々は肝臓腫瘍の画像診断と除去治療を同時に行うことができる医療機器開発を行っていた人物によって開発されました。開発段階でハーバードメディカルスクール、マサチューセッツ総合病院などアメリカにある数々の医療研究機関で臨床実験をくり返し行い、その有効性や安全性を立証してきました。
米国FDAにて唯一「リフトアップ」のカテゴリーで承認を得ている本格的なたるみ治療法として知られ、アメリカはもちろん美容大国・韓国や日本を含め世界で100万人以上が受けている人気の美容整形です。

ウルセラにはよりリフトアップ効果を高めるために重ね打ちをする『ウルセラダブル』や、面で打つ正確性が高まった『ウルセラ3D』などのメニューもあります。美容外科で扱われているHIFUが正規のウルセラ機器であるかどうかを確認するとともに、どのような施術メニューがあるかもぜひチェックしてみてくださいね。

美容整形・HIFU治療について

ウルセラとはHIFU(ハイフ)と呼ばれる高密度焦点式超音波をたるみの気になる部分に照射することで皮下深層にアプローチすることができる美容整形治療です。

そもそもHIFU(ハイフ)とは高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)の略称で、元々は医療機器に使用されてきたもの。超音波を一点に集束して照射することで十分な熱エネルギーを送り込むことができる仕組みになっています。
この超音波による熱エネルギーを利用してエステサロンなどで痩身や小顔治療に活用されるようになりました。HIFU(ハイフ)を利用したたるみ治療には『ダブロ』『ウルトラリフト』『ウルチェ』いくつか種類がありますが、その中で最も効果が高いとされているのが『ウルセラ』なのです。

ウルセラに似た美容機器やウルセラという名を模倣した美容整形術なども数多く見られますが、HIFU(ハイフ)の照射エネルギーの高さや正確性においてウルセラに勝るものはないと言われています。

『ウルセラ』の原理とその美容効果

ウルセラとはたるみ治療に特化した美容整形で、その特徴は“驚異的な引き上げ力”です。
ウルセラはなぜ他のたるみ治療よりも高い効果が期待できるのか、その原理とリフトアップ効果を詳しく解説していきたいと思います。

『ウルセラ』の原理

ウルセラ

ウルセラとはHIFU(ハイフ)と呼ばれる高密度焦点式超音波をたるみの気になる頬やフェイスラインなどに当てることで、皮膚下にあるSMAS筋膜に届いて引き上げることができる美容整形。

従来は外科的手術でしか深層にあるSMAS筋膜にアプローチすることはできないとされていましたが、ウルセラによってそれが実現。高い熱エネルギーを照射することで筋膜を収縮させてたるみを引き上げるのです。
また、ウルセラの熱エネルギーによって皮下でコラーゲンが生成されるため肌にハリが生まれ、毛穴の引き締めなどを行うこともできるとされています。

ウルセラでは高密度焦点式超音波をSMAS筋膜にピンポイントで照射することができるため、周辺組織へのダメージを最小限に抑えることができるためイメージ通りの美容整形ができるとされています。

ウルセラによるHIFU(焦点式高密度超音波)の照射方法では瞬間的にSMAS筋膜を75度程度まで加熱することができます。真皮層と異なりSMAS筋膜は75度まで点状に加熱されると強く収縮してリフトアップや引き締め効果が出るのです。
ウルセラ機器ではHIFU(焦点式高密度超音波)の照射深さが1.5mm・3mm・4.5mmと調整でき、照射部位の状態に合わせて使い分けます。ウルセラは照射の深さや角度が非常に重要なポイントとなり、それにより効果にも大きな影響があらわれるとされています。

照射直後からリフトアップ効果を実感できる上、照射後2~6か月の間に皮下組織が生まれ変わる過程でコラーゲンが再生しさらにリフトアップし肌にハリが出るということもわかっています。

こうしたウルセラの原理によってたるみ解消に優れた効果を発揮できるため、切開による外科的リフトアップ手術に匹敵する美容整形として注目を集めています。

たるみ解消・リフトアップ効果

ウルセラには優れたリフトアップ効果があるため、顔や首元のたるみを引き上げてすっきりと引き締めることができるとされています。

通常のスキンケアやエステなどではアプローチすることができなかった皮皮下の深い層にあるSMAS筋膜に、ウルセラで超音波を照射することで収縮を促しリフトアップを叶えるという原理になっています。
これまでのたるみ解消のための美容整形と言えば、メスで切開する外科的手術が必要とされてきましたが、ウルセラではそれと同等のリフトアップ効果が期待できるとして世界中に広まりました。

ウルセラは基本的に顔のみまたは首元までが治療対象となっており、額や頬、フェイスライン、口元、ほうれい線、あご下などのたるみに効果があるとされています。また、まぶたのたるみにもウルセラを行うことができますが、上まぶたの場合は眼球などに影響を与えないように眉下やこめかみなどに照射を行います。
ウルセラの眉のリフトアップ効果(Eye brow lifting)は米国FDAでも認可されており、しっかりとした効果が期待できます。

ほうれい線やマリオネットラインなど口元のたるみへの効果は、頬やフェイスラインへの効果に比べるとやや弱いとされていますが、一定の効果は見られると言われています。

小顔・痩身効果

ウルセラとはたるみ解消効果が高い美容整形として知られていますが、フェイスラインやあご下、首元に行うことで小顔効果や痩身効果も得られると考えられています。

頬やフェイスラインは加齢などによってたるみやすく、下ぶくれ気味になって顔を大きく見せてしまいます。また、あご下にお肉がつきやすく二重あごになっていたり、首元にたるみがあると体はスマートでも太った印象を与えがち。
ウルセラによって頬を引き上げたり二重あごを解消することで、一気にすっきりとした印象を与えることができるでしょう。

首とあご下のたるみ治療効果についても、眉のリフトアップに続き2012年に米国FDAで承認されています。

肌のしわ改善・毛穴ケア効果

ウルセラとはたるみ改善に効果のある美容整形ですが、実は肌のしわやたるみを解消することができエイジングケアにも効果が期待できます。

ウルセラの原理は皮下組織に熱エネルギーを照射することで筋膜を収縮させてたるみを引き上げるというもの。そして皮膚が再生する過程でコラーゲンが増生されるため、皮膚に弾力が生まれるのです。
皮膚を内側から支えることのできるコラーゲンを増やすことでハリが生まれ、開いた毛穴が引き締められたりほうれい線や小じわが目立ちにくくなるとされています。

美容整形『ウルセラ』のメリット・デメリット

ウルセラは優れたたるみ治療として人気を集めていますが、メリットだけでなくデメリットがあるということも忘れないようにしましょう。ここでは美容整形ウルセラのメリット・デメリットを紹介します。

美容整形『ウルセラ』のメリット

ウルセラ

メスなしで本格的な美容整形ができる

頬やフェイスラインなど顔のたるみを解消するための美容整形というと、メスを使った外科的手術が必要でした。しかし、切開・縫合を行う手術となると痛みや腫れなどがつきものでダウンタイムもある程度必要になりますし、手術痕が残ってしまう可能性もあります。
それ以外ではエステなどでリフトアップケアを受けることなどもできましたが、一時的な効果に過ぎなかったり気休め程度というのが実情。

ウルセラでは皮膚の筋膜層にアプローチすることができるため、外科的手術と同レベルの本格的なたるみ治療が可能になりました。さらに切開・縫合を行わないため傷跡も残らず、ダウンタイムも不要なため忙しい人でも周囲に気づかれることなく美容整形を行うことができるのです。

治療直後から効果が感じられる

ウルセラがたるみ治療の美容整形の中で人気を集める理由に“即効性”が挙げられます。施術時間は30分~1時間程度と手軽な美容整形ながら、1度の治療で変化を感じることができます。

施術によってSMAS筋膜が引き上げられるため直後からたるみ改善に効果を感じされます。さらに皮膚の再生が活性化するため、日を追うごとにさらにたるみが引き上げられ皮膚も引き締められていきます。
ウルセラのたるみ改善効果が最大限になるのが治療後約2か月頃とされ、その効果は約1年半~2年程度継続するとされています。

ダウンタイムがほとんど必要ない

美容整形では麻酔や切開、縫合などの影響で腫れやむくみ、あざなどができてしまうことがあります。特に顔など目立つ場所の場合それにより周囲に気づかれてしまったり、日常生活が制限されてしまうこともあるでしょう。
施術前の日常生活を取り戻すことができるようになるまでの回復時間を“ダウンタイム”と呼び、美容整形にはつきものと考えられています。

しかしウルセラの場合たるみ改善の外科的手術と同レベルの効果がありながら、メスなどを使用しないため傷も残らず腫れやあざなども出にくい美容整形です。そのためダウンタイムはほとんど不要で、施術当日からメイクやシャワーが可能で、翌日以降も生活に制限はありません。

施術後に軽い鈍痛やほてりを感じることもありますが、数時間で自然に消失するとされています。

術後についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ ウルセラの術後の状態を徹底解説します!施術直後の注意点も

アメリカFDA認可の高い安全性

ウルセラウルセラの開発者は元々医療機器の開発を行っており、ウルセラ開発時も何万件もの臨床実験を重ねてその有効性や安全性を立証しています。それによって米国FDA(食品医薬品局)で初めて眉のリフトアップや首とあご下のたるみ治療への効果が承認されました。

米国FDAは日本国内の厚生労働省にあたる行政機関で、審査基準が厳しいことで知られています。そのため米国FDAで承認・認可されているウルセラにも確かな有効性と安全性が期待されます。

美容整形『ウルセラ』のデメリット

部位により強い痛みを感じることも

ウルセラは超音波を照射する美容整形のため、痛みなどが起こりにくくダウンタイムも不要とされています。
しかし、強いエネルギーでの照射が必要な場合や施術部位によっては、強い痛みを感じることも。「痛すぎる!」「激痛が走った!」などという口コミや感想を見て恐怖を感じている人もいるかもしれませんが、基本的にはそれほど強い痛みが出る治療ではないので安心してください。

ただし皮下に太い神経が走っている額や骨が近い目尻などでは痛みや刺激を感じやすいとも言われているので、麻酔を行ってもらえるかなど医師に相談してみましょう。

麻酔についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ ウルセラは静脈麻酔or全身麻酔?麻酔なしでも可能?徹底解説します

医師の技術に効果が左右されやすい

ウルセラ 看護師

ウルセラは施術を受ける側にとっては非常に手軽な美容整形術となっていますが、照射する場所や深さ、角度などのちょっとした違いで効果に差が出るため解剖学などの深い知識も必要とされる複雑なものとなっています。

アプローチしたいSMAS筋膜は顔全体にあるわけではなく、部位によってその深さも異なります。
開発したウルセラ社の照射に関するマニュアルはありますが、皮膚の厚みや筋膜の場所などは個人によって異なるため患者の皮膚の状態に合わせて的確な照射を行わなければならないのです。

正確なアプローチを行うためには幅広い知識と経験が必要となります。そのため、医師の腕に左右されやすい美容整形でもあり施術を受ける際は美容外科選びがとても重要になります。実際にウルセラ治療を受けた人の口コミや体験談、美容外科の評判などをしっかりとチェックすることをおすすめします。

施術個所が多いと費用が高くなる

ウルセラは超音波照射のみの美容整形のため気軽なものと思われることもありますが、たるみ改善に高い効果が期待できることもあり費用もそれなりにかかります。

施術部位によって価格は異なりますが、日本国内では平均して1回15~30万円程度はかかります。そのため、施術個所が多くなったり回数を重ねるとある程度費用がかさんでしまいます。
そこで注目されているのが韓国でのウルセラ治療。美容大国である韓国ではウルセラをはじめHIFU(ハイフ)によるたるみ治療が盛んにおこなわれていることから、相対的に価格が引き下げられているようです。

ただし施術前の相談やアフターケアのことを考えると国内でウルセラを受けた方が安心であるとも言えるでしょう。

美容整形『ウルセラ』の概要や原理まとめ

ウルセラ

たるみ改善に効果が高いウルセラはアメリカで開発されてから100万人以上の人が受けてきたとされる人気の美容整形です。超音波を照射するだけで、施術直後からたるみ改善効果を実感することができ、その効果が約2年近く持続します。
さらに痛みや腫れなどが起こりにくくダウンタイムがいらないというのもうれしい特徴です。仕事や家事に忙しく、たるみが気になっていても美容整形など受けられないと悩んでいる人にもぜひおすすめしたい治療法です。

ウルセラは多くの美容外科・クリニックで取り入れられていますので、経験者の口コミ評価や体験談などを参考にぜひ検討してみて欲しいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.