「キレイになりたい」を叶えるメディア

ウルセラは痛いor痛くない?それとも無痛?【痛みについて徹底解説】

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

ウルセラは日帰りでできるフェイスリフト・リフトアップとして年齢が気になる年代の方たちから人気を集めている美容医療です。

ウルセラって手軽なリフトアップのイメージはあるものの、痛みはどの程度か、麻酔の必要があるのか、など痛みについて気になる人も多いのではないでしょうか。
ウルセラの施術中だけでなく術後を含めて、どのような痛みを感じるか知っておきたいですよね。

結論から言うと、ウルセラ施術はほぼ痛みを感じずに施術することが可能です。痛みの感じ方は人それぞれというのは大前提ですが、痛みに弱い人でも痛くない施術を受けることができます。
実際にウルセラで全顔施術を受けている私が言うので間違いありません。
痛みさえなければ完全にノーリスクで素顔の若返りができて、自然と表情も明るくなりますよ!

こちらの記事では、リスクの少ないフェイスリフト施術のウルセラの痛みについて徹底的に解説しています。
ウルセラ施術中の痛みは我慢できる程度なのか、無痛なのか、術後に痛みが残ることはないのかなど、ウルセラの痛みについて気になっている人の参考になるはずですよ。

まずは、ウルセラで痛みを感じる場合どのタイミングなのかについて解説します。

施術中・施術後、ウルセラで痛みを感じる場合とは?

こちらの章では、ウルセラ施術の手順に沿って痛みを感じる場合があるか、について説明をします。

カウンセリング

美容外科クリニックに訪問後はカウンセリングがあります。カウンセリングだけ受ける場合もあれば、カウンセリング後すぐに施術を受けられる場合もあります。
カウンセリング当日の施術を希望する際は予約の段階で伝えておくとスムーズです。クリニックのルールによって違いがありますので細かい部分が気になる場合はしっかりと調べておきましょう。
最近の美容外科クリニックはHPがしっかりしていますので詳細の確認がしやすくなっています。

カウンセリング中は少し顔に触れたり、写真の撮影をする場合もあります。
もちろん刺激を与えられることはなく、無痛なので安心してくださいね。

ウルセラは基本的に麻酔なしで受けられるリフトアップですが、絶対に痛みを感じたくない人、少しの刺激でも痛みを感じる人はカウンセリングの段階で相談しておきましょう。
別料金になるケースが多いですが、麻酔をして施術を受けることが可能です。

クレンジング・洗顔

ウルセラは痛い?

自分ので行うことが多いですが、まれに施術室でスタッフさんがクレンジング・洗顔をしてくれることもあります。韓国やタイなど、海外のクリニックではスタッフさんによるクレンジング・洗顔が主流のようですね。
スタッフさんによるクレンジング・洗顔はエステ気分で気持ち良いものです。
もちろん痛みはありません。もし敏感肌で肌への刺激が気になるという場合は事前に伝えておきましょう。

麻酔 ※希望者のみ

先述の通りウルセラは麻酔なしでできますが、痛みに弱い方や絶対に無痛でウルセラがしたいという方は麻酔を利用したほうが良いと思います。
麻酔の種類については後述しますが、注射による麻酔を選択する場合は注射を刺すときの痛みが伴います。

ドクターによるマーキング

ウルセラは痛い?

ウルセラの照射範囲にマーキングをします。顔の表面に落ちやすいペンなどで印をつけるだけなのでもちろん無痛です。

ジェル塗布・照射

ウルセラは痛い?

冷たいジェルを塗り、ウルセラ照射が始まります。
照射の際は痛みを感じる方もいるようです。ただし痛みの感じ方は個人差があるため、口コミなどを確認しても「まったく痛くなかった」という方もいれば「激痛でした」という方もいます。
実は、ウルセラと一言で言っても照射部位や使用機材によっても痛みに差があるようなので、詳しくは後述します。

ウルセラは皮膚の深い層(SMAS・表在性筋膜と呼ばれています。)に、超音波によって熱エネルギーを加えてダメージを与えています。
そのダメージによって筋膜が引きあがり、リフトアップへと繋がるのです。
ダメージを与えるということは少なからず痛みが存在します。その痛みを軽減するための方法についても後ほど徹底解説しますね。

クールダウン(冷却)

ウルセラは痛い?

術後、照射用のジェルをふき取ってから患部を冷やします。こちらは術後の痛みを軽減させるためのケアです。
施術中から施術直後まで全く痛みを感じないという人もいますが、刺激を感じた・痛みを感じたという人はこのクールダウンの時間で痛みを逃しましょう。
ウルセラによるダウンタイムはほぼありません。しいて言えばこのクールダウンの時間がダウンタイムと認識して良いほどです。

術後

ウルセラは痛い?

ウルセラ施術の直後からメイクをすることができるほど、肌の表面へのダメージはありません。当日の湯舟への入浴や運動・マッサージ・飲酒は控えるよう言われてますが翌日からは全てOKです。
軽く赤みが出たり、少し腫れたりすることもありますが、皮膚の深い層が受けたダメージによるものなので肌自体は痛くありません。またダメージを受けて赤みがあったり腫れていても痛みが続くということはないので安心してください。
どうしても術後痛みが続くようであれば鎮痛剤を飲んでもOKですが、麻酔を使用している場合は麻酔との相性もあるので念のためクリニックに相談してくださいね。

その後は1~2か月かけてリフトアップしていきますが、その間も特に痛みや行動の制限はありません。

以上、施術中。術後の痛みについて解説しました。痛みを感じる可能性がある部分は針を使った麻酔と、施術の間(照射方法や照射部位によって強弱あり)ということになります。
続いてウルセラで痛みを感じやすい部位・感じにくい部位について解説します。

ウルセラで痛みを感じやすい・感じにくい部位とは

ウルセラは痛い?

ウルセラは皮膚の深層に刺激を与えてフェイスリフトをする美容医療です。フェイスライン全体を上げるだけでなく、アゴや頬のたるみ・ほうれい線・目の下の小じわ改善にもよく利用されています。
顔の中でも痛み・刺激を感じやすい部位や逆にほとんど感じない部位があるのでそちらについて解説します。

顔の肉が厚いから痛くない・顔に無駄な肉がないから痛い、ということはありません。同じ部位に照射する場合、痛みの感じ方は人それぞれです。
ウルセラで痛みを感じるかどうかのポイントは神経の多さにあります。

ちなみに、ウルセラでリフトアップをして小顔を目指したい場合、単純にたるみだけが課題の場合はウルセラのみで充分に効果が得られますが、もし太ったなどで顔周りに余計な肉がついたなと実感している人はサーマクールを組み合わせるとより効果を発揮するのでおすすめです。
ご自身にどんな治療法が合っているのかについてはカウンセリングでしっかり相談しましょう。

それでは、ウルセラで痛みを感じやすい部位・感じにくい部位について、ウルセラで人気の部位から説明します。

フェイスライン

ウルセラは痛い?

顔全体の印象を変えるためフェイスラインへのウルセラ照射は人気となっています。二重アゴやブルドッグ顔の改善にウルセラが最適です。
顎下などはやや痛みが強く、耳側に上がるほど痛みは弱まりますが、しっかりとフェイスラインを引き上げたい場合は顎下への照射方法は避けるべきではないです。

口元・ほうれい線

ウルセラは痛い?

ほうれい線を消すためにウルセラを選択する人は多いです。口元の小じわにも効果的となっています。
口元・ほうれい線へのウルセラ照射方法は痛みがほぼありません。多少の刺激は感じますが、我慢できる程度となっています。

ウルセラは痛い?

頬のたるみ改善は若見せ効果があり、40代から60代の女性から特に人気の部位です。
頬へのウルセラ照射もほとんど痛みを感じません。ピリッとした刺激を感じる人はいますが、麻酔なしでも問題ない部位となっています。

目元・目の下

ウルセラは痛い?

口元や頬に比べたらやや痛みを感じる部位となっています。特に目じりには神経が多く通っているため目元の中でもやや刺激を感じやすいです。

おでこ(額)

ウルセラは痛い?

眉上のたるみ改善が見込めます。
骨に近い部分なので痛み・刺激はやや強めです。

ウルセラは麻酔なしで照射可能、メスなし・糸なしでできるフェイスリフトなので手軽ですが、麻酔をしない場合は完全に無痛での施術は難しいです。
ウルセラで使用できる麻酔にもいくつか種類があるので、次の章で解説します。

無痛でウルセラを行いたい場合

ウルセラを完全に無痛で施術したい人はクリニックで麻酔を希望するという旨を伝えましょう。
基本的には麻酔なしで施術できるので希望しない限りは少しの痛みを伴う施術となります。

麻酔にも種類があり、クリニックの方針によって使用される麻酔が違います。
注射を利用する麻酔の場合は針を刺す際の痛みもありますが、痛みを伴わない麻酔もあるので以下をチェックしてみてください。

静脈麻酔(点滴麻酔)

ウルセラは痛い?

うとうとする程度・完全に眠る など選択可能な全身麻酔に近い麻酔です。施術、痛みは完全にありません。
ただし手に針を刺すので注射が苦手な人には辛いかもしれません。

マスク麻酔(ガス麻酔)

ウルセラは痛い?

完全に寝ている間に施術できる麻酔です。
針などを使うこともないので完全無痛のウルセラを受けることができます。

表面麻酔(麻酔クリーム)

ウルセラは痛い?

一番手軽な麻酔です。塗るだけでウルセラ施術の痛みを軽減できる程度の効果があります。少し刺激は残りますが、個人的には麻酔クリームで充分でした。

局所麻酔

ウルセラによるフェイスリフトの中でも、特に痛みを感じやすい部分のみに注射をして痛みを軽減させる麻酔です。
顔に直接麻酔用の注射を打つので注射が苦手であれば少し辛さがあるかもしれません。

その他麻酔テープや内服薬(鎮痛剤)などウルセラで使用されている(使用されたことのある)麻酔はいくつか種類があります。
ウルセラは麻酔なしでもできるリフトアップ施術なので、ほとんどの美容外科クリニックで麻酔はオプション扱いとなり別料金・有料となります。施術料金も金額設定もクリニックによって変わりますのでしっかり見比べて病院選びをしましょうね。
クリニックによって推奨している麻酔の方法も違いますので、どうしてもこの麻酔が良いという希望がある場合はクリニック選びの段階から使用される麻酔に注目しましょう。

なお、ウルセラ治療の痛みと麻酔についてはこちらでも説明していますので、興味がある方はご覧ください。
ウルセラは静脈麻酔or全身麻酔?麻酔なしでも可能?徹底解説します

麻酔なしでも痛くないウルセラ施術

ウルセラは痛い?

ウルセラのリフトアップ照射方法で「完全無痛のウルセラ」と言っている場合はだいたい麻酔(全身麻酔に近い静脈麻酔・マスク麻酔など)を使用した治療方法です。
それでも、たまに「麻酔なしでも痛みがないウルセラ」という表現を見かけることがあります。
どのような方法でウルセラのフェイスリフトを無痛で行っているのでしょうか。

まずはウルセラで痛みを感じる理由について解説します。
ウルセラ施術では、高密度焦点式超音波(HIFU/ハイフ)によって皮膚の深い層に熱を加えています。
熱を加えることで皮膚の中のたんぱく質が縮み、その縮む力がそのままたるみ・しわ・ほうれい線のリフトアップへ繋がり、修復しようとしてコラーゲンが生成されるため肌にハリやツヤが生まれます。
つまり、ウルセラを照射することでリフトアップだけでなく、肌の状態も良くなるのです。特にエイジングケアには最適ですよね。

なお、ウルセラの概要や優れたリフトアップ効果についてはこちらで詳しくご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
美容整形ウルセラとは?人気HIFUの概要・原理を分かりやすく解説

ウルセラは痛い?

痛みに関しては、熱でダメージを与えることによって刺激・痛み・熱さを感じることになります。
ウルセラと一言で言っても深さが3種類あり、1.5mm、3.0㎜、4.5㎜の照射カートリッジがあり、部位ごとにカートリッジを使い分けています。深ければ深いほど照射の強さが増し、その分痛みもありますが、効果が高いのも深い照射です。
照射の深さによって痛みに変化があるとはいえ、その調整は個人で選べるものではありません。部位によって医師が適切な深さで照射をするため、お任せしましょう。また出力の高さや深さによって痛みを避けるのはウルセラ本来の効果を下げてしまいかねないので要注意です。

ウルセラは痛い?

本題の「麻酔なしでも痛くないウルセラ」についてですが、結論から言うとウルセラではなく、類似機械による高密度焦点式超音波(HIFU/ハイフ)であることが殆どです。

ウルセラは本来、アメリカで開発されたアメリカ産の機械です。
FDAというアメリカの行政機関からリフトアップ効果の高さと安全性が認められていて、それがきっかけで話題となり、人気・評判へと繋がっています。

ウルセラについて調べているとウルセラ3Dやウルセラリフト、ウルセラダブロなどの施術を紹介しているブログやクリニックが多くみられると思います。
これらは全てウルセラの模倣品で、韓国産のマシンです。HIFU(ハイフ)であることに違いはありませんが、本物のウルセラではないと思ってください。

つまり、「ウルセラ」として紹介されているマシンのみが本物であり、その他は模倣品ということになります。効果と安全性で選ぶなら本物のウルセラを扱っているクリニックに行きましょう。

ウルセラは痛い?
かといって韓国産のウルセラ機械が必ずしも良くないものという訳ではありません。
韓国産のウルセラ類似機器は熱エネルギーの超音波と共に痛みを軽減させる機能がついていたり、1台で深さの調整できる機材を使用していることもあります。
「進化したウルセラ」や、「ウルセラを超えたHIFU(ハイフ)」などと紹介されていることが多いです。

実際に韓国までリフトアップをしにウルセラを受けに行っている知人などもいますが、日本国内でも充分に韓国製のウルセラ類似機器は揃っているので、もし韓国産を選びたいという場合にも通いやすい場所でのウルセラ照射がおすすめです。
アフターケアなども含めて、何かあった時にすぐに行ける距離が安心ですよね。
韓国でウルセラHIFUを行う場合、クリニック選びは慎重に行わないと危険です。効果を高めようとして日本では許可されていないレベルの照射の強さにしている場合もあります。カウンセリングの際にしっかり確認しましょう。

ウルセラの類似マシンを利用することのメリットは上記に挙げた痛み軽減の他にも、照射範囲が広いから少ないショット数・時間で済むことや、費用がやや安く設定されているなどもあります。
ただし、ウルセラは本来皮膚の深い層(SMAS・表在性筋膜)に熱ダメージを与えてリフトアップをするため多少の痛み・刺激を伴うリフトアップ施術です。まったく痛くないウルセラは効果が見込めないリスクもあるので注意しましょう。

痛みの少ないマシンを選ぶ他にも麻酔なしでもウルセラの痛みを軽減させられる方法があります。
それが冷却です。

ウルセラは痛い?

丁寧なクリニックであれば、照射ジェルの他にウルセラ照射前に冷却をしたり、照射直後にも冷却してくれます。
熱を加えてダメージを与えているので、照射前後に冷却をすることは照射自体を痛くないものにしてくれたり、事後の赤みや腫れを最小限に抑えてくれる効果があります。

ダウンタイムがないリフトアップ施術として人気のウルセラですが、赤みや腫れが出てしまった時には冷却することが早期回復の要となっています。
冷却はウルセラ自体のダメージ軽減・照射後の回復のためにも大切な方法です。

なるべく麻酔を使用しないでウルセラをしたいと思っている人はしっかり冷却してもらって照射しましょう。
クリニックによっては、万が一麻酔なしでどうしても痛みが我慢できなくなってしまったら施術を中断して麻酔に切り替えてくれるところもあります。カウンセリング時に痛みが我慢できないときの対応方法について確認しておきましょう。

無痛でウルセラを受けるために確認しておくこと

ウルセラは痛い?

長々と説明してきましたが、なるべく痛みを感じずにウルセラを受けたい人は、以下の点に注意する、という点をまとめます。

クリニック選び

取り扱っている麻酔の種類

痛みの少ない順で並べると「静脈麻酔<マスク麻酔<局所麻酔<表面麻酔」です。
利用できる条件や料金についても調べておきましょう。

使用機材

本物のウルセラを利用したい場合は「ウルセラ」という文字だけを信じず、アメリカ製の機械か、FDA取得をしているか、などをチェックしましょう。
韓国製のウルセラが良いという場合は痛みの少ないウルセラと紹介されているクリニックを選ぶと良さそうです。

冷却対応

クリニックのHPで「施術の流れ」などを確認するとクールダウンがあるかなどが記載されています。
詳細がわからない場合はカウンセリングの際に確認しましょう。

カウンセリング

ウルセラは痛い?

希望部位と痛みについて

痛みが苦手、痛みに弱い場合はカウンセリング時点でその旨を伝えておきましょう。
部位によって痛みは変わりますし、麻酔をするか否かの相談もできます。

麻酔の種類について

痛みの件をお話すればだいたい麻酔についても説明をしてもらえると思いますがしっかり聞いておきましょう。

冷却対応

麻酔の有無に限らず、術前・術後の冷却対応について確認し、対応してもらえるようならなるべく冷却してもらうと安心です。

ウルセラ体験者の口コミ・体験談

ウルセラは痛い?

40代女性

ウルセラは痛い?

麻酔の有無:あり(塗る麻酔)
アゴの下のたるみが気になって糸リフトをやろうか悩んでいたら、ちょうどいいタイミグでお友達がウルセラが良かったよと教えてくれてすぐ相談に行きました。
麻酔なしでできるとは聞いていたけれど、説明を受けるうちに麻酔したほうが良いな・・・と思い始めて、一番お手軽な塗る麻酔を塗ることに。

塗る麻酔は少しヒヤッとして、スパチュラ?ハケ?がくすぐったかったです。麻酔が効くまで30分待って照射しました。
結果麻酔して良かったです・・・!!麻酔しててもビリビリッとした刺激があって、我慢できないほどではないけど麻酔していなかったらと思うとちょっと怖いくらい。

でも術後は前触れ通りすぐ帰宅できて、腫れたりすることもなかったです。効果も大満足!次回はほうれい線もやってみたいなと思っています。

50代女性

ウルセラは痛い?

麻酔の有無:なし
ほうれい線と口の周りのシワが嫌で嫌でウルセラで治療しました。
普段シミ消しのレーザー治療なども麻酔なしでやっていますが、痛みは同じくらいでした。少し熱さを感じる程度で全然平気

50代女性

ウルセラは痛い?

麻酔の有無:あり(局所麻酔)
ウルセラで目の下のクマが治ると聞いて早速行ってきました。
目の下は皮膚も薄いし痛かったら嫌なので局所麻酔をしてもらいました。術後はすぐしっかり冷却してもらったので全く痛みは感じなかったです。
ちょうど1か月くらい経ちますが、以前は目元がボヤっとしていたのがスッキリ見えています。久しぶりに新しいアイメイクグッズもたくさん買ってしまいました。

いかがでしたか?ウルセラの痛みについて想像できたでしょうか。
この記事をまとめると以下の通りです。

  • ウルセラは麻酔せずにできる程度の痛みがある
  • 麻酔をすることでウルセラは無痛で受けることが可能
  • 麻酔には種類があり、クリニックによって推奨している方法が違う
  • 痛みのないウルセラには効果面・安全性などのメリットとデメリットがある
  • 本物のウルセラは少なからず痛みがある、アメリカ製のみ
  • 痛み、腫れをなるべく軽減させるためには冷却がおすすめ

入院・手術・ダウンタイム不要のウルセラは麻酔や冷却などを利用して痛みなく施術することが可能です!
ウルセラでたるみ解消・若返りを目指したい方は是非美容外科クリニックで相談してみたくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.