「キレイになりたい」を叶えるメディア

ウルセラの術後の状態を徹底解説します!施術直後の注意点も

MIYUKI
WRITER
 
ウルセラ 施術後
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

ウルセラは即効性が期待できて、切らずに超音波でできるフェイスリフトとして今注目されています。

ただ、ウルセラをやってみようと思っても、本当に施術直後から効果が実感できるのか?痛みや肌荒れなどの心配はないのか?など、施術直後の状態は気になるのではないでしょうか。
特に、仕事や人と会う予定があるような場合は気になりますよね。

結論から言うと、ウルセラは術後は施術個所にほとんど変化はありません。
少しだけ赤みの出ることもあるようですが、当日からメイクはOKなレベルです。
また、直後にはほとんど変化がないので周りにバレずにこっそり受けることもできますよ。
ウルセラを実際に何度も体験した私がお約束します。

この記事では、

・ウルセラの施術直後の様子はどんな感じ?
・痛みや肌荒れなどの心配はない?
・施術直後の注意点について

このような疑問をお持ちの方に役立つ記事になっています。

顔のたるみやほうれい線をウルセラで治したいと思っている人、ウルセラの施術を受けたいけどダウンタイムが気になる人、周囲にバレずにフェイスリフトをしたいと思っている人は是非参考にしてくださいね。

ウルセラの施術当日

ウルセラ

ウルセラ施術について、時系列を追ってわかりやすく説明します。
まず、ウルセラリフトはメスや糸を使わない手軽なリフトアップ施術となり、入院や前日の行動制限などは全くと言って良いほどありません。
念のための注意点として、日焼けをしている肌にはウルセラ施術ができないようなので海水浴や日焼けサロンは控えましょう。

ウルセラ

予約した時間にクリニックへ出向き、カウンセリングを受けます。
事前にカウンセリングを受けている場合も、当日改めて軽く説明があるので、もし気になる点があったらこのタイミングで聞いておきましょう。

続いて施術室に案内されます。


クレンジング・洗顔を済ませたら希望者には麻酔を使用してくれます。ウルセラの照射方法は基本的に激痛ということはないので我慢できる範囲ではありますが、痛みの感じ方は人それぞれですし、もし痛みに弱いという方は麻酔を希望しておくと無難です。
塗る麻酔の場合は麻酔を塗ってから30分程度置きます。
麻酔についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ ウルセラは静脈麻酔or全身麻酔?麻酔なしでも可能?徹底解説します

いよいよ施術が始まります。
ドクターが照射範囲にマーキングをし、ジェルを塗ってからそれに沿ってウルセラの照射をします。ジェルは少し冷たいと感じるかもしれません。冷たいことによって痛みが軽減されると感じる場合もあります。


麻酔をしている場合は全く痛くありません。少しピリッという感触があるという程度の刺激を感じる可能性はあります。
照射時間は箇所によりますが20~30分程度、長くても1時間弱ほどで全顔照射が完了します。

照射用のジェルをふき取ったら施術は完了です。
熱でダメージを与える施術方法となるので照射箇所を冷却し、場合によっては軟膏を塗ったら施術室を出れます。

施術後はお会計をして帰宅となります。
術後すぐにメイクをして帰ってもOKです。

以上となります。
ウルセラは「日帰りでできるリフトアップ」どころか、トータル2時間程度で完了するとても手軽な施術となりますので、忙しい方からも評判の施術方法です。

韓国産の機械で「ウルセラダブロ」「HIFU(ハイフ)」「ウルセラ3D」なども出ていますが、ウルセラとの類似施術となっていて、どれを選んでも当日の流れはおおよそ同様となります。
その他の治療と併用されている方も多いようです。

ウルセラ施術直後・当日の注意点

ウルセラ 看護師

ウルセラ施術自体は痛みを感じることもほぼなく、施術後はメイクをして帰れるほどダメージが少なくなっています。痛みもほぼありません。
軽く赤みを帯びる程度の腫れが出る場合もありますが、メイクでカバーできるレベルなので、ウルセラ施術当日に別の予定を入れてもOKです。
ただし、クリニックによってはメイクは念のため翌日からと指定しているところもあるようなので、院の注意事項に従うようにしてください。

その他、ウルセラを受けた当日はシャワーでの入浴はOKですが、湯舟に浸かるのはNGとなりますので注意してください。
また、汗をかいたり血行を良くするようなこともNGとなります。(例:サウナに入る・マッサージを受ける・お酒を飲む)
これは大丈夫…?と心配になる行動がある場合は必ず医師に相談しましょう。
こちらもクリニックによってはスケジュールにばらつき・例外もあるのでカウンセリングの際の情報を正としてください。

フェイスリフト効果に関しては、ウルセラ施術直後は大きな変化を感じることはないでしょう。
少しハリが出たかな?と思う程度となります。
ウルセラ照射の約1~2か月後が一番効果を実感する時期です。以降はキープもしくは、やや元に戻るような動きがありますが半年~1年ほどで完全に戻ることはなさそうです。

ウルセラはなぜ当日メイクが可能?

ウルセラの場合は超音波を使って皮膚の深い層(SMAS・表在性筋膜と呼ばれています。)に照射しているため肌の表面のダメージがほぼないという特徴があるため当日・術後すぐからメイク可能となっているのです。
ちなみにレーザー治療の場合は皮膚の浅い層(肌の表面に近い部分)を焼いたりするので当日のメイクは不可・翌日~3日以内にメイク可能とされていますが、その後も患部は1週間くらいテープを貼って過ごすこともあります。

超音波を利用して深層にアプローチしているので、肌の表面のダメージはほぼありません。術後に特別なケアが必要ということもなく、手軽です。
ダウンタイムがほぼなく、普段の生活を乱さず施術ができるのは嬉しいですね。

ウルセラ施術で直後に腫れた・赤みが出た場合

ウルセラ 麻酔

ウルセラは安心・安全性の高いリフトアップ施術ですが、管理体制の整った日本国内のクリニックで施術を受けても人によっては軽く腫れたり、赤みや色素沈着が出ることもあります。
これはあくまで一時的なものなので安心して下さい。

軽い赤み・腫れは自宅で軽く冷やして過ごすことで早く引きます。激痛が続くということは一切ありません。
肌の表面がダメージを負っているわけではなく、皮膚の深い層のダメージが透けて見えているものなので、表皮は痛くないはずです。
腫れのある時は揉んだりこすったりせず、腫れが引くのを待ちましょう。触らないことが一番です。

ウルセラの効果を実感するまで

ウルセラ

ウルセラ施術当日にはフェイスリフト・たるみ改善の効果が完全に出ることはありません。皮膚の深い層へのダメージによって照射箇所が縮み、多少突っ張る感じがあるかもしれませんが、劇的な変化を感じる人はほとんどいません。
それから徐々に効果が現れます。私の場合は1週間ほど経過した頃に、たるんでボヤっとしていた輪郭がくっきりしてきたように感じました。

ウルセラでのリフトアップが一番効果を発揮するのは施術してから1か月から2か月後となります。
その頃にはリフト効果はもちろん、肌のハリ・ツヤが増すという意味でもこの期間の満足度は非常に高いです。
ウルセラでフェイスリフトを行った場合、全体的に輪郭の位置が上がって小顔になります。口元に張り付いていたほうれい線はほとんど気にならなくなり、表情が若く見えるでしょう。目元のたるみや小じわも改善され、疲労感のあった顔がスッキリと健康的になります。

なぜハリ・ツヤが増すかというと、超音波治療によってダメージを受けた部分が修復するにあたって肌の中でコラーゲン生成がなされるからです。
そのコラーゲンによって肌にハリが与えられてツヤのある若々しい状態となるためウルセラを受けてから1~2か月後の表情が一番いい状態となります。

施術から2か月が過ぎてからも、だいたいの人がそのままリフトアップ効果をキープしています。若干戻ったな・・・?と思う程度であれば1~2年はそのまま過ごせますし、半年以上期間を空けて2~3回施術を受けた場合は元通りになることはないでしょう。
鋭い人や身近な人であれば変化に気付くこともあるかもしれませんが、実感力がすごいとはいえ、リフトアップは徐々になされるため美容外科でのたるみ治療であることはほぼ周囲の人に気付かれることはなさそうです。
私も美意識の高い友人には「顔がスッキリしてる!化粧品?マッサージ?教えて!」と言われたものの、その他の人からしつこく聞かれたり怪しまれることはなかったです。

ウルセラ 看護師

計算外の嬉しい変化と言えば、自信が持てたという部分です。
顔のたるみやほうれい線が気になってからは自分の年齢を突き付けられているような感覚に陥り、自然と表情も暗くネガティブになっていたときもありました。
ウルセラでフェイスリフトを行ってからは若い頃もしくはそれ以上に人と明るく話せるようになったような気がします。実際に友人と食事に行ったり、お誘いの数も増えました。

ウルセラの効果はそれだけ高く、キープ力も強いです。
メスを使わないリフトアップだからこそダウンタイムもなくそれでいて効果は糸リフト同様、また1回から複数回の施術でリフトした部分が元に戻ることもないため最強のフェイスリフト方法と言えます。
そう考えると、エステやマッサージ器具・化粧品などを使い続けるよりもコスパが良いですよね。

ウルセラを受けた人の体験談・口コミ

40代女性

いくら日帰りでできてダウンタイムがない治療法だからって、痛みはあるんだろうな・激痛だろうなと覚悟して受けたウルセラ。本当に痛みがほぼなくてびっくり。
全顔でお願いして、刺激強めかも・・?と思ったのは目尻だけでした。
後から聞いてみたら、目尻には顔面神経?というのが流れているらしく、そこはピリッというかビビッという刺激を感じました。痛くはなかったです。
一応最後に冷却してもらったけれど、腫れも痛みもなくって拍子抜けしちゃうくらいでした。
午後行って夕方には終わっていたものの、当日は特に予定もなかったのでそのままスッピンで帰宅しました。翌日から問題なくメイクもできて、本当に楽々です。

30代女性

ウルセラ照射から1週間経ちました!すぐ効果が出て驚いています。
当日は少し赤みが出たけど問題なくメイクはできていたし、2日後には腫れも引いたので大きなトラブルもなく過ごせました。
笑った時の目元のシワがずっと気になっていたのでウルセラを試してみましたが、元々クッキリとシワになっているわけではなかったので1週間くらいでも全然満足なくらいシワはなくなっています。
カウンセリングのときに目元だから不安と言ったら、すごく丁寧に安全面について説明してくれて安心感がありました。また気になる部分ができたらやりたいです。

20代女性

ダイエットに成功したと思ったら顔周りが目元も含めて何重にもたるんでしまって、痩せたはいいものの実年齢よりもだいぶ老けて見えるようになったのでウルセラを受けました。
最初は「切らないとダメかな・・・?」と思って相談に行ったけど、切らずにできるウルセラを提案してもらって即答で決めました。笑
痛いのだけは本当に無理だったので麻酔オプションも追加。それでも当日クリニックにいたのは2時間ちょっとでした。一応その後の予定は何も入れずにいたけど、ウルセラは直後にメイクもできたし買い物して帰れるほど余裕でした。
当日も翌日も顔の一部が少しだけ熱を持ってる感じはあって、でもそのまま放っておいたら翌々日には何の違和感もなくなりました。

いかがでしたか?ウルセラ施術直後の過ごし方や術後の様子、効果について具体的にイメージが湧いたのではないでしょうか。
この記事をまとめると以下の通りです。

・ウルセラ施術の前日まで注意しなければならないことは特になし
・ウルセラ施術の当日はメイクOK、シャワーOK
・入浴、飲酒、マッサージなどはウルセラ施術の翌日からOK
・赤み、腫れが出る場合も2~3日で収まる(冷やすと更に効果的)
・リフトアップ効果は施術直後から段階的に1~2か月後にピークを迎える

フェイスラインのたるみが気になるものの、美容外科クリニックのリフトアップは敷居が高い、ダウンタイムなどを考えると時間がない、施術自体も術後も激痛だろうなと勘違いしている方はウルセラという解決策を選択肢に入れることをお勧めします!
ウルセラのリフトアップで顔痩せ・たるみ改善・若見せを目指したい人は是非美容外科クリニックで相談してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.