「キレイになりたい」を叶えるメディア

サーマクールの後遺症・失敗例|後悔する前に知っておきましょう

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

メスを使わず、手軽でリスクの少ないフェイスリフト・リフトアップで評価されている美容医療といえばサーマクールとサーマクールアイです。
こちらの記事では、サーマクールの危険性や失敗、後遺症となるケースなどのリスクについて詳しく解説します。

結論から申し上げると、サーマクールで失敗が起こる可能性はゼロではありません!ただし自分で気を付けることで先んじてなるべく失敗を防ぐことはできます。

注意事項をよく読み、安全で確実なサーマクールを受けることができれば、引き締まった若々しい表情を手に入れて笑顔が増えること間違いなしです。
サーマクール歴を長年続けている私がお約束します。

この記事を読めば、次のことが分かります。

・サーマクールで起こりうる失敗例、その原因
・サーマクールで起こりうる後遺症、その原因
・サーマクールに失敗したとき、後遺症を残さない方法
・サーマクールの失敗、後遺症で後悔しないためにできること
・サーマクールに失敗した人、後遺症の残った人の口コミ&体験談

知ることは怖いことではありません。怖いのはリスクを知らずに失敗してしまうことです。サーマクールの失敗例を事前に知って、後悔しないサーマクールの施術を受けられるよう準備しましょう。

サーマクールの失敗例・後遺症 起こりうるもの全部まとめ

サーマクール

サーマクールで失敗している人、後遺症の残ってしまった人はどんな症状を抱えているのでしょうか。よくある副作用・副反応なども含めてまとめて紹介します。

赤み・腫れ

副反応の一つである可能性が高い

基本的にはダウンタイムなしと言われているサーマクールですが、稀に赤み・腫れが発生します。肌の白い人や皮膚の薄い人などに出やすいと言われています。
こちらは副反応の範囲で、そこまで重篤な副作用ではありません。よくある(と言っても全体の数%~20%前後です)赤み・腫れは術後から翌日、長くても2~3日で、自然に引いていきます。
術後すぐに赤み・腫れを感じた場合には冷却することで早く引く可能性があります。冷やしたタオルや冷却シートなどを活用してとにかく冷やしましょう。
サーマクールの効果による<張り>とサーマクールの副作用である<腫れ>はどちらであるか少し判断の付きにくいものです。いずれの場合でも違和感を覚えたら冷却しておけば間違いありません。冷却することでサーマクールの効果を失うものではありませんので安心してください。

サーマクール失敗によるものの場合

広範囲の赤み・顔がパンパンに膨れ上がるような腫れの場合、照射に失敗して赤く腫れている場合があります。
照射している時よりも更に痛みが増していたり、むくみが激しい場合には早めに医師への相談をしましょう。不信感もあるかもしれませんが、まずは施術を行った美容外科クリニックを訪ねることが大切です。
通常サーマクールの副反応による赤みや腫れは2~3日で収まります。1週間経ってもずっと赤み・腫れが引かないのは異常事態なので放置せず診断を受けてください。火傷については次章でも述べますが、あまりに長引く赤み・腫れは火傷となってしまっているかもしれません。水疱やケロイドなどの後遺症に発展してしまうかもしれないので早めの正しい処置を受けましょう。

火傷

正常な施術の副反応で火傷を負うことはありえない

サーマクールは皮膚の表面ではなく、真皮と皮下脂肪組織の線維に作用する高周波(RF)を使用しています。この高周波は高温で、ダメージを与えながら引き締めを行うのですが、正しい手順で治療を行った場合、火傷を負うほどのダメージを受けることはありえませんので安心してください。

サーマクールの失敗例では起こりうる

それでも起こりうるのがサーマクールによる火傷です。
サーマクール治療では火傷を負うほどの照射エネルギーを与えることはほぼあり得ませんが、高温で熱エネルギーを加えてダメージを負わせる関係で、何らかの手順のミスや照射方法のミスによって火傷を負うケースがありました。
サーマクールのマシンには冷却機能が搭載されていて、冷却しながら照射を行っているため肌の表面だけが火傷を負うことはほぼないです。火傷を負うとしたら基本的には肌の内側・深い層となります。その火傷が表面まで到達して水疱となってしまったり、ケロイドになってしまうことはあります。
主な原因としては照射量過多・照射時間超過・トリートメントチップの不良・純正チップではない・チップの使いまわしなどが原因として挙げられていますが、サーマクールの経験豊富な医師が在籍しているクリニックでこのような初歩的なミスが起こるとは考えにくいです。
サーマクールのリスクとしてはありえる火傷ですが、現在の日本の医療で火傷を起こすほどのミスは起こらないでしょう。

尚、サーマクールの日焼け・火傷・水ぶくれの危険があるかどうかについてご興味あられる方はこちらをご覧ください。
サーマクールで日焼け・火傷・水ぶくれの危険?リスクについて

ニキビ

副反応としてはありえる

高温の照射によってニキビ治療にも繋がるサーマクールですが、ニキビ跡・クレーターとなってしまった毛穴のたるみもサーマクールで解消できます。
しかし、サーマクールによってニキビのなかった部分に赤いぽつぽつニキビが現れてしまう可能性はあります。これは皮膚の中に熱エネルギーを照射して活性化させることで起こりうる現象です。
長くても1週間程度で引くはずですが、それ以上続くようであればサーマクールの副反応以外の原因も考えられるため病院で相談することをお勧めします。

後遺症として考えられる症状

サーマクールの副反応でニキビができてしまった場合、ニキビ跡が残ってしまう可能性があります。後遺症というほどのものではないかもしれませんが、きれいになろうとしてニキビができて、それが跡になってしまっては意味がないどころか逆効果です。
ニキビの跡を残さない方法を試しましょう。化粧品やサプリだけでなく、エステや美容医療に頼ることもできます。
サーマクールを繰り返すことでニキビ跡がなくなるということもあるため、ニキビができてしまったら医師に相談しておくと安心ですよ。

尚、サーマクールはニキビ跡・クレーターにおすすめかどうかについてご興味あられる方はこちらをご覧ください。
サーマクールはニキビ跡・クレーターにおすすめ?効果を分かりやすく解説

頬がこける

副反応の範囲ではない

サーマクールによって頬がこけてしまったというケースを聞くことはありますが、副作用の範囲ではありません。
もし頬がこけてしまった場合には照射の失敗が考えられます。

サーマクールの失敗によって頬がこけた場合

 

照射のパワーが強すぎたり、効果が強く出すぎた場合に引き締めを超えて頬がこけてしまうことがあります。
カウンセリング時に照射のエネルギーレベルや照射の位置・角度を決めるはずですが、経験豊富な医師であればこの時点でしっかりと計画を立ててくれます。
サーマクールを日本で受ける場合には必ずカウンセリングがあるはずですが、失敗例のある病院などではいきなり施術を始めていたり、とにかく強い照射をウリにしていたりなどの共通点があるようです。
医師の経験や症例数は事前に確認して、丁寧なカウンセリングをしてくれる病院を選びましょう。

尚、サーマクールのリスクについてご興味あられる方はこちらをご覧ください。
サーマクールで頬がこける?老ける?リスクについて詳しく解説します

肌に凹凸が生まれる

正常な副反応としてはあり得ない

サーマクールの副作用はせいぜい軽い赤み・腫れ、たまにニキビなどが現れる程度です。
サーマクール施術後に肌に凹凸が現れた場合には何らかのトラブルが起こっていると考えましょう。

サーマクールの失敗例では起こりうる

照射のエネルギー量に問題があると真皮や肌深部の細胞が破壊されてしまい、肌の再生が正常に行われなくなる危険性があります。その結果肌に凹凸が生じてしまう可能性へと発展するのです。
また、照射の範囲や強度がちぐはぐだったりするのも応答つの原因となります。サーマクール認定医や名医でなくても、普通の医師であればその点の過ちを犯すことはありえません。しかし経験不足・力不足の医師による施術や、本来NGとされている看護師による照射で肌の凹凸トラブルの例を聞くことがあります。

シワができる

クレヴィエル 額・おでこへの効果

副反応の範囲ではない

サーマクールによってほうれい線など新たなしわができてしまいうというのは副作用の範囲ではありません。
もしシワが新たにできてしまった場合にはサーマクール施術の失敗が考えられます。

サーマクールの失敗でシワができる

本来不要な部分への照射をしてしまった場合にシワやほうれい線になってしまう可能性があります。厳密にはほうれい線・しわというよりもヨレてしまっている状態かもしれません。
こちらも照射ミスによるものなので、経験豊富な医師による施術であればほぼありえません。
口コミではたまに見るシワ・ほうれい線ですが、失敗画像は出てきませんでした。
小じわやほうれい線に関しては失敗のみでなく、サーマクールを照射してから1年程度経過して引き締めた部分が元に戻ってきてしまうことでも起こりうる現象です。これは失敗例ではなく、時間が経つことでキープ力が低下してしまっただけなのでサーマクールを繰り返すことで改善できます。

張りがなくなる

副反応の一つである可能性が高い

サーマクールの照射後1週間程度は、熱エネルギーによりダメージを負った部分の水分が減少してハリがなくなったように感じる時期がある場合があります。
これはサーマクールの効果が一番出る、照射後1~2か月後のための準備期間である可能性が高いです。
とはいえ肌の内側はダメージを負っている状態となりますので、化粧水によるケアやパックなどいつもより丁寧な保湿が必要です。

サーマクールのやりすぎ

サーマクールの失敗で張りがなくなる可能性はありえます。ただし、失敗と言っても医師のミスによるものだけではありません。
サーマクールは6カ月以上の間隔を空けて照射することが推奨されています。それはサーマクールによってダメージを負う→修復の期間でハリが生まれる(1~2か月)→肌の内側が完全に修復されるまでの期間が6カ月と言われていて、その期間が過ぎてからの繰り返し照射を行うことで効果を維持することができます。
この感覚のルールを無視して短い期間で照射してしまうと、サーマクールでハリを失ってしまったり、酷い場合には深刻なダメージや火傷を負う場合もあります。
適切な間隔を空けることでサーマクールでハリがなくなるということはないので注意しましょう。

サーマクールで失敗してしまったら?対応方法を解説

サーマクールで失敗する可能性は極めて低いですが、例えば副作用・副反応が起こってしまった場合や、サーマクールで失敗したと感じた場合にできる対処法について紹介します。
万が一に備えて、知識を蓄えるつもりでご一読ください。

赤み・腫れ・火傷はすぐ冷やしましょう

サーマクールによって赤み・腫れ・火傷の症状がある場合はすぐに冷やすことがおすすめです。
通常の日焼けや火傷でもそうですが、なるべく炎症を抑えるためには冷却が一番です。冷タオルや冷却シートで冷やしましょう。
もちろん、水疱になるほどの酷い火傷の場合は医師の診断・治療が必要となります。酷いやけどを負った場合は施術を受けた美容外科クリニック・皮膚科・美容皮膚科などで相談することをお勧めします。
サーマクールの施術を行ったのはいつか、赤み・腫れが出てきたのはいつか、水疱など悪化した場合はいつ頃から症状が現れたのかを答えられるようにしておくとスムーズです。
焦らずに、ただしなるべく急いで対応することで、跡が残らないように対処することが重要となります。
サーマクールの通常の反応程度の赤み・腫れであれば冷やさなくても数日以内に元通りになります。しかし、赤み・腫れが気になる場合や早く抑えたい場合は冷やしておくと良いので覚えておいてください。

ニキビは1週間くらい様子見

サーマクールの副反応の範囲でニキビが現れることがありますが、通常であれば1週間程度で収まります。
1週間以上ニキビが続く場合はサーマクールの失敗よりも他の原因が考えられるので、サーマクールを行った美容外科クリニックでも良いですが皮膚科や美容皮膚科で相談するのがおすすめです。
あと気を付けるのはニキビをそのまま放置して跡を残してしまうことです。化粧品やサプリ、医師に処方してもらった薬を正しく使用し、清潔な状態を保つことで防ぐことができますよ。

その他のトラブルはすぐ美容外科・美容皮膚科へ!

サーマクールによって頬がこけた・シワができた・逆にたるんでしまったという場合にはまずサーマクールを受けた美容外科クリニックで相談しましょう。相手はミスを認めない可能性がありますが、ヒアルロン酸注射や他のエイジングケア治療などの対処法なら行ってくれます。
失敗しないに越したことはないですが、失敗が発覚してからも対処はできます。
放置してしまうとより老け顔になってしまったり、元に戻らないなんてこともあり得るので必ず医師へ相談して下さい。
「サーマクールに失敗した医師・病院は信用ならない」という場合には別のクリニックを訪問するという方法もあります。
それでもまずは、現在自分に起こっているトラブルが正常なものなのか、サーマクールは失敗だったのかなどを施術を行ったクリニックで確認しておいたほうが良いでしょう。
真摯な対応が望めない場合には、信用できる医師に相談してそれから修正施術を受けることをお勧めします。

サーマクールはあくまで副作用の心配のない、安心・安全な引き締め美容医療ですが、失敗してしまった場合にはそれぞれの対処法があります。
自己判断でいろいろ行うよりも医師に相談したほうが確実です。

サーマクールで失敗しないための教訓

サーマクール

サーマクールの失敗の原因と、サーマクールで失敗しないための方法について解説します。
病院選びの参考にしてください。

経験豊富な医師が在籍・監修している病院を選ぶ

サーマクール

「サーマクールを取り扱っている」とうだけの美容外科クリニックはたくさんあります。大切なのは「サーマクールの実績が豊富か」「経験豊富な医師が在籍(もしくは監修)しているか」に注目することです。
いくら手軽な施術と言っても、それは患者が受けるにあたって手軽というだけであって、サーマクールの施術にはコツがあります。医師であれば誰でも成功する施術ではありません。深さや角度、照射すべき場所は経験を積まないと習得できない施術です。看護師が施術を行うなんてもってのほかです。

「美容クリニックとしての歴史が長い医院の50~60代医師」を選べば良いわけでもなく、「20代の若い医師だから不安」と思う必要もありません。大切なのは症例数や成功例を持っているかどうかです。
例えばサーマクールの認定医が所属していたり、サーマクールの症例数を開示していたり、サーマクールの成功例の写真をHPに公開・院内に提示しているなどのクリニックは期待が持てますよ。

経験の浅い医師による施術でも、サーマクール認定医や経験豊富な名医がしっかり研修を行っているクリニックであれば安心です。失敗例の情報ばかりに踊らされて怖がらずに、実績重視のサーマクール病院選びをすることで失敗しないサーマクールを受けられるでしょう。

機種から選ぶサーマクールで安全性UP

サーマクールが初めて使用されるようになったのはサーマクールTC3が開発された2002年です。続いて2007年にサーマクールNXT(サーマクールネクスト)という次世代機器が開発され、バージョンアップしたサーマクールCPTという機種が使われるようになったのは2009年となっています。サーマクールアイはサーマクールCPT開発と同時に導入された目元専用の機種です。それまでできなかった目元のたるみ・小じわ改善が可能となりました。
2018年に最新機種のサーマクールFLXが開発されていますが、それぞれの機械の効果はどれも同様で「引き締めと小じわの解消」にあたります。

機械は新しくなるにつれて効果が上がり、痛みが軽減されています。
元々安全な施術方法であるサーマクールですが、安全面においても徐々に改良されています。
サーマクールFLXやサーマクールCPTなど比較的新しい機種を導入しているクリニックは特にサーマクールに力を入れていて症例数も多い場合が多いです。

公式サイトからは使用している機種の情報がわからない場合には、Web・メールで問い合わせたりカウンセリング時に使用機械について尋ねてみることで安全性を上げましょう。

安さには理由あり。注意が必要です。

サーマクールを相場よりも安く、格安で施術を行っているクリニックを見かけます。
例えばクリニック自体・もしくは新人医師の実績数を増すためにモニター価格で施術を行っているというパターンもありますし、企業努力による低価格提供もあります。
特に気を付けなければいけないのは理由が明確でなく、なぜかすごく安いというサーマクール施術です。

安く施術ができるに越したことはないですが、危険を伴う可能性があります。
サーマクールによって頬がこけてしまったり、逆にシワが増えてしまうなどの後遺症が残るのはだいたいが先端のチップの使いまわしによるものです。次点で不適切な照射出力など医師のミスが考えられます。
低価格でのサーマクール実施をするため、原価を抑えようとチップの使いまわしを行っている病院が存在するようです。
日本ではあまり聞きませんが、海外などでは特にアジアでの事例で見かけることもあります。

失敗画像を調べてみると、目も当てられないような水疱の残った火傷跡やたるみきってしまって40代でおばあさんのような頬などを見かけることがありました。
安さには安いなりの理由があります。安全面が保証されているのであればもちろん問題ありませんが、無理な価格設定を行っているような病院には要注意です。

ルールを守って正しく施術受ける

医師・機器・病院選びのコツはわかったと思いますが、実は自分でも気を付けなければいけないことがあります。
それは正しい間隔を空けてサーマクールの施術を受けるということです。
サーマクールは肌の内側にダメージを与えてその刺激で引き締め・リフトアップを行う施術です。
ダメージが完全に修復しきらないうちに施術を受けると肌がダメージを受けすぎて火傷やたるみなど逆効果になってしまいます。
日本のクリニックでは基本的に半年以上の期間を空けるよう言われています。
また、照射の強度についても余計な口出しはせず医師の判断に任せましょう。安易に「最強で!」とオーダーして火傷・ケロイドになってしまっては元も子もありません。

サーマクールに失敗した人、後遺症の残った人の口コミ&体験談

サーマクールの口コミを集めました。悪い口コミも紹介しています。
サーマクールで失敗しないための参考にしてください。

60代女性

サーマクールは全然効果なし。失敗しました。
ほうれい線が消えるなんて嘘。評判はあてになりませんでした。
受けてからちょっとしてから若干ハリが出たような?という期間はあったもけれども、すぐ元通り。せいぜい数週間程度?がっかりです。

30代女性

サーマクールは、毛穴の開きが気になってやりました。翌日ニキビがひどくなってて驚きです。電話で聞いてみたらたまにあることなんだとか。えー!先に言ってよ!説明受けてないです。

40代女性

失敗したサーマの後遺症の写真を見てすごく怖かったのですが^^;いつもお世話になってる美容外科でお尋ねしたら「初代の機械や海外の事例ではありえたけど、今の日本でこのレベルの失敗が起こるとは考えにくい」って。
安心して受けられました♪

60代女性

10年以上前に話題になったサーマクールで大失敗しました。おすすめされて施術を受けたら頬に影ができてしまってなんだか病気みたいな顔つきになって散々です。
元々あまり脂肪のないタイプの顔周りでしたけど、それが原因かもと言われて泣き寝入りしたのが今でも悔しいです。今だったら絶対に強く出られるのに。

サーマクールで失敗と思っている人の口コミは他にもありますが、だいたいがサーマクール開発当初に経験不足の医師による施術を受けた人や、大きなシワ・たるみに思ったほどの効果がなかった、などでした。
ケロイドになるほどの火傷や頬がこける、肌がデコボコするなど重篤な後遺症を受けている人は殆どいないようですが、そういった例があるのは本当のようです。
そういった例はだいたいが海外の施術や激安でサーマクールを提供している病院であったり、経験不足の医師による人為的なミスで、十年レベルで昔の出来事でした。

サーマクールは基本的に殆ど副作用のない安心・安全の美容医療です。
病院選び・医師選び・機種選びに注目して、失敗しないサーマクールを受けましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.