「キレイになりたい」を叶えるメディア

サーマクールは繰り返し・何回も継続が必要?間隔や回数・頻度について

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

小じわやたるみの解消に良いと言われて2000年代から人気の美容医療がサーマクールです。
こちらのページにご訪問いただいているあなたも、サーマクールをやったことがある・やってみたいが現在は情報収集中ではありませんか?

サーマクールの効果については理解したけれど、実際に施術を受けるとなるとどれくらいのスパンで行うべきなのか、2回目の施術はどの程度の期間を空けたらできるものなのかが気になりますよね。

結論を先に言うと、サーマクールは6カ月以上の間隔を空けたら受けられます。一度の施術で効果は表れますが、効果をキープしておきたい方は繰り返して施術を受けているようです。
正しいメンテナンスを続ければしわ・たるみしらずの美魔女になれること間違いなしですよ!
サーマクールを実際に何度も繰り返している私がお約束します。

この記事では、

・サーマクールの効果の持続について
・サーマクール2回目以降の最適な施術間隔と頻度
・サーマクールの回数は多いほど良いのか
・サーマクールを繰り返すことで副作用などはないのか
・サーマクールを複数回受けている人の口コミや評判

など、これからサーマクールを受けたいと思っている人や、サーマクールの2回目以降をどうするか悩んでいる人のお役立ち情報を徹底解説しています。

サーマクールでたるみやシワを解消して、最大限の効果を保ちたい人は是非チェックしてみてください。サーマクールを1回受けて満足したという方も、こちらの記事を読んでおいたら、現在の仕上がりをそのままキープすることができますよ。

まずは、サーマクールの効果とその持続期間について解説しますね。

サーマクールの効果と持続期間

まず基本情報として、サーマクールはRF(高周波)という電気エネルギーを使用したレーザー治療で、真皮と皮下脂肪組織の線維にダメージを与えるリフトアップ治療法です。
必要な場所にのみ熱を加える照射方法なので肌の表面に傷や火傷を負うことはありません。
メスを使わず、麻酔も不要で行えるほど痛みの少ない施術で、負担が少なく日帰りの1~2時間程度で施術ができるため2002年の初代機種(サーマクールTC3)が開発されてから20年近く、美容外科クリニークで人気の施術方法となっています。

サーマクールは早い人であれば即日から2日ほどで肌の張りを感じる程度の効果を感じます。でもこれはまだ序の口です。
その後1~2か月の間にサーマクールの本来の効果が得られるようになります。たるんでボヤっとしたフェイスラインがキュッと上がって小顔になり、頬に現れたほうれい線も消えて口元が若返りる他、小じわの改善や目の周りのたるみも解消することが可能です。

サーマクールを受けてから1~2か月後はサーマクールの効果を一番感じやすい時期と言えるでしょう。
なぜなら、施術後1~2カ月程度経過すると、サーマクールで熱ダメージを受けた患部が自身の再生力によってコラーゲンを生成して、肌の内側にできたコラーゲンが素肌にハリとツヤを与えて、スッピン肌が一番美しいタイミングとなるからです。
サーマクールの満足度が高まるのもだいたい施術後1~2か月が経過してからとなります。施術後すぐにハリを感じない人は「こんなもの?」と思われるかもしれませんが、効果が充分に発揮されるまでもう少し様子を見ておくと後で「これか!」と思えるタイミングがやってきますよ。

サーマクールの効果が続くのその後6カ月から1年程度です。新たに生成されたコラーゲンは肌になじんでいきますが、リフトアップの効果はそのまま続きます。肌の状態は6カ月~1年程度経過すると元のたるみやすい・伸びやすい皮膚に戻ることになるのです。
サーマクール自体の効果の持続はこの半年から1年となります。サーマクールを繰り返している人はだいたいこの期間で2回目以降の施術を受けられているようですよ。

この効果の持続期間は2代目のサーマクールNXT(サーマクールネクストと読みます)、3代目のサーマクールCPTも同様となっています。

サーマクールを複数回受ける

サーマクールを2回以上受ける場合、最短どの程度の期間を空けたら施術を受けられるのか、最適な感覚の空け方、何回受けたらよいのかなどについて解説します。
また、サーマクールを繰り返すことのデメリットや副反応などについても説明しますので気になる情報をチェックしてくださいね。

サーマクール2回目が可能となるのは6カ月後

サーマクールは照射の範囲が広く、熱ダメージを与える範囲も広いです。よって2回目以降も同じ場所に重ねてレーザーを照射することとなります。
そのため施術後すぐに2回目の照射をすると思わぬ副作用が現れる可能性もあるため、2回目以降クリニックを変えるにしても必ず1回目の照射から半年(6カ月)以上空けて施術を受けましょう。
もし万が一、半年以内にどうしても小じわが気になるようになってしまったら、フォトシルクやウルセラなど、サーマクールとは別の層に効く施術なら受けることが可能です。ただし自分の判断のみで施術を受けるのは危険行為です。いつサーマクールを受けて、今回は何が気になっていて、どうしたいのかは医師に説明できるようにしておきましょう。

効果を最大にするサーマクールの続け方

サーマクールによるリフトアップを継続したい場合、効果を最大限感じるのは半年から1年以内の照射を継続することです。
私の場合は他にも美容医療を受けているのもあり、わかりやすく「毎年5月に」と決めてサーマクールのフェイスリフトを繰り返していますが、人によっては半年に1度受けていたり、他の治療と併用して8~9か月間隔で施術を受けているという方もいます。

半年から1年の間にフェイスリフト効果がゼロになって完全に元通りになるわけではなく、そのくらいの期間でリフトアップのキープ力がなくなるというだけなので、またリペアしてあげるような感覚でサーマクールを行うことでサーマクールの効果をキープできるという結果になります。

リフトアップのキープ力がなくなる前に、8~9カ月程度で2回目以降のサーマクールを受けるのが効果を最大にするポイントとなるようです。そうすることで毎年施術を受けるよりも効果が長持ちして3回目以降の間隔を空けてもフェイスリフトのキープ力がなくなるということはありません。

サーマクールの効果を最大にして、若々しい素顔をキープしたい場合には半年~9カ月程度の間にサーマクールを続けると確実です。
正しい間隔を空けることで、熱ダメージがちゃんと回復してから次回の照射を受けることになるため副作用の心配もありません。
効果を求めるのであれば、定められた間隔をしっかりと空けて程よい継続が大切です。

リフトアップ効果を長続きさせる

サーマクールの正しい間隔についてはご理解いただけたと思いますが、リフトアップ効果を長続きさせるためにはサーマクールを受け続ける他にも方法があります。
それは、自身でのケアを怠らないことです。

サーマクール自体の効果は約6カ月~1年でなくなってしまいますが、残るのは「たるみやすい・伸びやすい」状態の皮膚です。
このタイミングで最適なケアを行い、リフトアップした状態の顔をキープできたらサーマクールを繰り返す必要はありません。

特に紫外線ダメージなどで若くして小じわができてしまっているタイプの方などは、サーマクールは1回だけで満足して、その後は化粧品やエステ通いで何とかしのいでいるというケースもあります。

それでは、たるみや小じわがなぜ起こってしまうのか説明します。

たるみ・シワの原因

クレヴィエル 額・おでこへの効果

たるみの原因の一つは老廃物の巡りの悪さです。
通常なら流れていくはずの水分や老廃物が何らかの理由で肌に留まってしまい、浮腫んでそのままたるみに発展してしまいます。
ほうれい線や目元のダルっとしたクマもこういった巡りの悪さが関係しています。

たるみ・シワの原因もう一つは乾燥や紫外線ダメージなどです。正しく乾燥予防・日焼予防をしておかないと毛穴が開いてしまい、開いた毛穴の分だけたるんでしまったり、毛穴を中心としてシワになることもあります。

たるみ・シワの原因はまだあります。顔を支える土台の部分・筋肉が衰えてしまうとそのまま自重に負けてたるんでしまったりシワになります。ブルドッグ顔になってしまったりゴルゴ線・ほうれい線のもとにもなります。

たるみ・シワを予防することでリフトアップ効果を持続

めぐりを良くする

たるみ・むくみの原因となる老廃物を溜めないために、巡りを良くする生活習慣を心がけることでたるみ・シワを予防します。
具体的には体を温めたり、食生活に気を付ける、サポート成分を含んだサプリを飲むなどで対応可能です。

マッサージやゲルマローラーなども有効ですが、サーマクール施術後すぐ・当日などはマッサージなどによる刺激を与えてはいけません。早くとも翌日以降から始めてください。

紫外線ケア

外出前には必ず日焼け止めを塗る、帰宅してからも入浴後は紫外線ケア系の美白コスメを使用するなどで紫外線ダメージを最小限にしましょう。
紫外線ケアは美肌のためにも必要ですし、新たなシミ・シワを増やさないためにも必ず行ってください。

乾燥予防・保湿ケア

乾燥も小じわやたるみの元となります。すべての美の基本として、保湿ケアはこまめにすることでサーマクールの効果を持続させることが可能です。

口元・頬の体操

顔の土台となっている筋肉を衰えさせないことも大切です。
サーマクールでフェイスリフトができたら、それをキープするためのエクササイズを始めてください。そうすることでたるみにくい・シワになりにくい土台を作ることができます。

せっかくお金をかけてサーマクールの施術を受けるのであれば、なるべくキープしたいですし、継続するにしても間隔を空けられたほうが経済的ですよね。
サーマクールの効果は永久ではないからこそ、自身の努力を重ねることで効果を保つことができます。
美意識は高く、美容代は安く済ませるために頑張りましょう。

サーマクールの口コミ・体験談

実際にサーマクールを受けたことのある人、続けている人の声を集めました。

Twitterより

その他の口コミ

30代女性

きりよく10カ月に1回サーマ通いすることにしてます。
なんかすごい私には合ってて、他のレーザーとかなしでこれだけ効果が出るのは珍しいみたい(笑
20代の後半くらいから気になってたゴルゴ線?ってのも消えたし、よく妹と逆に間違えられるしホント嬉しい♡絶対続けたいけどサーマで間に合わなくなったらいよいよ糸かな(汗 できれば避けたい。。。

50代女性

仕事の関係で連休は取れないからダウンタイムなしのリフトアップを選びました。
手術に比べたら安いし、そんなに強い刺激でもないみたいだから何回かやらないと効果なんて期待できないだろう、というイメージは完全に裏切られました。1回でも意外といけるんですね。何回もやっている人がいるから勘違いしていました。
効果を保つための2回目・3回目なんですね。医師に言われるがまま半年スパンで予約して通っています。もう少ししたら1年間隔で大丈夫になると言われました。

30代女性

サーマクールは27歳の時に初めてやってしばらくやってなかったけれどたまたまキャンペーンを見かけて久しぶりにやってみたのがキッカケです。当時とはまた違ったところに当ててもらったけど、結局全体が気になって半年たってすぐに全顔やっちゃいましたw
全然安いとは思わないけど払えない額ではない。うまいことできてるなあ。
たぶんまた続ける気がします。実は友達からも聞かれてすすめちゃったし笑わたしがやめるわけにもいかずなところはある。

いかがでしたか?
サーマクールの回数や頻度についてイメージがついたのではないでしょうか。

こちらの記事をまとめると以下の通りになります。

タイトル
・サーマクールは6カ月以上の間隔を空ければ継続照射OK
・半年~1年以内の照射で一番効果が継続できる
・ただし3回目、4回目以降はスパンを長くしていくことも可能
・サーマクール以外のたるみ、シワ予防をしておくことでリフトアップのキープ力が上がる

正しい間隔でサーマクールを受けて、もう老けない顔を手に入れましょう!
詳しくは是非カウンセリングで相談してみてください。

尚、サーマクールのショット数についてご興味あられる方はこちらをご覧ください。
サーマクールのショット数とは?400と600ショットの違いを徹底比較

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.