「キレイになりたい」を叶えるメディア

ふくらはぎボトックスは効果なし?打っても効果ない人の特徴・理由とは

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

“パンパンのふくらはぎ”をスッキリさせて美脚を手に入れるためにダイエットやマッサージ、筋トレに励む方が少なくありませんが、なかなか一筋縄では部分痩せに成功できない厄介な部位でもあります。
もしダイエットやマッサージ、筋トレをしても足痩せできない場合、原因は脂肪ではなく筋肉にあるかもしれません。
そんなお悩みを抱えている方の間で今人気を集めているのがふくらはぎへのボトックス注射です。

発達しすぎた筋肉を強制的に痩せさせることで足痩せを実現させることができるふくらはぎへのボトックス注射ですが、打てば必ずしも効果を実感できるわけではありません。
ふくらはぎへのボトックス注射はメスを使用しない簡単手軽なプチ整形としても人気の美容注射ですが、せっかく施術するなら失敗して後悔・・・というケースは避けたいですよね。

結論から言うと、ふくらはぎへのボトックス注射が効果なしのタイプの人がいます!でもそれにはちゃんと効果なしのタイプの特徴と原因が分かっています。

そこで今回はふくらはぎへのボトックス注射で効果なしの失敗だけは避けたいという方に向けて、

・ふくらはぎにボトックス注射を打っても効果ない人の特徴と原因について
・ふくらはぎボトックスが効果なしだった体験者の口コミ評判

といった内容をご紹介します。

この記事を読めばふくらはぎへのボトックス注射が効果ない人の特徴とその原因が事前に分かり、自分が実際に施術した場合の失敗リスクと失敗した場合のコストと時間の無駄を省くことができます。
実際にふくらはぎにボトックス注射を打って失敗することなく効果を実感できた私が保証します!

ふくらはぎにボトックス注射を打って足痩せを成功させたい、美脚を手に入れたい・・・でも効果なしの失敗は避けたい・・・という方はぜひ参考にしてみて下さいね。

ふくらはぎにボトックス注射を打っても効果ない人の特徴と原因について

ふくらはぎへのボトックス注射は基本的に施術してから数日後には効果が現れ始めます。
早い方だと1週間程、多くの方は2週間ほどでふくらはぎが細くなったと感じ始め、ほとんどの方が約一ヵ月後には足痩せ効果を実感できます。
ただし、ふくらはぎにボトックス注射を打った方の中には一ヵ月経っても三ヵ月経っても効果ない方がいます。

これには明確な特徴と理由がハッキリと判明しているため、事前に知っておきさえすれば効果ないのにボトックス注射を打つコストや時間の無駄を省くことができます。
そこでふくらはぎへボトックス注射を打っても効果ない人の主な特徴とその原因をまとめてご紹介します。

効果ない人の特徴①ふくらはぎの筋肉が発達しすぎている人

ふくらはぎにボトックス注射を打ってもなかなか効かない場合、考えられる原因として“筋肉が発達しすぎている”と考えられます。

そもそもボトックス注射は筋肉を強制的に痩せさせる作用に優れた薬液を気になる部分に注入することで部分痩せを実現する美容注射です。
つまり筋肉がある部位であればほぼ必ず部部痩せはできるということです。
しかし筋肉が発達しすぎている場合にはなかなか効果を実感することができず、その結果「効果なし」と感じてしまうケースがあります。

“パンパンに膨れたふくらはぎ”の程度は人それぞれですが、特に“ししゃも”と呼ばれるタイプのふくらはぎの方は一般的に太いとされるふくらはぎよりもさらに太い状態と言えます。
このふくらはぎの筋肉が発達しすぎているタイプの方は1回のボトックス注射で足痩せ効果を実感しにくく、2回、3回と施術を行うことでやっと効果を実感できるパターンが多いです。

では1回に打つボトックスの量を多くすればいいのでは?と思うかもしれませんが、それは絶対にNGなので注意しておきましょう。
確かに1回に打つボトックスの量を多くすれば効果もアップしますが、逆に効きすぎた場合にはふくらはぎの筋肉が急激に衰えてしまい歩行困難などの副作用を引き起こすリスクがあります。
つまり筋肉の量に見合った適切な量を打つこと、そして1度に完璧な効果を求めるのではなく施術回数を重ねることで少しずつ理想の美脚へと導くことが重要ということです。

効果ない人の特徴②脂肪が蓄積している人

ふくらはぎへのボトックス注射は“パンパンに膨れたふくらはぎ”の原因が筋肉である場合には必ず効果を実感できます。
しかし原因が“脂肪の蓄積”である場合には確実に効果なしです。

原因は筋肉だと思っていた・・・でも実際は脂肪の蓄積だった・・・
こんな失敗は時間とコストの無駄になるので、できれば避けたいですよね。
自分の“パンパンに膨れたふくらはぎ”の原因が筋肉なのか脂肪なのかを見極めるには、実際にふくらはぎを摘まんで確認することができます。

ふくらはぎを摘まんでみて、肌の表面にデコボコの凹凸ができた場合には脂肪が蓄積している証拠です。
摘まんだ際に現れるデコボコの正体はセルライト(脂肪の塊)です。
ふくらはぎを摘まんでセルライトが現れる場合はかなり蓄積している状態と言えますが、蓄積し始めの初期段階では現れません。

もしふくらはぎを摘まんでみて表面にデコボコができなかった場合、さらにねじってみましょう。
ねじってみてデコボコができた場合にはセルライトの蓄積が始まったばかりの初期段階と言えます。
もし太いふくらはぎの原因が脂肪である場合にはボトックス注射は効果なしなので、まずはダイエットやマッサージなどを行い、、それでも部分痩せに成功できない場合にはBNLS(脂肪溶解注射)を打つと部分痩せ効果を得ることができます。

効果ない人の特徴③むくみが酷い人

“パンパンに膨れたふくらはぎ”の原因が発達しすぎた筋肉や脂肪ではない場合、原因として“むくみ”が考えられます。
ただしむくみだけが原因の方もいれば、筋肉が発達しすぎているうえにむくんでいるパターンや脂肪が蓄積しているうえにむくんでいるパターンなどもあります。

原因がむくみのみの場合はボトックス注射は効果なし、発達しすぎの筋肉+むくみの場合はボトックス注射はある程度効果あり、脂肪の蓄積+むくみの場合はボトックス注射は効果なしとなります。
いずれにしてもむくみを解消しないことには足をほっそりさせることはできません。
とはいえ原因がむくみだけなのか、+筋肉の発達なのか、+脂肪の蓄積なのかを見極めることが重要となります。

むくみを見極めるポイントは、ふくらはぎを摘まんでみること。
摘まんで手を離した際に摘まんだことで凹んでいた肌表面がゆっくりと元に戻っていく場合は足がむくんでいる証拠です。
足がむくむ原因は血行不良や老廃物の蓄積など主に生活習慣に原因があるため、むくみそのものを解消するには適度な運動や水分補給、食生活の見直しといった生活習慣の改善が必要となります。

効果ない人の特徴④運動量が多い男性

ボトックス注射には筋肉を強制的に痩せさせる作用がありますが、筋肉は使用すれば使用するほど鍛えられ発達していくものです。
つまりふくらはぎにボトックス注射を打ってもふくらはぎの筋肉を使用すればボトックス注射の効果を十分に実感できないどころか、ボトックス注射の作用の邪魔をしてしまうことになります。

このパターンが多いのが主に男性です。
男性は女性と比べてもともとの筋肉量が多いほか、仕事や通勤などで足を使うことが多く必然的に毎日の生活の中でふくらはぎの筋肉を刺激しやすい環境の中にいると言えます。
そのため運動量が多い男性ほどふくらはぎへのボトックス注射の効果を実感しにくいといえます。

これは女性にも当てはまることでもあり、運動量が多い女性がふくらはぎにボトックス注射を打っても効果ないパターンが多い傾向にあります。
そのため元々運動量が多いゆえにふくらはぎの筋肉が発達している方がボトックス注射を打つ場合、日頃の生活習慣や運動習慣を見直さない限りボトックス注射を打っても効果ないということになります。

効果ない人の特徴⑤年齢が若い方

ふくらはぎへのボトックス注射の効果は打つ人の年齢によっても違ってきます。
これはボトックス注射が筋肉にのみ効果を発揮することと関係しており、そして筋肉は加齢とともに徐々に衰えることと関係しているためです。
ふくらはぎにボトックス注射を打ちたいという方の多くは10代や20代の頃に運動をしていたことなどが原因でふくらはぎの筋肉が発達しすぎているケースが多い傾向にあります。

一般的に30代や40代でふくらはぎの筋肉が発達したという方はほぼ見かけませんよね。
なぜなら10代や20代の頃と比べて30代や40代になると圧倒的に運動量が減り、そして加齢により筋肉量も減るからです。
つまり10~20代と30~40代がそれぞれ同じ太さのふくらはぎが悩みでボトックス注射を打ったとしても、施術後の運動量が多い10~20代は30~40代よりも筋肉が発達しやすい生活環境であるがゆえに足痩せ効果を実感しにくいと言えます。

効果ない人の特徴⑥ボトックス注射の種類や量が合ってない

エラボト

ふくらはぎが太い原因が筋肉とハッキリしているにも関わらずボトックス注射を打っても効果ない場合、考えられる原因としてボトックスの種類や濃度が合っていないと考えられます。

そもそも「ボトックス」とは米国企業のアラガン社が「ボツリヌストキシン」という薬剤をもとに開発した美容注射のことで、「ボトックス」という名称もアラガン社の登録商標となっています。
そのため美容クリニックで「ボトックス」と表記されている場合はアラガン社製のボトックスを使用しているということになります。
しかし近年ではアラガン社以外にも「ボツリヌストキシン」を使用したボトックスと同様の美容注射が開発されています。

代表的な商品

・リジェノックス(REGENOX)/ハンズバイオメイド社(韓国)
・ニューロノクス/メディトックス社(韓国)
・コアトックス/メディトックス社(韓国)
・ディスポート/イプセン社(イギリス)
・ボトックスビスタ/アラガン社(アメリカ)

どの商品も作用に差はあまりありませんが、これらの商品の中でアメリカのアラガン社製だけは日本国内で厚生労働省の承認を得た高品質で安全性が高い商品です。
アラガン社製の商品は品質管理が徹底されているため最も高い効果が期待できますが、それゆえに他の商品と比べて価格が倍近くします。

逆に韓国製の商品は価格が安いため手が出しやすいのが特徴ですが、実際に打ってみた方の体験談を見ると効果も値段相応という感じで、康かなアラガン社製に変えたら効果がアップしたという報告がネット上に数多くありました。
つまりコスト面で制約が無いのであれば初めからアラガン社製を使用することをおすすめします。

またその際は打つ量や濃度にも注意が必要です。
ボトックス注射ではよく「40単位」という言葉を耳にしますが、これは薬剤の原液(粉末状)を生理食塩水で溶かした際の単位を表します。
一般的に原液1瓶あたり100単位入っており、100単位を2.5ccの生理食塩水で溶かすため40単位で1ccの薬液になります。
生理食塩水に溶かす単位(濃度)は医師によっても異なりますが、基本的にボトックス注射では「40単位=薬液1cc」と覚えておきましょう。

しかし前述したようにふくらはぎにボトックス注射を打つ場合、筋肉の量に対し適切な量を打たないと効果は得られません。
そのためふくらはぎの筋肉量が少し多い方とかなり多い方が同じ量を打った場合、かなり多い方は効果ないと感じるでしょう。
そこで施術の際には通常量の2倍量や3倍量を打つケースもありますが、逆に打つ量が多すぎると歩行困難などの副作用のリスクもあるため“適切な量”の見極めが重要となります。

効果ない人の特徴⑦医師の腕がイマイチ

ふくらはぎへのボトックス注射で効果を左右する最大のポイントは“施術する医師の腕”といっても過言ではありません。
“パンパンに膨れたふくらはぎ”の原因が筋肉なのか、脂肪なのか、むくみなのかの見極めに始まり、効果的な薬剤の種類の提示、筋肉量に見合った適切な量を打つかどうか、実際に注射を打つ部位が適切かどうか、といったポイントの積み重ねによって効果の現れ方が大きく異なってきます。

そのため“腕の良い医師選び”が重要になりますが、美容クリニックで事前カウンセリングを行う際にふくらはぎへのボトックス注射の症例数が多い美容クリニックや医師を選びましょう。
また実際に行った施術内容を写真で紹介していたり、ネットの口コミで評判の良い美容クリニックや医師を選ぶと良いでしょう。

ふくらはぎボトックスが効果なしだった体験者の口コミ評判

口コミ体験談①(20代半ば 女性)

2年程前にふくらはぎにボトックス注射を2回打ちました。
施術時は痛みもなく、これでコンプレックスだったシシャモ脚が細くなるなら出費も痛くない!と思っていたのですが、1ヵ月経てど2ヶ月経てど全く変化がなく、3ヵ月後に2回目を打ちましたがやはり数ヶ月経っても変化がありませんでした。
後から知りましたが、私が施術を受けたクリニックはふくらはぎへのボトックス注射の症例数が少なく、医師の評判もイマイチでした。
自宅から近くて通いやすいからと安易に選んでしまった私が悪いといえば悪いのですが、まさか全く効果なしだとは思っていなかったので結局痛い出費となりました。

効果なしのまま終わるのは悔しかったのでこの2年迷いに迷いながらも情報収取をし、3ヵ月前に評判の良いクリニックでボトックス注射を打ってきました!
2年前のことを先生に話したら「恐らく打つ場所が悪かったんだろうね」とのことでした。
正しい位置に打てば必ず筋肉は徐々に細くなるとのこと。
先生の言う通り、3ヵ月経った現在では見た目が確実に細くなりました!
私のような失敗をしないためにも、クリニックや医師選びは絶対妥協してはいけません。

口コミ体験談②(30代前半 女性)

社会人になってから足が太くなったなぁと実感し、20代は足痩せダイエットに励んだものです。
でもなかなか細くならないし、エステに通う時間は無いし・・・ボトックス注射なら1回の施術時間は短いし1回打てば3ヶ月程は通わなくて済むし・・・といいこと尽くめなので体験してみることにしました。

でも実際に打っても全く効果なし。
何でだろう?とりあえず様子見することにして半年後にまた打ちました。
でもやっぱり効果なし。
何で?ヤブ医者だった?と不安になっていた時にたまたま受けた定期健診で足のむくみを指摘されました。

確かに私はデスクワーク・・・。
足が太くなったと実感したのも社会人になってから・・・。
でも痛みなどは感じていなかったのでまさか原因がむくみとは思いませんでした!

それからむくみを解消するべく生活習慣や食生活などを見直した結果、半年ほどでふくらはぎがほっそりしました。
まさかお金をかけなくても問題解決するなんて・・・。
ボトックス注射を打った医師は原因がむくみだと分かっていたのでしょうか?
分かったうえで施術したような気がしなくもない・・・。
まぁ高い勉強代になったと考えます。

<まとめ>ふくらはぎのボトックス注射が効果なしの人もいる!医師選びが失敗回避のポイント!

ふくらはぎにボトックス注射を打つとほぼ確実に部分痩せ効果を実感できますが、中には効果なしと感じる方がいるのも事実です。
今回はふくらはぎにボトックス注射を打っても効果なしの方の特徴と原因についてご紹介しました。

結論から言うと、特徴や原因が何であれ事前カウンセリングがしっかりしている美容クリニックや医師を選べば失敗リスクを避けることが可能です!

症例数の多い美容クリニックや医師であれば効果ないタイプの方にボトックス注射をすすめることはありません。
悪徳商売をしている美容クリニックや腕の悪い医師ほどボトックス注射の効果を誇大してすすめてきます。
ふくらはぎへのボトックス注射は時間がかからず体への負担も小さいプチ整形として人気の美容注射ですが、決して価格が安いものではないのでお金をかける以上失敗のリスクは避けたいですよね。

ふくらはぎへのボトックス注射を検討しているけど失敗だけはしたくない・・・という方は今回紹介した内容をぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.