「キレイになりたい」を叶えるメディア

ふくらはぎボトックスを打っても戻る?効果期間・持ちはどれくらい?

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

マッサージやダイエットでは部分痩せできない“パンパンに膨らんだふくらはぎ”を簡単手軽な美容注射でスッキリ引き締まった美脚へと導くプチ整形として近年人気を集めている「ふくらはぎボトックス」。
筋肉を強制的に衰えさせることで部分痩せを実現するボトックス注射ですが、ふくらはぎに初めて注射する場合、1回の施術で理想の細さを手に入れることはほぼありません。

ふくらはぎボトックスは何度か施術することで徐々に細くなっていく美容注射ですが、注射をしてからどのくらいで元に戻るのか気になりますよね。
プチ整形とはいえ決して安くはないふくらはぎボトックスのコストの面を考えると、1回打ってからどのくらいで元に戻るのか、どれくらいの期間効果が持続するのか、知っておきたいですよね。

結論から言うと、元に戻るタイミングは施術してから約3ヶ月後です。
ただし、元に戻るタイミングには個人差があり、体質の他にも日々の生活習慣などが大きく関係してきます。
つまり元に戻るタイミングを大きく左右する生活習慣に気を付ければ効果を持続させることにも繋がるということ!

そこで今回はふくらはぎボトックスの効果の持続時間や持ち、どのくらいで戻るのか気になるという方に向けて、

◎ふくらはぎボトックスの効果期間・持ちを徹底解説!
◎ふくらはぎボトックスの効果は○○で違ってくる!?
◎早く元に戻りやすい人の特徴は?
◎ふくらはぎボトックス体験者の口コミ評判

といった内容をご紹介します。

この記事を読めばふくらはぎボトックスを打った後に元に戻るタイミングや効果を長持ちさせる方法が分かり、効率よく次の施術が行え時間とコストをカットすることができますよ。

実際にふくらはぎボトックスを何度も体験して理想の美脚をゲットできた私が保証します!

ふくらはぎボトックスに興味があるけど、どのくらいで戻るのか、効果の持続期間はどのくらいなのか気になる・・・という方はぜひ参考にしてみて下さいね。

ふくらはぎボトックスの効果期間・持ちを徹底解説!

ふくらはぎボトックスは発達したふくらはぎの筋肉を強制的に衰えさせることで部分痩せを実現するため、筋肉が発達している方ほど高い効果を実感しやすいですが、半永久的な効果は持続しないため、ある程度の期間が経つと徐々に元の太さに戻るのがデメリットの一つといえます。

ある程度の施術回数を重ねることで細さをキープすることはできますが、そのためには注射を打ってからいつまで効果が出続けるのか、どのタイミングで元に戻るのか、知っておきたいですよね。

そこでまずはふくらはぎボトックスの効果の持続期間について詳しくご紹介します。

ふくらはぎボトックスは打っても時間が経てば元に戻る?

ふくらはぎボトックスを経験したことが無い場合、1度施術すれば効果がずっとキープできるとお考えの方がたまにいます。
しかし、ふくらはぎボトックスの効果は永久的ではありません!
ある程度の期間が経つと元の太さに戻るため、より細くしたい場合や細さをキープしたい場合にはまた施術を行う必要があります。

そもそもふくらはぎボトックスとはふくらはぎの筋肉を強制的に衰えさせることでふくらはぎ全体を細く部分痩せさせる美容注射です。
ただし施術対象である筋肉は動かせば動かすほど発達する性質があります。
つまりふくらはぎボトックスを施術して一切足を動かさない生活を続けていれば細くなったふくらはぎが元に戻ることはほぼありません。

しかし実際に足を一切動かさない生活を送るのは不可能ですよね。
激しい運動やスポーツをしない場合でも、毎日の生活の中で必要最小限の動きや歩きといった行動によってふくらはぎの筋肉は発達していくのです。
そのためふくらはぎボトックスによって筋肉が小さくなったとしても、毎日の生活を送り続ける限りボトックスの効果が切れた時点で少しずつ元の太さへ戻るのです。

ふくらはぎボトックスの効果はいつまで続くの?

ふくらはぎボトックスの効果の持続期間には個人差がありますが、平均すると約3ヶ月です。
効果自体を実感するのは早い方で施術後2~3日、多くの方は施術後2週間ほど、遅くても一ヵ月後にはほとんどの方が効果を実感します。

効果の持続時間と大きく関係してくるのが2回目、3回目と新たに施術するタイミングです。
一般的にふくらはぎボトックスの施術間隔は約3ヶ月~半年とされており、美容クリニックの医師によっては約2~4ヵ月という方もいます。
施術間隔が約3ヶ月~半年ということは、そのタイミングが効果が切れ元に戻るタイミングでもあるということ。

施術間隔が3ヶ月と半年では3ヶ月の差がありますが、実際に効果が半年も持つといううことはあまりないので施術から約3ヵ月後には次の施術を見極めるタイミングと考えて良いでしょう。

ふくらはぎボトックスの回数・間隔についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ ふくらはぎボトックスの回数・間隔はどれくらいがおすすめ?

ふくらはぎボトックスの効果が切れるタイミングはいつ?

上記でも紹介したように、ふくらはぎボトックスの効果が切れるタイミングは施術間隔と大きく関係しています。
施術間隔は約3ヶ月~半年が推奨されているので、多くの方は施術後3ヶ月~半年ほどあたりが「効果が切れるタイミング=元に戻るタイミング」となります。
ただし「元に戻るタイミング」といっても効果が切れたタイミングで直ぐに元の太さに戻るわけではありません。

例えば施術後3ヶ月ほどかけて-2cmほど細くなったふくらはぎが、効果が切れた翌日に+2cmに太くなることはないので安心して下さい。
「効果が切れて元に戻る」というのは、「元に戻り始める」という意味です。
元に戻り始めてから完全に元の太さにまで戻る期間には個人差がありますが、施術後3ヶ月ほどかけて細くなった場合、約2~3ヵ月ほどかけて元の太さへと少しずつ戻るということです。

ここで重要となってくるのが施術間隔です。
ふくらはぎボトックスの効果が切れるタイミングとは施術効果による細さMAXのタイミングでもあります。
ふくらはぎボトックスは一般的に1回の施術で理想の細さをゲットできるのはごくまれであり、そういった方はもともとあまり筋肉が発達してないタイプの方となります。

“ししゃも”と呼ばれるような筋肉がしっかり発達したタイプの方の場合、最低でも3回、多い場合には6回以上の施術が必要となり、理想の細さを手に入れるまでに一年~二年を要するケースも珍しくありません。
そのため少しでも短期間で理想の細さを手に入れるためには効果が切れる細さMAXのタイミングで次の施術を行うことです。
もしそのタイミングを逃してしまうと細さMAXから少し元に戻った状態になるので、細さMAXの時点での新たな施術と比べた時に効果の現れ方が少し劣ることになります。

だからこそ効果が切れるタイミングや元に戻るタイミングの見極めが重要なんですね。
ただし効果の現れ方は前述したように個人差があるため、効果の持続期間が約3ヶ月と一口に言っても全ての人に当てはまるわけではありません。

実際に自分が施術を受けて効果が切れるタイミングを見極めるためには毎日でなくても2~3日のペースでふくらはぎのサイズを測ることです。
すると少しずつ細くなっていくのが数字で分かり、ある日を境に太くなっていくのも分かります。
この太くなり始めたタイミングが効果が切れたタイミングとなります。

ふくらはぎボトックスの効果は○○で違ってくる!?

ふくらはぎボトックスの効果の持続期間は様々な要素によって違ってきます。
つまり改善できる要素であれば効果をより持続させることにも繋がるということ!
ここではその気になる要素をまとめてご紹介します。

人によって違う!?

ふくらはぎボトックスに限らず美容注射の効果は人によって大きく違います。
“体質”といってしまえばそれまでですが、同じ性別や年齢、体格でもふくらはぎボトックスの効果が3ヶ月という方もいれば半年という方もいます。
こればっかりは改善できない要素の一つです。

男女で違う!?

ふくらはぎボトックスの効果は男性よりも女性のほうが持続しやすい傾向があります。
これは男女の運動量の差が大きく関係しています。
男性は女性と比べて筋肉量が多く、日常生活の中でも筋肉を使う運動量が多いためふくらはぎにボトックスを注射しても直ぐに筋肉が戻りやすく、効果が持続しにくいといえます。

ふくらはぎの筋肉量で違う!?

上記での述べたように、男性と女性では筋肉量が多い男性のほうが効果の持続期間が短い傾向にありますが、女性でもふくらはぎの筋肉量が多い方は効果の持続期間が短い傾向にあります。
特に学生時代運動部に所属していた女性、“シシャモ”タイプのふくらはぎの女性、定期的に運動やスポーツをしている女性、毎日けっこうな距離を歩いている女性などは一般的な女性と比べて運動量が多い傾向にあるためその分だけふくらはぎボトックスの効果の持続期間が短くなりやすいです。

年齢によって違う!?

年齢でいうと、40~50代の方よりも20~30代の方のほうが効果の持続期間が短くなりやすいです。
何故なら年齢が若いほど代謝が活発で運動量も多く、筋肉が発達しやすいためです。

逆に年齢を重ねるごとに筋肉は徐々に衰えるため、ふくらはぎのサイズが同じ20代の方と40代の方がふくらはぎボトックスの施術をしても効果の持続期間に大きな差が出やすいといえます。

ボトックス注射の種類や量で違う!?

ふくらはぎボトックスの効果の持続時間はボトックスの種類によっても大きな違いが出る場合があります。
一般的に「ボトックス」というとボツリヌストキシンという薬品をもとに米国・アラガン社が製造したボトックス注射の原薬のことを指します。
ボトックスという言葉自体がアラガン社の踏力商標となっています。
このアラガン社製の商品には他にも「ボトックスビスタ」などがあり、日本国内でも早くから厚生労働省の承認を受けている安全性の高い商品となっています。

ただしその分だけお値段が高いという面もあり、近年では比較的リーズナブルなジェネリック品も人気です。
ジェネリック品で代表的なのは韓国製の「リジェノックス(REGENOX)/ハンズバイオメイド社」「コアトックス/メディトックス社」「ニューロノクス./メディトックス社」、ドイツ製の「ゼミオン/メルツ社」、イギリス製の「ディスポート/イプセン社」、またイタリア製も人気があります。

これらジェネリック品はリーズナブルであるがゆえに人気もありますが、効果の面でいうとどうしてもアメリカ・アラガン社製に軍配が上がります。
「安い=効果が低い」というわけではありませんが、ネット上の口コミ体験談を見ると「効果が低かったから逆に施術回数が増えた」といった内容を多く見かけます。
その結果トータルコストが上がり、理想の美脚をゲットするまでの期間も長かったケースが多いですね。

だったら1回の注入量を多くすればいいのでは?と考える方もいます。
ふくらはぎボトックスでは40単位を基本とし、1回の施術では平均100~200単位、MAX400単位を注入します。
もちろん注入量は筋肉の発達具合によって異なりますが、通常量の2倍量や3倍量を打てば効果が2倍・3倍になるわけではなく、逆に副作用を引き起こしたりダウンタイムの症状を悪化させる原因になるので注意が必要です。

重要なのは自分に合った薬品の種類を適量だけ注入すること!
そのためには経験が豊富な美容クリニックや医師を選ぶことがポイントとなります。

クリニックや医師の腕で違う!?

ふくらはぎボトックスの効果を最も左右するといっても過言ではないのがクリニックや医師の腕です。
ふくらはぎボトックスではふくらはぎにボトックスを注入さえすればいいというものではなく、施術後の筋肉の発達部位の変化を想像しながら注入ヵ所を決めることが大きなポイントとなります。

筋肉があまり発達していない部位にボトックスを注入しても意味がありません。
最も筋肉が発達している部位に適量を注入することが効果が切れた時の元に戻るタイミングが分かりやすく、2回目3回目の絶好の施術タイミングに繋がります。
その見極めをするうえで重要なのがクリニックや医師の腕です。
施術経験が豊富で口コミ評判が良いクリニックや医師であればまず問題ありませんが、施術経験が少ないクリニックや医師の場合は「ふくらはぎにボトックスを注入すればよい」と考えている場合もあるので要注意です。

早く元に戻りやすい人の特徴は?

男性は早く戻りやすい!?

ふくらはぎボトックスの効果は男性よりも女性のほうが持続期間が長いと上記で紹介しましたが、逆にいうと男性のほうが早く戻りやすいということになります。
これはやはり元々の筋肉量や日頃の運動量が大きく関係しており、女性であってもふくらはぎが発達している方は早く元に戻りやすい傾向があります。

早く元に戻ることを阻止するにはとにかくふくらはぎの筋肉を使わないこと!
激しい運動やスポーツは控え、移動の際も歩く機会を減らすなど日常生活でできる改善を徹底して行うことが重要です。

何回も打てば効果が長持ちするの?

ウルセラ 看護師

ふくらはぎボトックスの効果をより持続させるために何回も打つのは効果的といえます。
ただし無暗やたらに打てばいいという訳ではなく、効果が切れるタイミングで施術を重ねていくことが重要です。

効果が切れるタイミングで施術を重ね続けることでふくらはぎの筋肉は常にボトックスの効果を受け続けることになり、少しずつ細い筋肉が定着して効果が切れたタイミングでも元に戻りにくくなります。
特に筋肉が発達している方は5~6回の施術を重ねたタイミングでかなりの効果を実感できる場合が多く、日常生活においてもふくらはぎの筋肉をあまり使わないように意識することで細さをキープできます。

ふくらはぎボトックス体験者の口コミ評判

口コミ①(30代前半)

ふくらはぎボトックス1回目の後、日常生活を全く変えずにいたら2ヶ月後くらいからまた元の太さへと戻り始めました。
毎日通勤時に1駅分歩いていたのがダメだったようです。
2回目の施術後に1駅分歩くのを止めたら3ヵ月後には大分ほっそりしましたよ!
効果を持たせるためにはあんまり歩かないことですね(笑)

口コミ②(20代半ば)

事前カウンセリングで4~5回の施術が必要だろうと言われたので、少しでもコストを抑えたくて韓国製を打ってもらいました。
でも3ヶ月経ってもあんまり変化がなく、一応もう1回打ってもらいましたが変化が無かったので3回目からアラガンに変更すると1ヵ月後には効果覿面!
あぁ勿体ないことをしました(笑)
最初からアラガンにしとけばよかった・・・結局コストも時間も余計にかかる結果となりました。

<まとめ>ふくらはぎボトックスの効果が切れるのは約3ヵ月後!生活習慣次第で持続期間アップ!

今回はふくらはぎボトックスの効果の持続期間や元に戻るタイミングについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ふくらはぎボトックスの効果が切れ、元に戻り始めるタイミングは施術してから約3ヵ月後です。
効果が切れるタイミングで施術を重ねていくことで元に戻りにくくなり細さもキープできるようになります。
また施術後はふくらはぎの筋肉をあまり動かさないように気を付けることで元に戻りにくくなりますよ!

ふくらはぎボトックスを検討中の方は、最短・最小コストで美脚をゲットするためにもぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみて下さいね。

ふくらはぎボトックスの単位・量についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ ふくらはぎボトックスの単位・量(40単位、2倍量など)を徹底解説!

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.