「キレイになりたい」を叶えるメディア

ウルセラはクマの解消にも効果あり?徹底解説します

MIYUKI
WRITER
 
ウルセラ クマ
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

目の下のクマがあると、鏡で自分の顔を見るたびに憂鬱になりますよね。
人前に出たくないな…と思うこともあるのではないでしょうか。
目の下にクマがあると、疲れて見えたり年齢より上に見られるなどショックなことが起こってしまいます。

ウルセラ

結論を先に言うと、クマはウルセラで解消できます。
※クマの原因がたるみにある場合のみ
目の下のクマで10年以上も悩み続け、ウルセラで明るい表情を取り戻した私がお約束します!

クマを解消できたら不幸顔・老け顔を卒業し、明るく若々しい表情を手に入れられること間違いなしです。

メスを使わないリフトアップ・たるみしわ治療として知られているウルセラですが、こちらの記事ではなぜ目の下のクマに効果があるのか、という点について徹底的に解説しています。
以下のような方には特におすすめのページです。

・目の下のクマ解消にウルセラがいい理由が知りたい
・ウルセラのクマ治療効果の評判が気になる
・自分の目の下のクマがウルセラで治せるのか知りたい
・ウルセラで目の下のクマを治療した人の体験談、口コミが知りたい

ウルセラで目の下のクマを解消するための情報収集をしている人へのお役立ち記事となっています。

まずはクマの原因についてから説明しましょう。

クマの原因は大きく分けて3種類

ウルセラ 看護師

そもそも目の下のクマの原因は大きく分けて3種類あります。

たるみによるクマ:黒クマ

ウルセラ クマ

1つ目は先に挙げた「たるみ」です。たるみによるクマはクマの中でも一番老けて見えます。
ハリのない目元はたるみ、目の下にうっすらと影ができて黒く見えてしまうため、皮膚自体が老化しているというよりは、目の下の皮膚が伸びてしまってクマになっているという状態です。
コラーゲンが不足していてもたるみ・クマの原因になってしまいます。
ウルセラ治療であればたるみ改善にも期待ができるため、こういったたるみが原因の黒いクマも解消できるのです。

目の下のたるみによるクマは影になって黒くなっているためコンシーラーやメイクアップでごまかすのにも限界があり本当に厄介ですよね。
目元のたるみ解消にはマッサージやツボ押しが効くようですが、根本的な解決にはかなりの時間を要します。
刻一刻と年齢を重ねている私たちにとって、たるみによるクマ解消に時間をかけるなんてもったいないです!!
ウルセラなら1~2回の治療でクッキリあった目の下のクマがなくなります。毎日何回もやらなければいけないマッサージやツボ押しなどの努力は不要です。
手軽で確実な方法なら試してみる価値はあると思いますよ。

色素沈着によるクマ:茶クマ

ウルセラ クマ

目の下のクマの原因のもう1つは色素沈着によるクマです。例えば摩擦による刺激などが元となって目の下にうっすらと茶色いクマができてしまいます。
皮膚自体に色がついてしまっている状態となるためすぐには治りません。
外部からの刺激によってできているクマなので、マッサージは逆効果となります。摩擦によって更にクマがひどくなってしまうこともあるので要注意です。

茶色っぽいクマの場合はスキンケアが要となります。肌の再生・ターンオーバーを促すようなアイクリームを使用すると良いでしょう。
それでもやはり時間はかかりますが、たるみによるクマを消すよりは難易度は低いと思われます。

もし、クリニックで色素沈着・クマ改善がしたい場合はレーザー治療を選ぶと良いでしょう。
ウルセラを利用することは、肌のコラーゲン生成という意味では悪くありませんが、目元の茶色いクマにはレーザー治療の方が合っています。

血行不良によるクマ:青クマ

ウルセラ クマ

クマの原因となる最後の1つは血行不良などによるものです。
疲れた顔にありがちな青っぽいクマですが、基本的には疲れが原因のことも多いようです。慢性的な貧血などでも血行不良となり、クマができてしまうことがあります。

青っぽいクマは特に疲れて見えたり不健康そうに見えてしまうのが難点ですよね。マッサージやツボ押しの他には、温める・冷やすを交互に行うような対策も良さそうです。
リラックス効果の高い生活習慣を心がけることも大切となります。
一番の改善方法は血行促進となるため、美容外科にかかる場合はウルセラよりも注射治療などが合っているでしょう。

「たるみ」「色素沈着」「血行不良」どれもが目の下のクマの原因となっていますが、「たるみ」が原因のクマはウルセラが特に有効です!
続いては、ウルセラによるリフトアップがなぜ目の下のクマに効くのか解説します。

ウルセラは「たるみ改善=クマ改善」に効果あり

ウルセラ

10年間、色々な化粧品を試してもクマを解消しきれなかった私が最終的にたどり着いたのがウルセラでした。
それもそのはずで、私のクマの原因がたるみにあるということに私自身気付いていなかったのです。私が過去に試していたのは、美白系のアイクリームなど色素沈着の改善を見込むものや、入念なマッサージなど血行促進をする内容のもので、リフトアップにはそれほど力を入れていませんでした。

いよいよ何とかしたい・・・と思い、美容クリニックで泣く泣く相談したところ、カウンセラーさんから勧められたのがウルセラリフトです。私の場合は元々顔全体のたるみが気になって通院したのですが、「ウルセラなら目元のクマも治りますよ」と言われて驚きました。そもそも私のクマの原因ってたるみだったのね・・・とその時初めて意識したからです。
もしこちらの記事を読んでいる方の中で、自身の目の下のクマの原因が何か分かっていない・どんな方法でもとにかくクマを治したいと思っている方がいたら一度クリニックで相談してみるのも良いと思いますよ。向こうはプロなので原因の解明を含めて最適な治療を提案してくれます。

私がウルセラを検討していた頃はちょうど韓国製のHIFU(ハイフ)なども話題となっていましたが、特に目の下は皮膚が薄く敏感な部分なので私の中では安全面・安心感を理由にウルセラ一択でした。施術や効果は似たようなものとうたわれていますが、結局効果の高さや安全性を考えたら本場アメリカ製のウルセラを選ばない理由はないと思います。

ちなみに、ウルセラについて調べると良く出てくる「ウルセラ3D(3層照射が可能)」や「ウルセラダブロ(HIFUの一種)」なども韓国製の機械です。元をたどればアメリカ製ウルセラがオリジナルで、その他は模倣品となります。
模倣品とはいえ必ずしも悪いものとは言い切れません。進化している可能性もあるので、効果面での優位性やリスクについては実際にクリニックで聞いてみましょう。

私個人の意見としては、目の下のクマ改善のために照射するのであればデリケートな部分ですし、確実に実績のあるウルセラをおすすめしたいです。

そもそもウルセラとは、超音波によって皮膚の深い層(SMAS・表在性筋膜と呼ばれています。)に熱エネルギーを照射してダメージを与えるリフトアップ治療法です。
肌や筋肉などを構成しているたんぱく質は熱ダメージによって縮み、縮んだところを補修しようとコラーゲンを生成するはたらきによってリフトアップへと繋がります。

たるみが原因の目の下のクマは皮膚が伸びてしまっていることで起こるので、ウルセラリフトは理にかなっている治療方法です。
目の下のクマの部分に照射することで、クマの解消・小ジワ改善などに役立ちます。
これだけの効果を出すためにはメスや糸を使った大きな手術が必要だと思っている人も多いのではないでしょうか。ウルセラは照射だけでできて効果も高い最強のリフトアップ方法としておすすめですよ。

ウルセラのクマ改善効果とは?

ウルセラ

私の本来の目的はフェイスリフトだったものの、ウルセラのリフト効果は目元のたるみ・クマをばっちり解消してくれました。
皮膚の深い層まで熱を届けてたるみを改善する照射方法なので、目の周りなんかは特に激痛だろうなと思っていましたが、私の場合は塗る麻酔をつけてもらったので痛みはほぼ感じませんでした。術後は少し赤みが出ましたが、痛みが続くことはなかったです。

麻酔についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ ウルセラは静脈麻酔or全身麻酔?麻酔なしでも可能?徹底解説します

殆どの日本国内のクリニックでは、ウルセラの施術後2回目を希望する場合は約6カ月から1年程度期間を空けてからと言われています。
広範囲でリフトアップをしたいと思っていたフェイスラインについては絶対に2回目も行きたいと思っていましたが、目の下のクマは1回の施術でだいぶ改善されていたので照射しなくても良いかな?と思うくらいの効果がありました!(1回目も2回目も全顔で申し込んでいたので結局目の下も照射してもらいましたが。笑)

そして更に嬉しい効果がありました。ウルセラによってキュッと目元のたるみが上がったと同時に、なんと肌にハリとツヤまで出てきたのです。後で調べてみたら、これはウルセラの照射によって肌にコラーゲンが生成されやすくなったからなんだとか。
こんなに若返るなら、ウルセラのことをもっと早く知っておきたかったし、もっと早く施術したかったです。10年間のエステ・アイクリーム・マッサージ器具の費用が悔やまれるほどの効果でした。

クマに悩んでいた頃はどの角度ならクマが目立たないか、と気にしすぎて人と目線を合わせるのを躊躇してしまっていた私ですが、ウルセラで効果を感じてからは、自信をもって顔を上げて話せるようになりました。
友人や会社の同僚からも「なんだか明るくなったね!」「話しやすくなった」と言われるようになり、前よりも飲み会や食事に誘われる数が増えたように思います。

なかなか改善しない目の下のクマに悩んでいる方は、もしかしたらたるみが原因のクマかもしれませんよ。
ぱっと明るく若返る目元づくりの近道としてウルセラが評判となっています。早く・確実にたるみによるクマを改善したい人は是非美容外科、クリニックで相談してみてほしいです。

ウルセラを受けた人の体験談・口コミ

私以外にもウルセラリフトアップを利用した方たちの口コミを紹介します。

30代女性

ドライアイでこすりすぎてしまったから目の下がずっと茶色くて、色素沈着はレーザーで治しました。ところが皮膚ごと伸びてしまっていたようで皮膚自体はきれいになったのに目元に影が落ちてしまうほどたるんでいることにも気が付きました。
すぐに同じクリニックで相談して、ウルセラもやってみることにしました。
術後1か月くらいで目元にハリが出て、クマも気にならなくなりました。日常生活に支障なくコンプレックスが解消できてよかったです。

50代女性

クマは前々からあったものの特別なケアもせずにいたところ、クマの位置がどんどん下がっていって、目元がくぼんでまさにおばあちゃんのような顔になりました。
これではさすがにみっともないと思いウルセラを試してみたところ目元の印象がスッと変わりました。メイクをのせるキャンバスが良くなったからお化粧も楽しくなって、やって良かったと思います。

30代女性

痛いのは本当に苦手で美容外科の施術を受けるか本当に悩んでいたけれど、麻酔もしてくれて、冷却も丁寧にやってくれるクリニックを探して目元のウルセラをやってみた。
処置をしている間は痛み全然なし、術後やや赤くなったから麻酔が切れてから痛みそうと思って痛み止めも処方してもらったけどその後痛くなることはなかったのでよかった。
赤みも結局翌日起きたらなくなっていて、心配しすぎたのを反省。笑

いかがでしたか。たるみによる目の下のクマにはウルセラが効く!というイメージが湧いたのではないでしょうか。
この記事をまとめると以下の通りです。

・目の下のクマには種類が3つあり、たるみによるクマであればウルセラ治療が効果的
・ウルセラでは治らないクマは「茶クマ(色素沈着)」と「青クマ(血行不良)」
・ウルセラはリフトアップによって目元のたるみやシワなどを改善する
・皮膚の薄い目の下のクマのウルセラ治療でも麻酔があれば痛みは少ない

目の下の黒いクマを解消して明るく若々しい表情を手に入れたいのであれば、ウルセラ治療は大変おすすめです!美容大国である韓国産の類似マシンが多数出ているなど、昨今注目のリフトアップ治療方法となっています。
私のように長年クマに悩んでいる方は美容外科クリニックで一度相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、術後についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ ウルセラの術後の状態を徹底解説します!施術直後の注意点も

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.