「キレイになりたい」を叶えるメディア

ウルセラで美肌になる?ニキビに効果も?徹底解説します

MIYUKI
WRITER
 
ウルセラ
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

最新のフェイスリフトとして人気の高い『ウルセラ』には美肌効果も期待できるということをご存じでしょうか?

結論を先に言うと『ウルセラ』は皮膚の奥にアプローチをすることでたるみを引き上げてリフトアップしてくれるだけでなく、肌のハリを高めて毛穴や小じわなどをケアすることができるとされています。
たるみ治療として知られる『ウルセラ』になぜ美肌効果があるのでしょうか?また、どのような肌に効果的なのでしょうか?

ここでは、スキンケアはもちろんプチ整形から本格的な美容整形まで徹底的に調べて比較し、本当に効果の期待できるものだけを試してきた私が『ウルセラ』の美肌効果について詳しく解説していきます。
エイジング&スキンケアを叶えてくれる『ウルセラ』の魅力をぜひ知って下さい。

ウルセラの美肌効果について

ウルセラに美肌・ニキビ改善効果はある?

そもそもウルセラとはHIFU(ハイフ)と呼ばれる高密度焦点式超音波を皮膚に照射することで、皮膚の深い部分にある真皮層や皮下脂肪層、筋膜層に働きかけることができる最新美容機器です。『ウルセラリフト』『ウルセラ3Dハイフ』『ウルセラシステム』などと呼ばれることもあります。

真皮層より奥は化粧水などによるスキンケアでは決してアプローチすることのできない場所ですが、その部分こそたるみやしわなど顔の悩みとなりがちなトラブルに大きな影響を及ぼします。
HIFU(ハイフ)を照射することのできる美容機器はウルセラ以外にもたくさんの種類がありますが、照射エネルギーの強さや正確性などから最も効果的なHIFU(ハイフ)として人気を集めているのがウルセラなのです。

ウルセラはこれまでメスで切開することでしかアプローチすることのできなかった筋膜層(SMAS層)にも、外から働きかけることができる画期的な美容整形として知られています。筋膜層(SMAS層)に熱エネルギーを照射することで収縮を促して引き上げ、皮膚のたるみを改善することができるのです。

たるみ治療として確かな効果が期待されているウルセラですが、実は美肌効果があるということでも注目を集めています。ウルセラは皮膚の奥に熱エネルギーでダメージを与える治療法となっていますが、その影響で皮膚の生まれ変わり=ターンオーバーは促されるとされています。
特にウルセラ施術後はコラーゲンやエラスチンなどが増生するため、肌にハリや弾力が生まれてたるみだけでなくしわの改善などにも効果を発揮します。
また、肌のターンオーバーが促進されたり血液循環が活性化したりすることで、肌質が改善してさまざまなトラブルを予防・解消することができるとも考えられています。

ウルセラ

ウルセラはエネルギーを与える深さを4.5mm・3.0mm・1.5mmと調整することができ、それぞれ筋膜層・皮下脂肪層、真皮層にアプローチができるとされています。
特にたるみ治療に効果的なのは筋膜層へのアプローチですが、美肌効果を高めたい場合にはそれよりも浅い層へのアプローチが効果的です。異なる深さの層をターゲットに重ね打ちをする『ウルセラダブル』などという施術を行っている美容外科もあります。
また、ウルセラは皮膚内をエコー画像を確認しながらピンポイントに照射することができるので、より的確なたるみ治療や美肌ケアを実現します。

ウルセラに期待できる美肌効果とは?

ウルセラにはたるみ改善効果だけでなく、肌の生まれ変わりを促して美肌に導く効果があるとされています。ここではウルセラに期待できる具体的な美肌効果を紹介します。

ハリ・弾力アップ

ウルセラの美肌効果として最も期待できるのが肌のハリや弾力を高めるものです。ウルセラは皮膚の深い部分に熱エネルギーを与えることで収縮とその再生を促します。筋膜層が収縮することでたるみが引き上げられ、真皮層などでコラーゲンやエラスチンが生成されることでハリや弾力が高まるのです。

基本的には表面的なスキンケアでは真皮層にまで直接働きかけることはできないとされているため、コラーゲンやエラスチンがつくられる真皮層にしっかりとアプローチすることができるウルセラは美肌効果においても非常に有効だと考えられているのです。

毛穴の開きやたるみ改善

ウルセラは皮膚内部に刺激を与えることでその生まれ変わりを促進する効果があるとされています。肌の生まれ変わり=ターンオーバーによって新しく美しい肌がつくられるため、今ある肌トラブルの改善につながると考えられています。特に引き上げ・引き締め効果があることから、開いて目立つ毛穴やたるんだ毛穴の改善にも役立ちます。

ニキビ・ニキビ跡解消

ウルセラには美肌効果があるため、ニキビ改善があるのでは?と考える人もいるようですが、今すでにできてしまっているニキビや吹き出物、ブツブツなどを解消する効果があまり期待できないようです。

ただし、古い角質を除去するターンオーバーを促進する効果や肌にふっくらとしたハリを生まれさせる効果があるため、ニキビ跡やニキビによってできてしまったクレーターなどの解消には役立つと考えられています。
また、ウルセラには肌質を改善する効果が期待できるため、ニキビや吹き出物を予防する効果もあります。トラブルの起こりにくい美肌に近づけてくれると考えられています。

ちなみに、炎症を起こしているニキビがある部位やニキビで化膿してしまっている部位にはウルセラ治療を受けることができない場合もあります。ニキビがある状態でウルセラを受けたいと考えている人は、まず美容外科・クリニックのカウンセリングで相談してみてください。

しわ・小じわ改善

ウルセラは皮膚の内側から引き上げてたるみを改善する効果があるため、それに伴ってしわも目立ちにくくする効果があると考えられています。たるみ治療に伴って改善されるのは、乾燥などによってできる小じわよりも表情しわやほうれい線、脂肪のたるみによってできる大きなしわだと言われています。
ただし、やや浅い層へのウルセラ照射を行った場合はハリや弾力を生む効果がより高まるため、目元の小じわなどにも有効です。

シミ・くすみ改善、美白効果

肌は加齢をはじめ乾燥や紫外線などの外部刺激を受けることでターンオーバーが滞り、古い角質が溜まってシミやくすみが発生してしまうことがあります。
ウルセラでは肌のターンオーバーを促進するという美肌効果も期待できるため、シミやくすみの予防・解消もできると考えられています。

目の下のくま

ウルセラの効果として最も注目されているのがたるみ改善効果です。そのため、たるみによって眼窩がくぼみ目の下に影ができてしまう“くま”を改善する効果もあると言われています。

ウルセラでクマ改善についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ ウルセラはクマの解消にも効果あり?徹底解説します

美肌のためにウルセラを受ける際の流れ

ウルセラの施術費用について

ウルセラの施術費用は、美容外科・クリニックによって異なりますが、さらに照射範囲やショット数にもより異なります。そのため、どれくらいの範囲にウルセラ治療を受けるといくら費用がかかるかということなどについては、美容外科・クリニックのホームページの料金表はもちろん症例や口コミ、体験談などが参考になると思います。

ウルセラをたるみ治療のために行う場合は頬やあご下など部分的な治療となると思いますが、美肌効果も期待する場合は全顔に行うことも。全顔へのウルセラは一般的に20~40万円程度で行っているところが多いようです。

ちなみに、日本国内でウルセラを受けるよりも韓国の方が安いとも言われています。韓国は美容大国と言われるだけあり、ウルセラ以外のHIFU(ハイフ)治療も非常に多く行われているため、価格競争が起こりウルセラの価格も下がっている傾向にあるようです。

正規のウルセラ機器を使用するのであれば、日本でも韓国でも変わりない治療を受けることができると思いますが、美容外科・クリニックの評価や評判などの情報は日本国内の方が集めやすく、アフターケアにおいても安心かもしれません。
費用を含め、国内外でのウルセラなどの美容整形はそれぞれにメリット・デメリットがあると思いますので、しっかりと比較検討するようにしましょう。

ウルセラ治療の流れ

ウルセラを受ける前に

ウルセラ

HIFU(ハイフ)の照射による美容治療は、ウルセラをはじめさまざまな機器の種類がありますが、ウルセラは他のHIFU(ハイフ)治療と異なり、施術を行うことができるのは医師のみとなっています。

ウルセラは皮膚の奥深くまで熱エネルギーを届けることができる優れた美容機器ですが、皮膚組織や神経などにダメージを与えてしまわないように適切な方法で照射を行う必要があります。そのためには解剖学や神経学など幅広い知識が必要であるため、専門的な知識と技術を持った医師が行わなければならないのです。

ウルセラを受ける際は必ず誰が施術を行うのかを確認しておきましょう。ウルセラに関する知識や技術を持っている「ウルセラ認定医」や日本国内で美容整形の技術の高さの指針とされる「形成外科学会認定医」による施術であるとより安心だと思います。

また、ウルセラを受ける際には事前のカウンセリングも重要。特に美肌効果も求める場合には照射方法なども異なってくる場合があるため、希望や要望をしっかりと伝えておく必要があります。
ウルセラの照射方法やショット数などは、皮下脂肪量や皮膚の状態も重要な要素となるため事前カウンセリングを時間をかけて行い、しっかりと説明をしてくれる美容外科・クリニックを選ぶようにしましょう。

安全性などについてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ 美容整形ウルセラとは?人気HIFUの概要・原理を分かりやすく解説

施術当日の一般的な流れ

1、メイク落とし・クレンジングでメイクや皮脂汚れをしっかりと落とします。
2、正確な位置にウルセラ照射を行うためにマーキングを行います。
3、ウルセラ照射を行う部位や患者の希望に合わせて麻酔テープや麻酔クリームなどを塗布して準備をします。
3、ウルセラ専用ジェルを塗布し、エコー画面で状態を確認しながら照射を行います。照射時間は範囲によって異なりますが、一般的に15~30分程度とされています。
4、照射後にマーキングやジェルなどを拭き取り、治療は完了です。
5、施術後はメイクをすることも可能。帰宅後にシャワーを浴びることも問題ありませんが、施術部位は強くこすらないようにし入浴は控えるようにしてください。
また、腫れやむくみを防ぐために数日程度は激しい運動を控えるようにしましょう。

※ウルセラは1回の施術で効果を感じることができる美容整形です。2回目以降の施術を希望する場合は最低でも半年程度期間をあけるようにし、医師に相談してスケジュールを組むようにしましょう。

ウルセラの注意点や副作用について

ウルセラはメスなどを使用することがなく安全性も高い美容整形として知られています。基本的に施術後の腫れやむくみ、内出血なども起こりにくくダウンタイムは不要で直後にメイクをすることも可能です。施術当日や翌日までは軽い腫れや違和感が残ることもありますが、自然に消失するとされています。

額・おでこなど施術部位によっては激痛が走ることもあるとされているため、痛みが心配な場合は麻酔テープや麻酔クリームだけでなく笑気麻酔などの処置を受けることもできるのでカウンセリング時に相談しましょう。

また、以下の場合はウルセラを受けることができない場合もあるので当てはまる場合は控えるようにするか、医師に相談するようにしてください。

・2週間以内に極端な日焼けをした
・施術部位に炎症や化膿がある
・妊娠中や授乳中
・1か月以内にボトックス注射やヒアルロン酸注入を受けた
・光線過敏症やアレルギーを持っている
・皮膚に金糸などが埋め込まれている
・糖尿病、心臓疾患、脳疾患などの持病がある

ウルセラの美肌効果に関するまとめ

ウルセラはメスを使わずに本格的なたるみ治療ができるとして、世界中で多くの人から選ばれている美容整形です。また、その効果はたるみ改善にとどまらずしわやくすみ、ニキビ跡などの改善といった美肌効果も期待されているのです。

ウルセラによってスキンケアではアプローチすることのできない皮膚の奥に働きかけて、肌のターンオーバーを促進。ハリや弾力のある新しくきれいな肌がつくられることで肌質が改善しトラブルのない状態をキープできるとされています。内側からの本格的な美肌ケアとしてぜひその効果を実感してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.