「キレイになりたい」を叶えるメディア

エラボトは妊娠前・妊娠希望の女性は危険?影響や副作用を詳しく解説

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

エラを目立たなくしたい!小顔になりたい!そんな願いを抱いていても、2chや5chをはじめとしたインターネット掲示板での体験談・口コミの評判を見ていると、エラボトックスは妊娠前や妊娠希望の女性に使えない!胎児に悪影響がある!と目にしたことがある方も多いでしょう。
結論から言ってしまうと、エラボトックス注射を打つことは妊娠前・妊娠希望の女性に良くない影響があると考えられています。

この記事を読むと、具体的に以下のような不安や疑問を解消することができます。

・妊娠前・妊娠希望の女性はエラボト注射できないのか?
・エラボトで考えられる妊娠関連のリスク
・エラボトックスで考えられる影響の事例
・妊娠希望なのに知らずに、エラボトを打ってしまったらどうすれば良いか?
・種類や量・回数によっては妊娠前・妊娠希望でも問題ない?

エラボトックスをはじめとしたプチ整形において、効果だけではなく副作用やリスク・良くない影響についても、きちんと知っておくことはとても大切です。

長年のコンプレックスであるエラ張りをエラボトックスによってすっきりと解消することのできた美容オタクの私が、徹底解説していきます。
綺麗になりたいけれど、エラボトックス注射を打つと妊娠できない!妊娠してしまった時に胎児に良くない影響が残る!という噂を聞いてボトックス注射について不安に思っている方はぜひ参考にしてくださいね!

妊娠前・妊娠希望の女性はエラボト注射できない?

エラの張りをすっきりとさせたい!エラボトで小顔効果や顔痩せ効果を実感したい!そんな女性の願いに応えられるプチ整形の一つがエラボトックスです。
しかしいくら綺麗を目指していても、あなたがパートナーと将来的に赤ちゃんを持ちたいと思っている妊娠前や妊娠希望の女性なら、プチ整形を始めとした様々な治療や体に取り入れるものが妊娠や胎児にどのような影響を与えてしまう可能性があるか?を考える必要があります。

キレイを目指すことは決して悪いことではありませんが、妊娠や胎児に関わることは一つの命に関わる事ということ。
失敗例や注意事項、リスクを全く無視して突き進む!なんてことは避けたいものです。

身体が菌の影響下になるため基本はNG

エラボトックス注射で使われるのは、ボツリヌス菌と言われるものです。
この菌は、本来かなり毒性の強い食中毒菌。
もちろん、美容クリニックや病院などで医療・美容医療目的で使用されるボトックス注射は、成分を調整した状態で薬剤を使用しますので基本的には安全です。

しかし、エラボトックスを体に打つことで全身が食中毒菌であるボツリヌス菌の影響下にある状態となります。
それで、当然のことながら生殖器系への影響やリスクはゼロではないというわけです。

安全性を裏付けるデータがまだ十分でない

体がボツリヌス菌の影響下にあると考えると、妊娠してしまった場合や性交渉した場合、何かしら影響があると考えるのは自然なことです。
ただ、中にはボトックス注射を打っていたけれど元気な赤ちゃんが産まれたという方もいれば、常にボトックス注射を使っている女性医師もいるというケースもあります。
エラボトックスを打ったことがあるからといって、むやみに心配する必要はありません。

ボトックス注射は、まだまだ比較的新しい治療。
歴史が浅い薬剤であるため、ボトックス注射を妊娠前・妊娠希望の女性がボトックス注射を受けたとしても、妊娠や子宮・胎児に全く影響が出ないと安全性を確立するデータが不足しています。
反対に言うと、ボトックス注射をすることで妊娠できなくなる胎児に必ず悪影響があるということを裏付ける医学的根拠も不足しているといえるでしょう。

人間の精子や卵子にどのような影響があるのかは、今はまだ可能性の段階です。
確立された研究によって、正式に否定も肯定もされていないために基本的には妊娠前・妊活中・妊娠中の方へのエラボトックス注射を行うことができないということです。

同じように、安全性が確立されていないために乳幼児の発育への影響を考えると授乳中の女性にエラボトックス注射を行わないという方針の美容クリニックがほとんどです。
悪影響がある可能性は低いとしても、確実に否定されていないリスクを全く無視するわけにはいきませんよね。

エラボトの注意点についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ エラボトの注意点|注射・施術後・当日の注意事項やダウンタイムについて

エラボトで考えられる妊娠関連のリスク

エラボトの注入量

妊娠前や妊娠希望の女性には、基本的にエラボトックス治療は適用されません。
では、具体的に妊娠に関連したリスクとして、どのようなことが挙げられているのでしょうか?

胎児の発育に悪影響がある?

一つ目の妊娠関連のリスクといえば、胎児の発育です。
胎児の発育は、母体のコンディションに大きく影響を受けます。
胎児の発育に悪影響がある可能性は明らかになっていませんが、全く影響がないとまだ証明されている治療ではないため、妊娠中の方は使うことができません。
厚生労働省も認可している安全性の高いボトックス製剤・ボトックスビスタの注意点には、妊娠中または妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦には投与しないことという記載されています。

基本的に薬の適応としては危険なので、妊娠中・授乳中に適用できないこととなっているんです。

流産・死産のリスクが高まる?

一般的に、妊娠中にエラボトックス治療を受けると、流産や死産のリスクが高まるとも言われています。
かなり繰り返しになってしまいますが、ボトックス製剤が妊娠や胎児に与える影響については確実なデータがないため、絶対にリスクを高めるとは言い切れないのが現状です。

しかし、妊娠や出産はあなたと子供の人生に関わるとても大切なことです。
妊娠中は体に気を使い、風邪薬やカフェインさえも避けるという方が多いもの。
そんな状態で、あえて体を食中毒菌の影響下にさらしたいという妊婦さんはいないですよね!

妊娠しづらくなるのか?

エラボトックスで使用されるボツリヌストキシンという成分は基本的に毒素であり、筋肉の働きを止めるという強い力を持っています。
この成分をバランスよく薄めることで、程よく筋肉の働きを抑え、美容効果・健康効果が期待できるのがボトックス製剤です。
働きが強いことから安全性を心配する声もありますが、実はボトックス製剤は世界の80カ国以上で使用が認められており、薬剤の中でも安全性がかなり高い成分の部類に入ります。

妊娠希望の女性が選ぶエラボトックスを注入すると妊娠できなくなるのではないか?と心配する声もありますが、この成分は時間とともに体の外に排出されますので、時間が経つと影響はありません。

エラボトックス注射の効果を持続させたいなら、繰り返し注入を続ける必要がありますよね!
反対に言うと、体内にボツリヌストキシンが一生残り続けることはないということ。
一時的に妊娠をすることはオススメされていませんが、数年・数十年といった長い期間の単位で妊娠できなくなるような悪影響があるとは考えにくいでしょう。

エラボトックスで考えられる影響事例

人間の体、特に妊娠前や妊娠希望の女性にエラボトックスが与える影響については十分なデータはまだありませんが、現時点でどのようなデータがあるのでしょうか?

動物実験では胎児への影響が確認

動物を使った実験では、妊娠や胎児への影響が認められたというデータがありました。
人間の体に全く同じような影響があるかは別として、妊娠を希望する女性や性行為、つまりSEXの機会がある女性にとっては気になる情報です。

胎児の死亡例・奇形例が海外で報告

妊娠初期にエラボトックス注射を受けた女性の胎児死亡や奇形の例が、海外では報告されています。

ただ胎児の死亡や胎児奇形の原因はミステリー、つまり不明なことが多いためあくまでも考えられる要素の一つとしてボトックス注射がカウントされています。
ただボトックス注射が絶対に影響ないとも言い切れないため、このようなデータはやはり気になりますよね。

このようなリスクを避けるために、基本的にエラボトックス注射をした後は2ヶ月から4ヶ月の間、避妊が勧められています。

大量のボトックスを治療に使っていても無事出産

美容目的ではないものの脳性麻痺を抱えた女性が、治療目的で大量のボトックスを妊娠中も注入し続けたものの、四人の子供を無事に妊娠出産したという症例もあります。

治療目的でボトックスを使用していたこの女性の場合、使用するボトックスの量は、エラボトックスと比較すれば何十倍にも相当するはずです。
妊娠中にボトックスを打ち続けていても、このように問題なく妊娠・出産できるケースもあります。

妊娠希望なのにエラボト注射してしまったらどうする?

エラボトックスを打った後に妊娠が発覚したというケースも、実際には少なくありません。
妊娠希望、もしくは妊娠中なのにエラボト注射してしまったらどうすれば良いのでしょうか?

妊娠中にそれを知らずにエラボトックス注射を受けてしまった場合、必ずしも悪影響があるというわけではありません。
ですから、妊娠の継続を諦めたりストレスのかかる胎児検査を焦って行う必要はないんです。

妊娠していると知らずにエラボトックス注射を受けてしまったものの、問題なく出産できたという報告は非常に多くあります。
エラボトックス注射が妊娠や胎児に与える影響の研究はあまり進んでいないため、未だに不明、つまりグレーゾーンとなっている部分が少なくありません。

妊娠中の体や胎児の状態は非常に敏感なので、分からないものはやめておいた方が安全であるという考え方から妊娠希望の方や妊娠中の女性に対しては使わないということが義務化されています。
妊娠を控える期間についても、長くて半年程度です。
ただ、妊娠については自分だけではなく大切な子供にも関わる大きな問題なので、慎重に考えるのが良さそうです。

あえて妊娠中にボトックスの治療をすることはできないものの、打ってしまった後に妊娠が分かってもそれほどパニックになる必要はないということです。
心配な方は、念のためエラボトックスの治療歴について医師に伝えておくと良いでしょう。

種類や量によっては妊娠希望でもエラボトが使える?

エラボト

エラボトックスと一口に言っても、様々な異なる種類があります。
妊娠前や妊娠希望の女性は、エラボトックスも種類によっては胎児や妊娠に影響がないのではないか?と考えるかもしれません。

結論から言うと、使うエラボトックスの種類はほとんど関係ないと言えます。
エラボトックスの薬剤成分ではなく、ボツリヌストキシン胎児や妊婦に与える影響が確立されていない以上、どの薬剤を使ってもそれほど大きな違いは出ません。

ただ、不純物の割合には薬剤によって違いがあります。
妊娠希望というほどではないけれど、将来的な副作用や影響をできるだけ抑えたいという方は、念のために純度の高いエラボトックスの選択をおすすめします。

自分と赤ちゃんの身体を第一に考えた選択を

小顔効果や顔痩せ効果が期待できるエラボトックスには、妊娠できなくなる胎児に悪影響があるといった危険性が噂されています。
ただ、実際のところボトックスが含むボツリヌストキシンという成分は安全性が高く、妊娠や胎児に対する悪影響も確立されたものではありません。

しかし、ボトックスと妊娠や胎児に関係した研究そのものがあまり進んでいないため不明なことが多く、安全性が確立されていないものは妊娠希望・妊娠中の女性は避けた方が良いという考え方から、使用を控えることが義務付けられています。

エラボトックス治療を行った後、半年程度避妊が勧められているのもそのためです。
だからといって、エラボトックス治療を受けた後に妊娠が発覚した場合でも必ず悪影響があるというわけではないため、妊娠継続を諦めたり胎児検査を無理に行う必要はありません。
ただ100%安全というわけではないため、妊娠中や妊娠を希望している方は、エラボトックス注射は避けましょう。

綺麗になりたい!というのも深刻な悩みですが、妊娠や出産に関してはあなただけの問題ではなく、子供にも影響があり一生のこと。
妊娠に不安はあるけれどエラボトックス治療に取り組みたい!という方には、リスクや研究の現状を理解・納得した上ですっきりとエラボトックス治療を受けるのがベストです。
少しでも小さな不安が残っている場合は、エラボトックス注射に踏み切る前にまずは信頼できる美容クリニックでのカウンセリングなどを受けてみてはいかがでしょうか?

エラボトの副作用・失敗についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ エラボトの副作用・失敗で顔にたるみが…40代・中年は特に注意すべし!

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.