「キレイになりたい」を叶えるメディア

サーマクールFLX‎とは?効果・痛み・費用・口コミ評価を徹底解説

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

麻酔不要・ダウンタイムなしのたるみ治療・フェイスリフトといえばサーマクールです。

サーマクールは幾度もバージョンアップを繰り返しています。

サーマクールFLXとは、その最新機種のことです。
バージョンアップしたマシンの違いを知っておかないと、不要な痛みを感じたり、火傷のリスクが高まるなど危険を伴うことになりかねませんよ。

結論から言うと、サーマクールFLXは安全性◎、効果◎、痛み軽減◎の最強最新マシンです。

サーマクールFLXでフェイスリフトの施術をすればもっとも手短で手軽にキュッと締まった顔つきを手に入れて、もう老けることはなくなりますよ。
マシンの変化に合わせてサーマクールを繰り返し続けている私が言うので間違いありません。

サーマクールFLXなら今までのサーマクールのイメージにある「痛い」「火傷するかも」などのマイナスイメージは完全に払しょくできて、更に今まで以上の効果が得られますよ。

こちらの記事ではサーマクールFLXが最強と呼ばれている理由やその効果、副作用や危険性なども含めて総合的に紹介します。
これからサーマクールを受けようと思っている人はもちろん、過去にサーマクールを体験したことがある人も、最新マシンのサーマクールFLXについて知りその安全性と効果の高さを過去機種と比較してみてください。

この記事は次のことを記載しています。

・歴代サーマクール
・サーマクールFLXとは、その特徴について
・サーマクールFLXの痛みはどの程度なのか
・最新世代サーマクールFLXの費用
・サーマクールFLXのメリットとデメリット
・サーマクールFLXを利用した人の口コミ、体験談

まずはサーマクールFLXを歴代機器と比較して紹介しますね。

サーマクールFLXが開発されるまで

サーマクールFLXとは、2018年に開発されたマシンです。

それまでは2002年に初めて開発された初代サーマクールTC3、2007年の第二世代サーマクールNXT、第三世代は2009年のサーマクールCPTとサーマクールアイ、その後開発されたのが第四世代サーマクールFLXです。

それぞれの特徴について説明します。

サーマクールTC3

初代サーマクールです。

高周波(RF)を利用して肌の内側に熱エネルギーを加えて小じわやたるみの治療を初めて確立したのがこのマシンです。
2002年当時は画期的として世界中で人気を集めましたが、痛みが強く、熱さを感じやすかったのが難点でした。
医師の経験不足により火傷を負ったり、強く照射しすぎて逆にハリがなくなるなどの副作用・後遺症が稀に見られました。

サーマクールNXT

サーマクールネクストと読みます。

サーマクールTC3で懸念された痛みを軽減させる工夫がされています。
また、マシンの先端につけるチップを増やし、ボディにも使用できるようになりました。
それでもまだ痛みの問題は少し残っていて、麻酔を使用するのが一般的です。

サーマクールCPT

サーマクール

サーマクールTC3・サーマクールNXTに比べて痛みが断然減ったのがサーマクールCPTです。

チップの先端から冷却ガスが噴射されるのと、照射の際に振動(バイブレーション)を与えて、ダブルの機能で痛みを感じにくくしています。

麻酔がなくても受けられるようになりました。

安全性も上がっています。それは肌の表面温度を感知して熱を加えすぎないことで火傷を防止する機能です。
目元専用サーマクールアイが使えるようになったのもサーマクールCPTからです。

2013年にはサーマクールCPTを更にパワーアップさせるトータルチップが開発されました。

照射の範囲が広く・深いのでたるみが強い部分により作用する仕様となっています。

サーマクールCPT‎についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ サーマクールCPT‎とは?効果・痛み・費用・口コミ評価を徹底解説

サーマクールFLX

最新機種・第四世代のサーマクールFLXは、サーマクールCPTの痛み軽減機能が更に進化し、肌の表面温度感知の機能もパワーアップするなど、「痛くないサーマクール」を火傷の恐れなく受けることが可能です。

進化した点は照射の範囲です。

サーマクールCPTでは3㎠だった照射範囲は4㎠となっています。

深さも2.4㎜から4.3㎜へと深くなり、ムラはなく照射の効率が上がっています。

それにより治療の時間は短くなっています。

効果が現れるまでの期間も短く、即効性が増しているのもポイントです。

詳細については次の章で説明しますね。

サーマクールFLXの特徴 効果・痛み・費用などメリットやデメリットについて

サーマクールFLXとは、サーマクールのマシンの中でも最新で、高周波たるみ治療の中では効果の高さ・早さ・維持力どれをとっても最強のマシンです。

サーマクールFLXは痛くない

サーマクールFLXでは、サーマクールCPTに搭載されていた冷却保護システムが更に進化しています。

照射前後だけでなく照射中も断続的に冷却ガスを噴射し、冷やすことで痛みを軽減しています。
また振動を与えて痛みを感じにくくするバイブレーション機能に関しても、今まで縦方向のみで振動を与えていたのに対して横方向にも震えを与えるようにしました。

これら2つの機能の進化によってサーマクールFLXは痛くないサーマクールを実現していると評判です。

サーマクールCPTから、サーマクールは麻酔なしでも問題なくできるたるみ治療となりましたが、サーマクールFLXでは、更にほぼ無痛のサーマクールが実現しているのです。

サーマクールFLX「痛い」と感じた場合には照射のパワーが強すぎる可能性があるので、施術中すぐに医師・看護師へ相談しましょう。

とはいえ痛みの感じ方には個人差があります。

どうしても痛みに弱いという方は表面麻酔を希望するのがおすすめです。

痛みを軽減させる工夫はもう一つあります。
皮膚の表面温度を感知して、熱エネルギーの照射出力を調整する機能が増えました。

照射のたび適切なパワーで照射することで痛みを感じにくくしています。
これはサーマクールFLXの新しい機能で、熱さを感じにくく、また火傷の心配も少ないことが評価されています。

サーマクールFLXは安全

サーマクールFLXは冷却しながら高周波によって熱エネルギーを照射します。

冷却することで痛みが軽減しますが、火傷の予防にも役立っているのです。
肌の表面まで熱さが伝わることはなく、また真皮までの間に熱が蓄積しすぎてしまうのも防ぎます。

肌の表面温度を感知するセンサーもまた火傷など熱が加わりすぎるのを防止します。

それまで医師の目で判断して適切な照射を行っていたものの、温度の感知センサーと照射出力のチューニングができるようになったため人的ミスはぐんと減り、より安全性の高い施術ができるようになっています。

2018年に開発されている最新機種なのでサーマクールFLXを導入している美容外科クリニックはまだ多くありませんが、どのクリニックもサーマクールFLXより前にサーマクールCPTなど前身機種を採用しているケースが殆どです。
経験豊富な名医やサーマクール認定医が揃っていることが想像つきますよね。
サーマクールFLXという、最新機種を用意しているクリニックは症例数も多く、失敗しない施術を受けられる期待が持てます。

サーマクールFLXは効果が大きい

サーマクールFLXの特徴と言えば、それまでの機種よりもチップの照射範囲が大きくなっているという点です。
サーマクールCPTまでは3㎠でしたが、サーマクールFLXでは4㎠となっていて、それまでよりもショット数が少なく済むようになりました。

それだけではありません。

深さに関しても2.4mmまでだったのが4.3mmまで届くようになり、ムラも格段に減っています。
それにより照射後の引き締め効果が早まるようになりました。

照射直後から効果を感じるという口コミも確認されています。

熱の持続性もアップしています。

安定した照射を4.3mmという深い位置まで持続して照射できるため引き締め効果も強く出ます。

以前は大きなシワにはたいして効果の見られなかったサーマクールですが、ほうれい線などにも効果がみられるなどパワーが増していることがうかがえます。

サーマクールアイも安全にでき、効果が高いと評判です。

部位を選ばず、目元も体にも高い効果で施術することができます。

サーマクールFLXの費用

サーマクールFLXの唯一のデメリットが費用です。
最新機種で採用しているクリニックもまだそう多くないのですが、そのためかサーマクールFLXは前身機種よりもやや高額な値段設定になっていることが殆どです。
ショット数が少なくて済むようになったとはいえ、同じ1回で考えても価格はやや高くなります。

安全性や効果の高さ、痛くないなどを加味した場合に総合的に見てコスパが良いと判断することもできますが、よく比較して考えたほうが良いです。

個人的にはサーマクールFLXはメリットも多くとても優れたリフトアップマシンだと思いますが、総合的に判断すると第三世代のサーマクールCPTは価格との兼ね合いも含めてバランスの良い機種です。

サーマクールの取り扱い機種を含めて、それぞれを比較してクリニック選びをしてはいかがでしょうか。

サーマクールFLXを受けた人の口コミ・体験談

50代女性

元々はウルセラで美容皮膚科に通っていたのですが…顔の表面の小じわも気になったのがきっかけです。

手順はほとんどウルセラと一緒でしたね。

必要ないとは言われたけれども…一応いつも通り麻酔はしてもらいました。

ウルセラと違って麻酔をしたら全く刺激すらなかったので驚きです。
ウルセラは少し熱かったり、ピリッとかビリッとか何らかの痛みはあるのに。

終わってみて更にびっくり。顔全体が少し小さくなってるのに気づきました…。

ウルセラは全体的に引きあがるのですがもっとパリッと張るような。
特に赤くなったり傷が残ったりすることもありません。

別段家で冷やす必要はなかったように思います。

すごく気に入ったので今はウルセラとサーマの最新機種を交互にやってます。

私、多分、四十何歳くらいから年取ってないと思います。

20代女性

サーマクールFLX!海外で出たって知ってからずっとやりたいと思ってて日本初上陸って聞いてからすぐ予約ww

新しいもの好きすぎてやばいw

顔は別に注射とエステでなんとか足りてるから、体!!

ひざの下とお尻と二の腕がどうにもブスですごく悩んでたから助かった。

美容外科行ってやった直後からひざにクッキリ入っちゃうシワというか線?がうすーくなっててよき。

お尻と二の腕はさすがに1回じゃ劇的に変化しなかったけど、半年ずつ今3回目でだいぶマシになってきた。
CPTはずっとやってたけどやっぱりこれいじょうたるませないって感じの効果しかなくて物足りなくて。

FLXほんとにサイコー。

顔がっつりたるんできたら絶対顔にもやるw決定

40代女性

いつも通っているクリニックさんから「新しいサーマクールが出ました」とお知らせをもらったので、まずはカウンセリングだけでもと思ってお話聞いてみました(#^^#)
お医者さんなのに口がうますぎです笑、魅力たくさんでもうほぼ即答で「やる!」でした(;’∀’)
でもお医者さんが推すだけあってシワの減りすごかったです。

まるで20代!は言い過ぎかもしれないけれど久々に加工アプリなしで写真を撮っても良いと思いました苦笑

いかがでしたか?
この記事をまとめると以下の通りです。

・サーマクールFLXとは、サーマクール第四世代の最新サーマクール機器のこと
・サーマクールFLXの効果は絶大で、歴代マシンの中で群を抜いている
・痛み、副作用などがほぼなくどの部位でも安心して施術を受けられる
・サーマクールFLXの費用は少し高め
・サーマクールの口コミ評価も良く期待大のたるみ治療

顔にやけどが残ったり老化が加速するなどの副作用リスクの心配がなく、引き締め・リフトアップ効果は大きく期待できるサーマクールFLXができるクリニックは限られています。

下調べを念入りにし、サーマクールFLXを狙って美容クリニックに通いたい場合は必ず取り扱い医院を調べてカウンセリングを受けましょう。
全国展開の大きなクリニックでも院によってはサーマクールの機材に差があります。

予約時点で「サーマクールFLX」を希望してる旨を伝えましょう。

失敗しない、最大限の効果を求める場合はサーマクールFLXを受けるのが断然おすすめです。

サーマクールとイントラジェンを徹底比較についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでぜひご覧ください。
⇒ サーマクールとイントラジェンを徹底比較!違いを分かりやすく解説

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.