「キレイになりたい」を叶えるメディア

ウルセラは毎年繰り返し・何回も継続が効果的?おすすめの間隔や回数

MIYUKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

顔のたるみ・しわ・ほうれい線・毛穴の開きにはウルセラが効くと話題になっていますね。
このページを開いているあなたもウルセラに興味がある・やってみたことがあるのではないでしょうか。

ウルセラをやってみたい人、やったこともある人の共通の気になる点といえば「繰り返して施術が必要なのか・リスクはあるのか」「どのくらい間隔があけば2回目以降のウルセラができるのか」という点ですよね。

結論から言うと、ウルセラは繰り返し施術する必要はありません。ただし繰り返すことで更に効果を見込むことができます。間隔は6カ月以上の間隔が空ければOKです。
6カ月~1年半程度のスパンで再施術を繰り返した場合、リフトアップのキープとたるみの予防もできるのでもうこれ以上顔面が年を取ることはなくなるでしょう。
ここ数年、部位を変えながらウルセラを継続して施術している私がお約束します。

こちらの記事では、

  • ウルセラの効果の持続、永続について
  • ウルセラを繰り返すことのメリット
  • ウルセラ2回目以降を受けたい場合の間隔
  • ウルセラは何回受けるべきか、その回数
  • 毎年繰り返しウルセラの施術をしている人の口コミ・体験談

など、ウルセラを最大限の効果で持続するための情報を徹底解説しています。

ウルセラでキュッと持ち上がったフェイスラインを手に入れたい、顔全体の疲労感をウルセラで改善したいと思っている方は是非参考にしてくださいね。
まずはウルセラの効果の出方、持続性について説明します。

ウルセラの効果・持続について

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラの効果と持続について、時系列を追って説明します。
そもそもウルセラとは、ご存知かと思いますが高密度焦点式超音波(HIFU/ハイフ)を利用したフェイスリフト施術で、美容医療の一つです。
超音波によって熱エネルギーを出力していて、皮膚に当てながら照射することで皮膚の深い層(SMAS・表在性筋膜と呼ばれています。)にダメージを与えています。
そのダメージがたるみの原因となっている筋膜を縮ませ、縮ませることでリフトアップをしてくれます。ダメージを受けた部分を修復するために、皮膚の中でコラーゲンが生成されるため、リフトアップだけでなく、肌にハリ・ツヤが増すという効果もあり、ウルセラはエイジングケアとしても人気の施術です。

前置きが長くなりましたが、ウルセラを施術した当日は肌につっぱる感じがあると思います。ウルセラ施術当日に既に効果を感じている人はこのつっぱる感じを言っています。
見た目には劇的に変わることはありませんが、施術当日から顔周りのむくみが取れたようなスッキリ感が生まれます。

すぐに大きな変化がないというのは受けるダメージも少ないので当日からメイクができたりとダウンタイムがありません。このあたりもウルセラがフェイスリフトで人気のポイントとなっています。

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラが一番効果を発揮するのは施術後1~2か月経過した頃になります。
リフトアップした部分もその頃には完全に定着し、自身の回復力を利用したコラーゲン生成もこの頃ハリとツヤが表面に出てきます。

ウルセラを施術してから1~2か月後は一番満足度が高まる時期です。以降6カ月~1年程度は効果が持続します。
尚、1年経ったら元通り…という訳ではありません。施術してから1年後でもたるみの予防効果は充分にあります。
そこから半年から1年以上かけて、つまり施術後1年半から数年程度で徐々にたるみが元に戻ってくる可能性はあります。

残念ながらウルセラは効果が高く手軽な反面、永続はしないリフトアップとなります。
ただし一度施術をしておけば間違いなく加齢を食い止めることはできますし、リフトアップによって表情が若々しく・明るくなります。

ウルセラを行ったからといってケアを怠ってはいけません。ウルセラの効果ぞ持続させるためにたるみ対策のマッサージや化粧品を使用することがおすすめです。

なお、ウルセラの概要や優れたリフトアップ効果についてはこちらで詳しくご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
美容整形ウルセラとは?人気HIFUの概要・原理を分かりやすく解説

ウルセラを繰り返して施術する、間隔と回数

まず、ウルセラは繰り返し・継続して施術することで何らかのリスクが高まるということはありませんので安心してくださいね。むしろメリットが多くあります。
またウルセラを繰り返し行う際には特に期間に制限がありません。ただし、最近推奨されているのは最短3~6カ月程度もしくは1年以内での2回目の照射と言われています。

ウルセラを同じ部位に繰り返すとダメージが蓄積する?

ウルセラ おすすめの間隔や回数

そんなことはありません。
ウルセラによる照射方法は作用する場所が非常に小さな点の集合となります。
部位としては同部位の施術でも全く同じ箇所に照射されることはほぼないので超音波の熱エネルギーによるダメージが蓄積してしまうということはありえません。これから何度もウルセラを繰り返したいと思っている人はどうか安心してください。

このあたりは私もすごく気になっていたので徹底的に調べて、副作用・副反応がないか、繰り返しすることでリフトアップ以外の部分で弊害が出ないか確認しているので確かな情報です。

ウルセラは繰り返さないと意味がない?

ウルセラ おすすめの間隔や回数

そんなこともありません。
たしかに、施術後は徐々にたるみなどが元に戻ってはしまいますが、一度たるみ改善をしたので予防効果は充分にあります。
ウルセラの施術後に何のケアもせず放置していたら、その後の加齢なども考えるとさすがに元通りになってしまう可能性もありますが・・・。
ウルセラ施術をするくらい美意識の高い方でしたら日ごろのケアもしっかりと行っていることでしょう。施術後数年は加速度的な老化を防ぐことができますよ!

実は、ウルセラに関して複数回プランなどの金額設定を行っているクリニックはないのです。
ということは、繰り返して施術する必要は基本的にはありません。つまり、6カ月~1年半ほどを目安に掲げてはいますが、もしたるみが気になり始めた場合にはそのタイミングで施術を受ける、という選択をしても全く問題ないです。
実際若い人などは特に、1回のウルセラ施術で満足して2回目を施術していないという人も多いです。・・・予算の問題かもしれませんし、たるみ予防のエステや化粧品で事足りているのかもしれませんが。笑

ということで、ウルセラの施術は1回しか考えていないという方でも充分満足できる可能性はあります。
最初から絶対に何回も通おうと気負う必要はありません。
施術も簡単なものですし、リスクの伴うものではないので「まずは1回試してみてから」という気持ちでウルセラをやってみるのもOKですよ。

ウルセラの正しい間隔の空け方

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラは同部位でも短期間で繰り返し照射することが可能です。ただし、いくら場所が少し違えど熱ダメージを受けることに間違いはないので念のため1か月以上は間隔を空けたほうが良さそうです。
ウルセラの効果が一番出やすいのが1~2か月後になるのでウルセラ照射後1か月で「やっぱりもう1回!」となる人は少ないと思いますが念のため。
ちなみに別部位への照射であればいつ行ってもOKです。

激痛を避けるため任意で麻酔を使うこともありますので、どちらかというと麻酔による体の負担は考えたほうが良いと思います。
ウルセラを繰り返し行う場合には必ず医師に相談の上、なるべく同じ美容外科クリニックを選ぶか、新しいクリニックの場合でも虚偽の申告は絶対NGとなりますので覚えておいてください。

ウルセラ2回目の照射に関しては6カ月程度の間隔を空けるのが最大限の効果を発揮するコツです。
たるみ・しわが戻り始める前に2回目を照射することで1回目の照射と相乗効果を発揮し、リフトアップしている状態をキープすることが可能です。

もちろん1年くらいして「たるみがまた気になってきたな」というタイミングで照射しても良いですが、その後また1年程度でもう1回(3回目)やりたいなとなってしまうかもしれません。
2回目の照射の期間をあえて短めに設定しておくことでキープ力を増すことができますよ。

1回目・2回目・3回目と全て同間隔で施術を受ける必要は全くありません。
まれに6カ月に1回必ずウルセラ照射をしているという人もいるようですが、2回目の照射を短いスパンで行った人は3回目のウルセラまでだいぶ期間を空けているように思えます。

ここ数年ウルセラを継続している私の結論は、効果を重視して絶対にウルセラのフェイスリフトをキープしたいという場合は2回目を6カ月以内にするというのがポイントとなる!ということです。

ウルセラを繰り返すことのメリット

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラを繰り返すことで期待できる効果は、リフトアップした状態をキープすることと、定期的に施術すると施術後に肌の調子が良くなることです。

約6カ月以内の2回目がおすすめというのはわかったと思いますが、必ずしも毎年同じ間隔でウルセラをやり続けなければいけないという訳ではありません。
ウルセラを繰り返すことのメリットの一つにはウルセラの効果の持続期間を延ばしてくれるというポイントもあります。

「経済面を重視するならウルセラは1年おきに回数を重ねるべき」という意見を見ることもありますが、2回目だけは短めのスパンでやっておくと3回目・4回目のウルセラは1年以上間隔を空けられるくらいのキープ力があるので、結果的にコスパが良いのも「2回目を6カ月以内に」という照射方法になります。
この点は他サイトにはない、当サイトならではのウルセラお役立ち情報だと思いますので是非参考にしてもらえたら嬉しいです。

ウルセラ以外のマシンでも同条件?

ウルセラと同じく、高密度焦点式超音波(HIFU/ハイフ)を利用したフェイスリフト施術が可能な機械はいくつか種類があります。
ウルセラと名の付く施術をよく見かけると思いますが、元祖のマシンは「ウルセラ」のみで、アメリカ製の器械です。「ウルセラ」だけがFDAというアメリカの行政機関から認可を得ている唯一であり初のリフトアップマシンとなっています。

ウルセラ おすすめの間隔や回数

よく見るウルセラ3D・ウルセラリフト・ウルセラダブロなどはHIFU(ハイフ)であることに変わりはありませんが、全て韓国製のウルセラ類似機器です。
韓国は美容大国なので一概にウルセラ類似機器が悪とは言えませんが、第三者機関に認可されているのはウルセラのみとなります。

ウルセラ以外のマシンは、だいたいが痛みを抑えていたり、照射の深さが調整できたりします。
基本的にはウルセラ以上の強さで照射しているマシンはないと思ってください。
つまり、照射の間隔については本家のウルセラよりも少し緩く考えて問題ないです。
効果の出方はマシンによりますが、1か月以上空けておけばほとんどの場合安全です。

日本国内で施術する場合は殆どが安全面を配慮した間隔で2回目以降の提案をしてくれるので医師の診断に従ってくださいね。

ウルセラをなるべく回数少なく、間隔も空けて施術するためにできること

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラを2回以上繰り返すことで更に効果的ということはわかったと思います。
しかし、ウルセラは糸リフトに比べたら経済的でも毎回そこそこのお金がかかる施術です。できれば回数もなるべく少なく、複数回行うにしてもなるべく間隔を空けてフェイスラインのたるみ改善・シワ改善・ほうれい線改善の効果をキープしたいですよね。

そこで、ウルセラを数年間継続している私が試しているウルセラの効果をなるべく持続させる方法について徹底解説します。
これからウルセラを試してみる方も、既にウルセラを施術済みで2回目以降を検討している方にもお役立ていただける情報だと思いますので是非活用してください。

たるみ・シワ・ほうれい線予防をする

ウルセラ おすすめの間隔や回数

たるみもシワもほうれい線も、できてしまってからはほぼ確実に自力で改善するのは不可能です。絶え間ない努力とそれなりの時間がかかります。
ウルセラで治ったフェイスライン・ほほのたるみや目の下のクマ、目立ちやすい小じわとほうれい線は、元に戻らないように日々予防のケアが必要です。

これらの予防ケアにはどんなものがあるのでしょうか。徹底的に解説したいと思います。

たるみの原因

たるみの原因はいくつかあり、その一つは「むくみ」です。
むくみはめぐりが悪いことで余分な水分や老廃物が溜まってしまい顔周りが大きくなる原因となります。そのまま放っておくと水分・老廃物が流れずその重さでたるみへと繋がってしまうのです。

フェイスラインだけでなく目元のクマやほうれい線もむくみ→たるみという経路をたどっていることもあります。たるみ予防のためにはむくみ予防が絶対に不可欠です。

たるみの原因もう一つは紫外線や乾燥などによる毛穴の開きです。
毛穴は紫外線ダメージを受けると広がると言いますが、丸く大きく広がるのではなく重力に負けるかのように縦に広がります。
その縦に広がった毛穴はそのまま下へ皮膚が余ってしまい、たるみに繋がるのです。日ごろの乾燥対策や紫外線ケアも大切ということになります。

たるみの原因、最後は筋肉の衰えです。むくみ・毛穴の開きと違い、年齢を重ねるとどうしても避けることはできないと思われがちですが、なんとか食い止めることはできます!

マッサージ

ウルセラ おすすめの間隔や回数

たるみの原因の一つ、「むくみ」を防ぐための対策方法です。
顔に余計な水分や老廃物が溜まってしまう前にしっかりと流すことで予防できます。
リンパに沿って優しくマッサージするのがポイントです。あまり強いと肌にダメージを与えてしまうので要注意となります。

また、ウルセラ施術当日のマッサージは控えるよう指示されています。
むくみ・たるみ予防のためのマッサージはウルセラ翌日以降に行ってください。

めぐり改善サプリ・コスメ

ウルセラ おすすめの間隔や回数

こちらもむくみ改善に役立ちます。
むくみ予防のために水分を押し流してくれるめぐり系サプリや温感効果のあるコスメなどを使用してみても良いです。
マッサージと併用することで更なる効果が見込めますよ!

保湿

ウルセラ おすすめの間隔や回数

保湿はすべての美に繋がるので言うまでもありませんが、毛穴の開きや紫外線ダメージのケアのためにも必ず必要なケアです。
自身の肌質に合った化粧品を使い、保湿成分を必要な部分までしっかりと届けられるような化粧品選びをしましょう。

エイジングケアに重きを置いている化粧品は保湿力が高い傾向にあるのでから選ぶと良いですよ。

紫外線ケア

ウルセラ おすすめの間隔や回数

保湿と同列くらい、紫外線ケアも美の基本です。
日焼止めは肌に良くない気がするなんて古い常識は捨てて、日々のメイクの前に必ずUVケアも行いましょう。
日に焼けてしまった日はクールダウンを行い、美白系のアイテムを日々のスキンケアに追加するなどの工夫が必要です。

紫外線ケア用のサプリなども販売されていますので、追加して検討してみてはいかがですか?

顔面エクササイズ

ウルセラ おすすめの間隔や回数

顔の筋肉の衰えを防ぎます。
目元・口元・フェイスラインそれぞれを鍛えるエクササイズを試してみましょう。
こんなことで・・・?と思うかも知れませんが意外と大切です。

顔のたるみさえ予防できたらウルセラの継続も不要になったり、2回で完了できてしまう可能性がありますよね!
小さな努力は続けることで大きな成果に繋がります。面倒くさがらずに日々のケアを大切にしてください。

ウルセラ以外の美容医療を試してみる

え?またお金をかけるの?と思うかもしれませんが、意外と馬鹿にできないのがマシンの組み合わせです。
ウルセラと相性の良い美容医療にはどんなものがあるのでしょうか。

サーマクール

ウルセラ おすすめの間隔や回数

実は、ウルセラとサーマクールを組み合わせて施術するのは非常に相性が良く、効果も抜群です。
ウルセラとサーマクールを同日に同時施術される方もいるくらいです。

ウルセラがキュッと上がるリフトアップなのに対して、サーマクールはギュッと引き締まる小顔施術になるのでどちらも施術しておくことでより効果を発揮するのです。

その後は1年に一度同時施術であったり、半年~1年間隔で交互に施術することも可能です。ウルセラだけを続けるよりも効果も高いですしコスパが良い可能性もあります。

なお、サーマクールの効果の持続期間についてはこちらで詳しくご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
サーマクールの効果はいつまで持つ?持続期間について徹底解説します

HIFU(ハイフ)

ウルセラもHIFU(ハイフ)の一つですが、ウルセラ以外の器械をあえてウルセラを施術してから組み合わせるという手段もあるようです。
先述していたウルセラ3D・ウルセラリフト・ウルセラダブロなどの韓国製HIFU(ハイフ)機材は本家のウルセラよりも低価格で実施できることが殆どで、出力こそウルセラには及びませんが、繰り返し施術する際にはこれくらいの施術で充分という評判も良く聞きます。

ウルセラの模倣品でしょ?と突き放さず、上手に付き合うことでコストを抑えたリフトアップができる可能性へと繋がります。

サーマクールとウルセラ類似マシンであれば、ウルセラ同様日帰りで施術できてダウンタイムもほぼないという点で、ウルセラを選んでいる理由・状況と相性も良いのではないでしょうか。
ウルセラは非常に優れたリフトアップ施術ですが、その他の美容医療と組み合わせることで相乗効果を発揮したりコスパが良くなります。
ウルセラを継続することを考えている人は他の治療法も活用してみてはいかがですか。

ウルセラ継続者の口コミ・体験談

ウルセラ おすすめの間隔や回数

60代女性

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラ歴:4年弱
治療の間隔:半年に1度
初めては海外で受けました。最初は目元だけ。一度始めたらやめられないくらい変化を感じて徐々に範囲を増やして、今は半年に1度全顔セットでやってもらっています。
今では近所で話題の美魔女です。(笑)この前年齢を言ったら一回りも下の子からすごく驚かれていい気分でした。

30代女性

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラ歴:1年程度
治療の間隔:7か月で2回
1回目のウルセラで数カ月たって感動するくらいフェイスラインがスッキリしたのに、半年くらい経ってからあの頃の感動ほどはない気がする・・・と思い始めて、調べてみたら元に戻る前兆と知ってすぐにクリニックを予約しました。
もっと早く知ってればバタバタせずに済んだのに・・・と思ったけどクリニックで聞いてみたら「個人差があるから2回目のおすすめは基本的にしてない」と言われて・・・。そんな理由なら逆に好感度高かったです。
結局7カ月で2回目なので今が一番いい状態な気がしています。もう少しキープしてくれたらいいなと思います。

50代女性

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラ歴:3年半
治療の間隔:年1回
8年前からずっとリフトアップのエステに通っていたけれど、3年ほど前から急にあごの下のたるみが追いつかなくなって・・・。
エステに行った当日はイイんだけど翌日には夢から覚めたように元通りということが何度か続いたのでいよいよ、と思ってウルセラを試してみました。
エステは辞めていないけれど、ウルセラとの相性もいいみたいで今まで3年半でウルセラは3回やっています。
エステの人もびっくりの効果みたいで私にはすごく合っているなと思っています。

50代女性

ウルセラ おすすめの間隔や回数

ウルセラ歴:2年
治療の間隔:期間中2回
ウルセラの効果がすごくいいのでずっと続けたいです。
1年ちょっとしてから、ウルセラをやった頬の部分だけでなく顎下なども気になったので2回目はフェイスライン全体と頬にやってもらいました。
そろそろ3回目を検討しているところです。

いかがですか?ウルセラの間隔についてイメージが湧いたのではないでしょうか。
ウルセラは半年くらいで2回目を行うのが良さそうですが、効果の出方や持続は人それぞれなので経過を見ながら考えましょう。

またウルセラ施術後は無理のない範囲でたるみ予防・シワ予防・ほうれい線予防をするのも大切なポイントとなります。
面倒だと思わずに是非ケアを続けてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
MIYUKI
年齢:30代半ば
仕事:フリーライター(元美容外科・皮膚科看護師兼カウンセラー)
住所:都内在住

某大手美容クリニックに10年間勤務経験のある看護師兼カウンセラー。今は長年の美容クリニック勤務経験を活かし美容ライターとしてフリーランスに転職。
プライベートでの整形・プチ整形・美容施術の経験回数は合計300回以上。海外も含めて5つの美容クリニックで最高ランクの会員に。
趣味は韓国へ美容旅行、ジムで身体づくり、料理。仕事をはじめ、プライベートで受けた整形や美容施術の経験を踏まえて「キレイになりたい」女性の役に立つ記事を書いています。

Copyright©2021 美美らぼ , 2020 All Rights Reserved.